安心と人が支え合うまちづくり 福祉のまちづくり山三

誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり。
山三地区福祉委員会は、地域で孤立を無くすまちづくりを目差します。

ワクワクはリズムに乗って

2017-05-25 17:17:43 | 子育て
今日のワクワクのメインテーマは、リズム遊びです。
スタッフが手作りしてくれた指の先に顔がついている手袋を使って、おはなし指さんの歌にのせてはじめた手遊び。
見ているだけで楽しく笑顔になれた子どもたちは、ただ親指、人差し指、というように覚えるのは難しいので、一緒に歌いながら、この手遊びでお父さん指、お母さん指、と覚えさせてあげることで、ひとつひとつの指の名前や他の指との違いを感じることができたと思います。

「おはなしゆびさん」の歌は、♪このゆびパパふとっちょ、♪このゆびママやさしい、♪このゆびにいさんおおきい、♪このゆびねえさんおしゃれなねえさんアラアラウフフおはなしする、♪このゆびあかちゃんよちよちあかちゃんウマアブブブおはなしするといった感じで、後ろにアラアラウフフなどの擬音語が入った歌です。

この他、子どもとふれあうことの大切さを再認識できるような遊びを保育園の先生が、やってくださいました。ふれあい遊びでは、♪おすわりや~す!♪いすどっせ!♪あんまりのったらこけまっせ!♪ゆさゆさ!とリズミカルで躍動感のある声をかけながら、思い切り身体を動かし、少し動きが激しい「さるがえし」では、ママ達も見る・やってみる・楽しさの体験・夢中になるというプロセスを楽しみ、中には子どもが積極的に先生に向かっていく子もいました。

最後には、そーっと「ハンカチ遊び」をして親子で爽快感と満足感を味わえたのではないでしょうか。特に今日のワクワクは、朝からの雨模様で参加者が少なく、その分スタッフが各々とふれあう事が出来て密度が濃かったと思います。

リズム遊びでは、ラップの芯に色テープをつけた手作りのバチで子ども達に廃材を利用してリズミカルな太鼓のおもしろみを味わって楽しんでもらいました。
子ども達は両手にバチをもち♪太鼓ドンドンドン♪と音楽に合わせて楽しく遊びました。結構長い時間、太鼓を使って親子で一緒に歌って遊ぶので驚きました。太鼓はいろいろ他と組み合わせをすることで長期的に遊んでくれるおもちゃなのですね。下の写真は今月誕生日の子でした。

お終いは、いつものようにエビカニクスの曲に合わせて体操をしましたが、今日はリズム感も良くノリノリで楽しみました。
親としては、我が子には色々な能力を身につけて欲しいと、早い時期から子どものリズム感を育てようという親が増えています。リズム感は、普段の生活の中でも役に立つ能力だそうで、リズム感がある人はおしゃべりのテンポがよく、会話がスムーズなのだそうです。人との会話の飲み込みの早さなんかも、実はリズム感が関わってくるのだそうです。

幼児のうちからリズム感を鍛えるのなら、音楽を聴いて楽しむことが一番のようで、音楽に合わせて体を動かしたり、手を叩いたりという動きは良いトレーニングになります。あまり難しく考えず、体全体で音を楽しむことが、リズム感アップの秘訣だそうです。幼児期の子どもは柔軟性が高く、素直に音楽を聴いて体全体でリズムを感じるもので、地面に水が染み込むように、驚異的な吸収力でリズム感を会得するそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地区福祉委員会総会が開催さ... | トップ | 今日だけでなく日頃から献血... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。