安心と人が支え合うまちづくり 福祉のまちづくり山三

誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり。
山三地区福祉委員会は、地域で孤立を無くすまちづくりを目差します。

いきいきは、少しずつ参加者が増えています

2016-11-07 20:34:39 | 広報活動
今日のいきいきは、瀧森古都の「笑顔のしずく」をスタッフに、朗読して頂きました。彼女は、1974年、千葉県市川市に生まれです。両親がイタリアの古い都で芸術活動をしていた事から、「古都」と名づけられました。文字を覚え始めた頃、「アリ」「家」「木」など様々なテーマを毎日親から与えられ、そこから膨らむ詩や物語を書くことを遊びとしていました。

小学校卒業と同時に親元を離れ、北海道の中学へ進学。国内留学と称する寮生活にてアスパラの栽培などを体験。
学生時代、読売新聞社主催の絵本コンクールに入選受賞。授賞式にて、美智子皇后に作品を朗読していただきました。
その他、フィルムコンテストなども受賞しています。

中学の文化祭で自主製作映画を発表するなど、表現の世界と真剣に向き合い始めました。
2001年、阿久悠を筆頭とする作家事務所 オフィス・トゥー・ワンに、放送作家として所属しました。
「奇跡体験!アンビリバボー」を始め、様々な番組の企画・構成・脚本を手掛け、2006年、独立し、作家、コピーライターとして活動して現在は主に、「感動」をテーマとした小説や、童話を執筆しています。
メンタルケア心理士・ペット看護士・ペットセラピストの資格も保持しています。
その他にも、金子みすずの詩を大きな声を出して音読し、その後は公民館の文化祭にみんなで行って、美味しいと評判になっているぜんざいを頂きました。
いきいきサロンは、地域の方々が集い、お話をして孤立しないようにするように活動しています。最近は参加する方が多くなりました。ぜひ足を運んでください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 利己より利他を優先して! | トップ | 子供たちの目はキ~ラ!キラ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。