安心と人が支え合うまちづくり 福祉のまちづくり山三

誰もが安心して暮らせる住みよいまちづくり。
山三地区福祉委員会は、地域で孤立を無くすまちづくりを目差します。

おりひめさん・ひこぼしさん仲良くしてね!

2017-06-22 15:08:38 | 子育て
6月22日のワクワク子育てサロンは七夕をテーマに一足早く七夕飾りをしました。
7月7日は、5節句の1つ七夕以外に7月7日は、ゆかたの日、川の日、乾麺デー、ギフトの日、香りの日、エンゲージメントデー、糸魚川・七夕は笹ずしの日、ポニーテールの日、竹・たけのこの日、冷やし中華の日、世界遺産の日など、色々な記念日になっているそうです。この日に生まれた有名人は、研ナオコ、堤真一、misiaさんたちです。

準備段階では、雨の日を避けて20日(火曜日)に竹を切りに行き、21日(水曜日)には笹飾りを作って準備に余念がありませんでした。
さあ!やっとその日が来ました。朝からスタッフは自分の役割をこなすので目いっぱい大忙しです。机や椅子を出してマットを敷き、いつものことながらマットをきれいにと云うこともあって、クイックスプレーでマットを拭き、きれいにする人、前日に飾りつけした笹竹に飾りつけする人、音楽DVDをセットする人、竹を固定する作業をする人等々です。少し落ち着くと、みんなで1本が約3mの笹竹2本に飾りを付けていきました。竹と竹の間には、ひもを通してはたおりが上手な働き者の娘の織姫と彦星を飾りました。
最初にいつもの「笑い声っていいな」のペープサートをみんなが持ちたがるので1セット増やしました。

今日の場内は舞台側にホリゾントを使ってブルーの色で星空をイメージし、天井のミラーボールで星をイメージして、七夕飾りはスポットライトを照らして、天の川の空を表現させました。少し部屋を暗くしても、子どもたちは平気で走り回ったり、牛乳ブロックで遊んだりしていました。

五色の短冊は笹飾りの定番ですが、五色には中国の陰陽五行説に由来しており、それぞれに意味があります。青(緑)は徳を積む・人間力を高める。赤は父母や祖先への感謝の気持ち。黄は、信頼、知人・友人を大切にする。白は義務や決まりを守る。黒(紫)は学業の向上などだそうです。短冊に願い事を書くようになったのは江戸時代からで、当時流行していた手習いの上達を願ったのが始まりと言われています。

七夕伝説では、天の神様が結婚することを許した織姫と彦星は、最初はよく働きましたが、結婚させたら怠けてしまって、働かなくなってしまいました。
そんな2人を見て天の神様は怒り、罰として2人を天の川の両岸に離ればなれにしてしまいました。娘の織姫が悲しんだので、天の神様は1年に1度7月7日だけ会うことを許しました。
七夕の日に雨が降ると、天の川の水が増えて渡れなくなります。そのときはカササギの鳥が羽をひろげて橋を作ってくれました。これが七夕伝説です。
この七夕の物語からは、なまけてしまうのは良くないので 罰を与えられてしまうことや、1年に一度だけ会えるだけでも今の生活に感謝しようという意味が込められています。

会場では、ママさんたちに子どもと一緒に「願い事」を書いてもらって、笹に飾りましたが、こんなに楽しいとは思わなかったなどの感想を頂きスタッフは感激していました。
さて、終わった後の飾り物の処理ですが、手間と時間はかけたくない、という方には、昔から、白い紙は神様を超える存在であると考えられており、包むという行為も「浄化」を意味しているそうですから、短冊を白い紙に包んで燃えるゴミとして捨てる方法が一番だそうです。

保育園の先生が、手遊びでお風呂に入ろうとにぎりパッチン、絵本でれいぞうこを読んで下さいました。真剣に見ている子どもたちは何とも可愛い~ですね。
最後に、全員で集合写真を撮りました。

今日の参加者は、全部で33名でした。スタッフは13名が参加して準備しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大好きなポテチ今年はだいじょうぶかな? 

2017-06-19 19:51:30 | お知らせ・情報
今春のポテトチップスの一部販売休止で注目された国内産のジャガイモ。今年の作付けは順調ですが、実は、人手不足などで生産量の維持に不安があるそうです。菓子メーカーは支援に懸命だが、日本への輸出増を探る米国も注視しているそうです。

 北海道十勝地方では、5月までに多くの農家が種イモの植え付けを終えました。昨年は台風で畑が浸水し、収量は例年より2~3割減でした。芽室町農協全体でも契約するカルビー向け出荷は約3万4千トンで、前年の約4万トンから減らしたそうです。
 今年は、前年の天候不順で種イモの出来が悪いことが気がかりですが、規格外の小さい種イモまで確保したそうですよ。

 ポテチ向けジャガイモは北海道産が全体の8割を占めている。涼しい気候のもと、大規模栽培できる土地柄だからで、長崎県や鹿児島県がこれに続く。収穫は九州で5月下旬に始まり、北海道は9月から本格化。めったにないとは言え、北海道が台風禍にあえば、昨年のようにポテチショックにつながりかねないでしょう。
 今年の生産は平年並みが見込まれている。業界首位のカルビーや2位の湖池屋は、春以降に季節商品などのポテチ販売を休止したが、9月にはほぼ全ての商品で再開できると言っているそうです。
 すべての品種を合わせたジャガイモ生産量は2015年が241万トンで、10年前から1割減。北海道も作付面積が10年で1割減り、2割増えたタマネギとは対照的です。

 出荷までの1ヘクタール当たりの労働時間は約116時間で、小麦の約7倍だそうです。収穫時の選別作業などで農家の負担が大きく、慢性的に人手不足にも陥っているようです。麦や豆と組み合わせた輪作農家が多いが、ジャガイモを外す動きもでていると言います。
 九州でも同じ。カルビー向けに出荷するJA曽於では、数千トンあった出荷量が今は90トンほどに。カルビーから増産を求められても対応できないと言います。
 一方、日本スナック・シリアルフーズ協会によると、ポテトチップスの出荷量は2016年が13万トンで、10年で3割増えたという。米通商代表部が3月に公表した貿易障壁に関する報告書では、日本のジャガイモを取り上げて、米国からの輸入は害虫の侵入を防ぐために厳しい制限がある上で、米国から日本への輸出拡大を視野に、「今年の出荷シーズンのなりゆきを注視していく」としています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジサイが満開

2017-06-18 11:33:06 | 旅行
土曜日の夕方5時だというのに思い立って三室戸寺へ行きました。7時からのライトアップに間に合うようにと、高速道路を使ったら約30分で到着しました。早いね!(^^)/

このお寺は西国10番のお寺で寺内のアジサイ園には50種類1万株の西洋アジサイや額アジサイ、柏葉アジサイ、幻のアジサイとされる七段花などが咲き乱れ、景観を堪能することができます。
ホントにきれいでしたのでアップしました。

5時40分くらいから長い列ができて、あまりの多さに開門が早くなりました。
前日NHKでハート形のアジサイがあるということで、懸命に探しました。

多分これもハート形と思います。
6時40分に入り約50分くらい堪能し、300台収容の満杯の駐車場を早めに出ることで渋滞もなく8時には帰着しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今から食中毒への対処を

2017-06-15 19:46:34 | 健康
福祉委員会昼食部会の担当をしていて、衛生講習会に参加しました。
講習会の第1部では、「食中毒と予防について」と題して、講師の保健所衛生課の方に以下のような内容の講演をして頂きました。

1、食中毒は一年間 季節に関係なく発生します。食中毒の分類は、①細菌性のもの、②ウイルス性のもの、③自然毒食中毒、④化学性食中毒、⑤寄生虫によるものがあります。中でもウイルス性食中毒の、ノロウイルスは12月から1月に多く発生します。
で、その感染経路は①食品を介した感染 ②接触感染 ③飛沫感染によるものです。
特に、ノロウイルス食中毒はアルコールが効きにくく、次亜塩素酸Naで食毒します。
これは、中心部が85℃~90℃で90秒加熱しないと死滅しません。

2、調理に携わる人が気をつけることは次の通りです。
①かき等の二枚貝の生食はさける。
②感染者との接触をさける。
③用便後の手洗いの徹底 
④調理器具等の洗浄消毒を充分に加熱。
⑤済みの食品は素手で扱わない。
また、手洗いはいつすれば良いかですが、調理を始める前。未調理の野菜 魚介類 食肉類や殻つき卵を扱った後、他の食品や調理器具に触れるとき。作業変更時。そのまま食べるものの調理、盛り付け前。調理器具を洗った後。ゴミの処理をした後。トイレの後。髪や顔に触れた後。
手洗いの仕方は、ハンドソープで2回洗った後、アルコール消毒です。アルコール消毒をするときは手をよく拭いてからおこなうべきです。手洗い後はペーパータオルで拭くのが良いようです。

ご承知のように、手洗いは食中毒の基本です。細菌性食中毒予防の3原則ですが、以下のとおりなのです。
1、最近をつけない⇒清潔
2、細菌を増やさない→迅速・温度管理
3、細菌をやっつける→加熱
以上学習し、昼食会の調理をするに当たり、全員に徹底管理していただくよう、伝えていかねばいけないと痛感しました。
続いて第2部は8名ずつのグループに分かれ意見交流会がありました。
主に各地区で大切にしていること?自慢できることは何かを中心に実践状況を交流しました。
地区としての取り組みは、
①参加された方が、「今日来てよかった」と思って帰っていただけるよう、皆さんに声掛けし、居心地の良い場を提供できるよう心掛けています。
②自慢できることは、少しでも質の良い食材を選び季節のものを、工夫して調理していること。
③毎年1、2品は新しいメニューを取り入れる事等々です。

その他の地区の取り組み状況ですが、
①各地区では、市販の弁当を提供しているところが多く、年間を通して半分手作り、半分市販の弁当が多かったようです。
②参加者は70歳以上の独居の方がほとんどでしたが、片山地区では中間独居の受け入れをされておられ、カレー昼食会では、ご夫婦で来られた方もあったようです。
※この時は300円の参加費徴収し、福祉委員も参加費を払っておこなわれました。
③千三地区では、食事会は各自治会に任せして4か所で夕食を提供しているそうです。
大きい自治会は40名ほど、小さい自治会では20名の方が参加され、喜ばれていると話されていました。理由としては福祉委員の高齢化に伴い、作る方が4人になってしまい調理が困難になったということです。
④各地区とも高齢化に伴い大勢の方が参加され、80~100食作られているところもありました。各地域の福祉委員会の実態をお聞きし、大変参考になりました。

食中毒とは、有害物質や有毒な微生物等に汚染された飲食物を摂取する事により、引き起こされる下痢、嘔吐や発熱などの中毒症状です。原因物質によって細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、化学物質による食中毒、自然毒による食中毒等に分類されます。
衛生管理の整った日本では細菌性食中毒の発生は徐々に減ってきていますが、まだ高い頻度で発生しています。また、海外では衛生事情が異なるため、細菌性の食中毒は特に注意が必要な感染症です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産前産後のお母さんを応援します

2017-06-12 15:54:44 | 子育て
市報の6月号の8ページに標記の内容が記載されています。
市は、晩婚に伴う晩産化や核家族化など、子育てを取り巻く多様な環境があるため、妊娠期から子育て期の切れ目ない産前産後の支援体制を整え、子育てしやすいまちを目指しています。市版ネウボラですね。同ページに、「新たに実施・リニューアルする事業」として、妊婦(両親)教室:マタニティ講演会、マタニティヘルス講座、マタニティクッキング、プレパパ・プレママ教室などをあげています。保存版にして下さい。

「ネウボラ」という言葉は、フィンランド語で「助言の場」という意味があります。
すべての家庭に対し、かかりつけの保健師が妊娠や出産、子育てに関するあらゆる相談に応じる支援拠点ということです。
特に用事があるわけではないが、ちょっとした相談をしたい時や、悩みや愚痴を聞いて欲しい時に、気軽に相談できる場という事でしょう。
政府もネウボラに注目し、人口減少対策や地方創世の総合戦略として、ネウボラを参考にした包括支援センターの設置を提言し、ワンストップの相談窓口を2015年度までに150か所、おおむね5年後の2019年までに全国展開を目指すとしていました。

朝日新聞の記事には、2014年三重県の名張市が主に高齢者の相談窓口となっていた市内15か所の「まちの保健室」の看護師や社会福祉士らを、子育ての相談にものるチャイルドパートナーに任命した。また、新興住宅の保健室を利用した方が、「妊娠中は産んだらゴールだと思っていたが、子育ての方が大変。アドバイスをもらうと、ほっとして涙が出ることもある」と語っているのを紹介していました。
民生児童委員も、市の事業である出産された方のお宅を訪問する「子ども見守り家庭訪問事業」を実施していますが、一度だけの訪問で会えても、悩みや相談したいことを本音で、お母さんから聞き出すのは難しいと、感じていますので、日頃からネウボラのようで更に親身になって相談にのってくれる場所があったら、子育てがしやすいまちになるだろうなと感じています。

市報の最後の面に「ひとりじゃないよ」のコピーと一緒に保健師さんと子育てママの写真があり、その下部分に産前産後のサポートは保健センターへと書いてありました。記事の中にはありましたが、せめてこの場所にも電話番号があったらもっと良かったのになあと思いました。

あらためて保健センター(育児相談)の電話番号は06-6339-1212です。月~金9時から17時30分までです。
※保健センター南千里分館は06-6155-2812となっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加