NJの山花旅

アルプスの紅葉 戸隠 赤城 尾瀬 伊豆 内房水仙 浅草 関西の紅葉 奥日光 スペイン・ガウデイ 随想 等

ペチュニアは最も品種改良が盛んな花

2017年06月30日 16時03分17秒 | ◎花賛歌-バラ・蘭・花菖蒲・蓮等

1

これを見て名前が言える人はベテランです。

最も交配・改良が進みつつある花と言われています。特に日本の業界が盛んです。

 

 

 2

ペチュニア・つくばねあさがお  ナス科 南米原産

1767年、フランス人がウルグァイで白い花を見つけました。

1831年にブラジルで赤紫の花が見つかりました。欧州でこれらを交配して、

見られるような花に改良されたのです。

日本の気候には合いませんでしたが、日本人の器用さと熱意で、今や最も改良が盛んな花にまで発展して、

世界中で愛されています。

 

 

3

先日6月24日 池袋サンシャイン 夏花フェスタにて

 

4

 

5

 

6

何回か続けます。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿御苑のバラ | トップ | ペチュニアは改良が進み、愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

◎花賛歌-バラ・蘭・花菖蒲・蓮等」カテゴリの最新記事