エイトホームBlog

南 房 総 家 づ く り 奮 闘 記

現場最前線2017.07.18

2017-07-18 10:56:42 | 現場最前線

早速、現場最前線へ。(ブログ書く時間がなくてすみません。)
一気にアップしますので見づらいかもしれませんがお許しくださいませ。


◆館山市大賀 W.K様邸 新築工事(高品位住宅HIRAYA)

建物は先月お引渡しを終え、現在は外構工事が行われております。





◆館山市加賀名 M.I様邸 新築工事(建築家と建てる家)

先月末に上棟いたしました。
現在はI.S棟梁とF棟梁が外部下地工事を進めています。
館山湾が一望できる高台に建ち、晴れていれば景色がごちそうです。





◆館山市大賀 N.T様邸 新築工事(高品位住宅HIRAYA)

現在は大工さん2名で内部造作工事を行っております。
断熱マイスターの資格を持つK.T棟梁とW棟梁により充填断熱施工が行われました。
気密テープ片手にボード張りを行っております。





◆南房総市千倉町 T.K様邸 新築工事(高品位住宅ライフボックス8×8+1)

先週、基礎業者さんとGL設定を行い、今週より本格的に基礎工事が開始されます。
地盤改良なしの判定でしたので直接基礎(エイト標準ベタ基礎)にて施工いたします。






◆南房総市千倉町 S.T様邸 新築工事(高品位住宅HIRAYA)

先週より既存住宅、蔵、牛小屋、ブロック塀の解体作業に着手いたしました。
弊社の先代が建築した母屋は築45年が経過しておりますが、構造躯体はしっかりしておりました。
45年前当時としては珍しく土壁ではありませんでした。
但し、断熱材が一切入っていないため夏暑く、冬寒い家だったのではないかと推測されます。
今の時代は断熱施工が当たり前ですが、当時は断熱を軽視していた時代ですから今考えると恐ろしい時代ですね。
新たな建物は快適に過ごしていただけると思います。






◆南房総市千倉町 円蔵院 修繕工事

円蔵院は安房の三巨刹(大きな寺)の一つに数えられる由緒ある寺で、本堂欄間は初代後藤義光の彫刻をはじめ多くの文化財を所持しています。なお、53もの末寺を持つ桁外れのお寺さんで享保8年9年(1723年)の銘があることから相当な歴史があるようです。
寺院のあちらこちらが大分痛んでおり、今回は特に痛みの激しい箇所を修理させていただきます。K棟梁とT棟梁が2人で作業しています。最大の敵は蚊です・・・。





◆館山市北条 Y.H様邸 床リフォーム工事

Y.H様邸は築40年が経過しており、私が南房総市に帰ってきてからのお付合いのある方で、これまでに車庫の新築や外壁張替え、外構工事など多くの工事をご依頼くださっている大切なお客様のお一人です。
40年前にメーターモジュールを採用しており、内装も当時としては最先端のデザインだったようです。
今回は床のリフォームと畳の交換のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

(既存床)



このタイプの床は40年前に多くの住宅で採用されており、当時は布基礎(床下が土)が主流だったため、床下の湿気対策が施しておらず、30年から40年程度で床下の湿気により床フロアーがプカプカ状態になってしまいます。
殆どの場合、大引や根太といった下地木材は問題ないので床を重ね張りすることで問題は解決します。
今回も重ね張りにて施工をさせていただく予定です。来週より工事に着手したいと思います。




◆南房総市千倉町 Y.T様邸 倉庫新築工事

20坪ある大きめの倉庫です。個人様所有の倉庫なのですが倉庫の名前がエイト倉庫という名前らしく、数名の方からエイトホームの倉庫なのかと聞かれましたが偶然です。施主様に聞いたところ、8番目の倉庫だからエイト倉庫と名付けたとのこと。(笑)
ありがとうございます。





◆南房総市千倉町 Y.H様邸 リフォーム工事

築40年弱が経過している店舗併用住宅です。当時、弊社の先代が手掛けさせていただきました。
今回、キッチン、トイレ、和室を中心にリフォームさせていただく予定です。
宜しくお願いします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぐさめてくれる長女 | トップ | 8/8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

現場最前線」カテゴリの最新記事