エイトホームBlog

南 房 総 家 づ く り 奮 闘 記

現場最前線2017.04.21

2017-04-21 08:40:01 | 現場最前線

三月から四月にかけては行事が多く、多忙な毎日を過ごしております。
PTA関係は卒業式、離任式、送別会、入学式、歓迎会。
仕事関係は寺庭区八幡神社新築落成祝賀会。
他は所属する諸団体の通常総会が幾つか・・・。
身体にも相当負担がかかっているかと思いきや、亀田総合病院での検査の結果は健康そのものでした。
まずは一安心。

さて、現場最前線へ。


◆館山市加賀名 M.I様邸 新築工事(高品位住宅 建築家とつくる家)

先週、お客様と建築家の先生立合いのもと地鎮祭を執り行いました。
太平洋が望む某別荘地の頂上に建築いたします。







◆館山市大賀 N.T様邸 新築工事 (高品位住宅 HIRAYA)

先週、地鎮祭を執り行いました。
地盤調査結果で改良判定となりましたが、地盤のセカンドオピニオンにより改良なしとなりました。
現在、基礎工事が進行中です。



<住宅業界の裏話>
地盤の解析は相当厳しい、いや過剰な判定が多いのです。白か黒かの判定が微妙な場合は殆どが改良判定となるのです。
その理由として多くの地盤調査は地盤改良工事会社が行っており、ほとんどの住宅会社(大工・工務店含む)は地盤調査会社の改良判定を鵜呑みにし、言われるがままの地盤改良工事を実施しているのが現状です。
一方、大手ハウスメーカーの場合、改良判定にしてお客様の不安を煽り、実は必要のない地盤改良工事をしていることもあります。また大手ハウスメーカーの地盤改良工事は相場の2倍近い金額で請負っているので、ハウスメーカーの改良工事はドル箱とも呼ばれています。(例:柱状改良  エイトホーム見積:60万円 大手ハウスメーカー見積:150万円)

さて、話は戻りますが地盤改良工事にかかる費用は高く、家づくりの資金計画を大きく変化させる要因になります。
私どもエイトホームは地盤調査会社の解析で改良判定になった場合、他の地盤解析会社で再解析を行っております。
結果、N様邸のように改良なしの判定となることも多々あります。私たちエイトホームはお客様に無駄な工事はご提案しておりませんので、ご安心ください。





◆館山市大賀 W.K様邸 新築工事 (高品位住宅 HIRAYA)

 

現在は外壁工事が終わり、内部造作工事が進行中です。





◆館山市那古 S.N&S様邸 新築工事 (高品位住宅 マイスタイル)

仕上工事が進行中です。
5月27日・28日に完成見学会を予定しております。





◆南房総市和田町 I.T様邸 介護用手摺取付工事

 

先月お引渡しをさせていただいたお宅です。
高齢のおばあちゃんのために介護保険を利用し、手摺の取付け工事を行いました。
ダイニングまで一人で歩いて来れなかったおばあちゃんが手摺を取付けたら歩いてこれるようになった!とお施主様のお母さんが笑顔で報告してくれました。
おばあちゃん、これかれも大勢の曾孫たちに囲まれながら末永く元気にお過ごしください。




◆南房総市和田町 S.M様邸 メンテナンス&ウッドデッキ工事



エイトホームで11年前にご新築されたS様邸の外壁シール(コーキング)打替え工事とウッドデッキ工事をしています。
西と東側のコーキングの劣化があったため、今回、高耐候コーキングで打替えを行いました。
現在は足場も外れ、昨日からウッドデッキの工事を開始しました。 






◆南房総市千倉町 K.Y様邸 クロス貼替え&エアコン交換工事

弊社先代社長の頃に新築されたお客様宅です。築20年が経過しており、タバコのヤニで黄ばんでしまったクロスを貼替えたいとのことで、2Fの階段ホールや廊下、洋室のクロスを貼替えました。
また、20年前に設置したエアコンが故障したので最新型のエアコンに交換をいたしました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気持ち新たに新年度 | トップ | 母&娘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL