酸素ボンベがまだ来ない

上手い思考の吐き出し方を探しています。目指せ週1更新。しかし最近ゲームメインになってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【感想】かねをかせぐ

2013-06-29 03:27:42 | ゲーム・感想単品
現実がつまったときはむしろゲームをやっちゃいけないんだ、目を覚ますんだ。
それはさておき8bitです。

世の中には見ているだけで面白いゲームではなくて、
見ているだけがなんか面白いゲームがあると思います。

VIPRPGより「かねをかせぐ」はそんなゲーム。

グラフィックがきれいだったりすればそれを見ているからでしょって
感じなのですが、(もちろんきれいなグラフィック見てるのは楽しいですけど)
そうでなくてサクサク進むテンポとか。

世界をすくなわなくてもいいのです。戦略を練らなくてもいいのです。
装備の調整はおれツエーのためにあり、てきとうにぽちぽちしたら、
あとは、サクサク勝手に進むのを半分笑いながら気楽に指差しているという楽しみ方があるのです。(私には)

レミュ金のお店を眺めているのが楽しい感じに少し近いのかも、だけどもっと気楽です。

いわゆるRPGの楽しさとはまた別物なんだけど。
テレビでお笑い芸人見ているような感じでしょうか。私テレビそんなに見ませんけど←
(まあ、本格的RPGといってこれを出されたら怒ると思います。勝手な話)

ストーリーはいきなりおなじみアレックス君がぽーんと島みたいなとこに投げ出されて、
店みたいなのはあるけど金はないし、行くとこもないのでとりあえず階段を下りたらダンジョンだった。
という感じで始まり、非常にてきとうな感じで続きます。
というか、アレックス君は何をしたのか(笑)

そのあとは、ダンジョンの中のモンスターやなにか意識しすぎなボス達を倒しながら、
お金をかせいでは武器を買い、途中から家を増築し……とその名に恥じず金を稼ぎまくることになります。

だけど、そのダンジョン攻略中のテンポや数字がゆれている演出が非常に気持ちいい。
特に数字のゆれ。がしがしダンジョンの中を進んでいる感じがして楽しくて癖になる。
揺れてるだけなんですけど(笑)

グラフィックが美麗なわけではなく、インタフェースの部分に関する調整がすごく丁寧に感じて、
やっていて妙に面白いゲームでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【感想】冠を持つ神の手/Gu-L/はじめての宿屋さん

2013-06-23 02:12:25 | ゲーム・感想単品
お久しぶりです。以前の日にちを確認するのが怖いのでもう二度としません。
M1ってヒマなんじゃないんデスカー?
英語が出来ない自分が悪いのだけれど……。


【冠を持つ神の手】
なんという、作業ゲー(褒め言葉)。
私のGWはこいつに盗まれました。
個人的な感触が某恋愛シミュレーションゲームに近いです。

最初は攻略wikiを見るのは邪道な気がして、のほほんと五週くらいやったけど、ヴァイルくらいしかエンディングに届かず。自分は攻略情報を見て計画を立てて進めていかないと太刀打ちできなかった。(太刀打ちて。

ヴァイルやサニャはともかく、ユリリエとか他のキャラクターをかませないといけない場合も多くてイベントのタイミング調整がけっこうシビアです……。
計画立てておけばたしょうずれても大丈夫な感じですが。

途中からイベントそのものより、計略がうまくいってイベントを発生させた達成感を楽しむようになっておりw
萌えイベントを見るための計画が燃えるこの感じ(え

まだまだ見れていないエンドのほうが多いのですが、とりあえず
ヴァイル愛情エンドA/タナッセ愛情.友情B/ローニカ愛情B/サニャ愛情
ティントア殺害/ルージョン愛情/ユリリエ愛情
は見ました。

ユリリエ大好き。サニャは憎悪も簡単に見れそうな気がしたのだけどいじめるのがつらくて断念。
タナッセ愛情は3回くらい失敗してしまい、見れたときはPC前でガッツポーズしてしまったよ……。
愛情から分岐したときのリリアノの台詞が公式サイトさまのおまけにある奴なんですが、ここで出てくるかとこういう結末を選んだのは自分ながら胸が苦しくなりました。

【Gu-L】
5年ぶりくらいに起動。前プレイしたときの記憶は、
「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ」
「私たちは大丈夫、私たちは死なない、私たちは大丈夫」
のような台詞と隆と安住の顔を覚えているくらいだったので新鮮にプレイしました。

よい、よい。一つ一つ楽しいです。
このゲームの感想でよく言われるように誤字とかありますけど、
イベントの組み立て方が丁寧で、探していくのが楽しいです。

安住の周り、というか研究者たちの人間模様のイベントは本当に追いかけていてぞくぞくしました。
Flameのくだりで鳥肌がたったというのだけは覚えてたのだけど、
その周りの研究者のやりとりが研究者に近い立場になった(なれる気はしないが)今としては勝手に感慨深かったです。
子どもがいる研究者が一生を保障するなんて言われたら、今の予算削減の感じだと乗っちゃいたいかも……。
実現するかどうか分からないんだし、企画書だけは書いて出してしまいそうだ。


終盤の隆戦は本当によいホラーでした。ぽたぽたやめてよ!

ノーマルエンドで残留思念関連がある、といわれる部分だけ少し唐突な感じはしたけれど。

主に戦闘時に入る台詞の発音が良い悪いとかは、戦闘をさけまくっているのもあって、あまり気にならなかったです。
思い出補正もあるだろうけど、思い出以上に楽しくてよかったー。

【はじめての宿屋さん】
ニコニコ自作ゲームフェスより。
ホラー以外で目立ったゲームはないかということでプレイしたのですが、ほのぼのとした雰囲気がかわいらしい割にしっかりした経営ゲームでした。

というか、あ、はい。
しっかりしすぎて高ランク攻略法が「従業員に毎週疲労回復ドリンクを配布することにより休暇を与えず、能力が上がりすぎた従業員は給与を増やさないために怪しい薬剤で伸びた能力を削る」というとんだブラック企業ですが……。

経営部分はいつどの施設を増設するか、宿泊料金を上げるか上げまいかなど悩ましいことてんこもりですが、実収入があがったときはその分素直にうれしいです。
戦闘も低レベルクリアのためにボス画面で装備を入れ替えたり、TPスキルの利用タイミングを考えたりするのが思っていたより楽しい。

けれど、要の経営部分がちょっとテンポが悪いです。働いているところ、キャラクターの一枚絵の挿入でもいいから何か変化があれば楽しかったのですが、プレイヤー単に山眺めてるだけですからね……。
週末の交流イベントもやりこみ不足のせいか、手間の割にそこまでうれしくなく、終盤は怪しい薬剤で能力を下げてまわるという悲しみしか残らない感じです……。
あと、ライバルキャラクターとの戦闘イベントがあるのですがあまり興味が持てなかったので、エンディングでそんなのあったね、という感じになってしまいました。
彼らと絡んでいたらシナリオがもうちょっと味があるものになっていたのかもしれないです。

経営がよく分からない割に日数制限がそれなりに厳しくてそれがちょっとうれしくない感じです。
もうちょいシナリオイベントに面白みがあったりするか、テンポが良くて周回がやりやすければやる気が出たかも……。
EDは知らないキャラクターのほうが多かったのでむしろ寂しさが(え

ごほうびにあたるイベントがもう少し派手だとうれしかったですね……。

以上、8bitでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【感想】パレット

2012-12-29 23:53:54 | ゲーム・感想単品
ブログじゃなくて卒論書けよという状況ですが、すきが出来たので久しぶりに書きましょう。
最近やったゲームは実験用PCに入ったフリーセルばっかなのですが……。
充放電の条件を揃えるためにクリスマスは低温計測装置の前で明かしました、8bitです。

パレットはまた古いゲームになりますが、やったのは先月です。
ツクール95製のゲームなので、エミュを通して動かしてました。ときどき効果音がうまく消えなくなってリセットすることになったり少々ストレスがありますが、それを補う以上にやっぱり名作です。

パレットは深夜に訪れた物騒な客の要求に応じて、B・Dという少女に対し、精神科医のシアンがカウンセリングを行って、彼女の記憶を呼び戻そうとする。
という筋のサスペンスアドベンチャーです。

カウンセリングで記憶を取り戻していく様子は、彼女の精神世界に当たると思われる部屋を尋ね歩くようにして表現されています。
部屋にある、透明なアイテムを調べるとその部屋のイベントがスタートし、部屋に他の人物やそのままでは表示されていなかった物品が現れ、これらを調べていくことで、記憶の手がかりを探します。

特に記憶の手がかりとなる重要なアイテムは記憶の断片として各所に落ちています。
これを拾うと透明だったアイテムが見えるようになり、また、部屋と部屋の間のところどころに存在する障害物を壊すことが出来る回数が増え、行ける場所が広がっていき、これが徐々に記憶を思い出している様子と上手くシンクロしています。

とか、この辺はとっくの昔に言い尽くされておりますので検索してみてくださいませ。

綺麗だけれど救いようがないゲームなんだろうなー、と思って私もプレイしていたのです。
途中で、彼女を取り巻く人物達がなんとかして作ろうとした幸せの形と、それのはかなさを感じながら。

だけど、ラスト周辺でその思いが綺麗に裏切られ、
(以下、伏せ字)
辛いあまりに、記憶喪失に陥り、昔見ていたドラマの主人公に助けを求めるようにして「治療を受け」ていた「気の毒な」少女が、
最終的に一人で記憶を取り戻し、全てを思い出した上で、「母」とこれからはじまる逃亡劇に立ち向かっていこうとするシーンがとてもとても爽快でした。

また、その少し前、それまでの前提だったカウンセリングをしている精神科医シアンの存在が実在でない、と判別するところの演出が見事なこと。
彼の最期の台詞まで含めて、実際は救いがないのかも知れないのだけれど、とても明るいものを感じさせる終わりでした。
彼女はもう、彼の力を借りなくても一人で思い出すことが出来る。
そして、現実に戻ってきっと力強く、ときに楽しみながら生きていくんだろうな、という私にはそんな終わりに見えました。



思い出してまた興奮してます。

それではみなさま、よいお年を……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【感想】ホラー系色々。

2012-11-18 09:38:22 | その他感想
装置の冷却待ってたら昼夜逆転してしまうこと半月、いまやいい天気だとなんか溶けそうです。
8bitです。

季節的に少し前に大流行していたIbを日付的に少し前にプレイして以来、ホラーゲームのハードルが下がったので巡り廻る。の片手間に、3ROOMs、悪魔少女ども、料理もやってみました。

【Ib】最初の方は新しい部屋に進むたびに、もう止めてーと15分くらい中座していましたが、二週めは大分慣れることができたらしく、大きい人形に心臓が止まった以外はむしろ楽しんでました。しかしホラーが苦手すぎて感動する余裕はあまりなく、最後のスケッチブックではもうここからはサイコ系だ!と安心するばかりでした。
メアリー関連もひたすら、涙する前に、これ、フラグだろ?とヒヤヒヤしどおしで……。
けれどアイテム画面の様子を見て、雰囲気をとても丁寧に作られているなぁ、と怖さになれた二週めに感じました。
とても丁寧できれいという前評判どおり素晴らしい。けれど、前評判がない方が楽しかったかもしれません。ネタバレはイブとギャリーが美術館を歩く話という以外見てないはずなんですが……。

【3ROOMs】主人公は目を覚ますと見知らぬ部屋にいた。恋人と拉致監禁されたらしい。何とかして脱出を目指すのだが……。というホラー。マルチエンディングで私は4が好き。クリアに何度か夢を見る必要があり(私がした場合がそうだっただけで、本当はないかも)、話の中で夢を見るのですが、ある場合の夢で恋人がかなり具体的なヒントをくれるのですね。メタネタとかでなく。それがもう一度話を進めたときにしばらくして絡んできて。それまでは主人公の意思か願望かによってか、出てこなかった選択肢なんだろうなぁ、ということが他のエンディングから分かったとき、この辺がプレイしていてかなりぐぐっと来ました。

【悪魔少女ども】上の3ROOMsと同じ制作者さまの作品。エロゲーは最高であり、どんな現実にも優先するのです。笑 3ROOMsの後では怖くはなかったですが、展開の理不尽さは少し上。ホラーというよりドッキリで、ノリもなぜか明るく、むしろシモいです。もしやこの辺の理解できなさは私がエロゲーをやったことがないこととは関係ない……?

【料理】短編ホラー。小さいウィンドウで展開される話をクリックして読み進める。選択の余地はないデジタルノベル。病ンデレという言葉を忠実に煮詰めました、グロメに。という印象。上二篇と比べて、どっきりするというより、モノクロでリアル目に描かれた挿し絵もあってか雰囲気にじわじわ押し潰される感じがいたします。悲鳴を上げるというより、後ろに誰かいないか確かめたくなる不気味さ。

今年は冬休みあるんですかね……。自分はドジ過ぎて実験が遅れて……とかありそうで、少し不安です。
まぁ、この辺で今日もお休みなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【プレイ記】巡り廻る。

2012-11-10 00:09:06 | ゲーム・プレイ記
そろそろ冬なんだけど、今年のクリスマスは研究室で翌日の進捗報告に備えることが決まっていて全く寂しくな(
8bitです。

白い絆をやるためにツクールを買うのが現実的な値段になってきました……。

■巡り廻る。は、Elonaと並んで有名な人生ドレイン系RPGらしいです。いやまあ、ドレインされてないですが。先月半ばあたりから初めてプレイ時間60時間越えてないくらいなので、ちゃんと大学には行けてます。プレイ時間だけ見るとゲームは一日二時間っぽくてやばい。さすがにElonaやっていたとき(20日前に時計を見て気がついたらクリスマス終了のお知らせ)ほど、自分の状況がそれを許さないというか、火曜日の進捗報告資料作成のために家にこもるはずが30時間くらい経ってたくらいであります。

■Elonaより、属性が存在しない分だけきちんとクリアしようとしたときの絶望感は少なかろうと思ったのですが、あんまりそんなことはなかったです。
 キャラメイクをミスって王様からもらえる強力な武器のどれもが装備できずに武具作製が成長するまで主人公が控えに回ることになった時点で結構凹んでます。武器の作製など結構パターン化されているのですが、理想的パターンと自分のリュックの中身の都合をいかに折り合いをつけていくか(きちんと集めろという話ですね、はい)というゲームになりつつある……。
 仲間が頑張って戦ってくれるのを見守るプレイも有りとは思うのですが、現在の主人公剣がメインの若者男子でどっからどう見ても司令官タイプではないんですよ。装備できる重量が大きいので、火力がもう少しあれば耐久力ゆえ活躍すると思うのですがー。

■現在の、と書いたのですが、初回ちょっとプレイに失敗してやり直してます。

 最初にキャラ作ったときは、全く武器・防具などの作製をめんどくさいと言ってやらなかったところ、あまり探索(ダンジョンに行くとアイテム作成用の素材が手に入る)が面白くなく、さらに店売りの武器の値段がどんどんインフレしていくのに対し、輸送で稼げるお金はあまり増えないので装備を強化するために大陸何周すればいいんだーとなってそれ以上進める気にもなれず。

 で、二人目のときは、料理と釣り以外のスキルをコツコツと上げながら、最初40時間くらいはずーっと交易品と荷物を運んでグルグル大陸をまわっていたのです。ダンジョン行けよって話なのですが、今度はwikiを見て、浅はかに敵のエレメントレベルを上がるからよくないときめこんで逃げてばっかり。

 いい加減飽きたので、討伐依頼に手を出すと、これが案外楽しいのですが、なぜか全く味方の好感度が上がらない。特殊な相性でもあるのか? と思って調べると、スタミナ0,荷物量オーバーがいけないらしいことに気づき、また、馬車にいる仲間は戦っている仲間と同じように経験値をもらえることにもようやく気づき……。

 という感じに行き当たりばっかりにプレイしていました。

■攻略wikiを見ても把握しきれるか、というな……。空腹になっても能力と好感度が低下するだけで死なない点など、Elonaほど死なないと思いますが、反面個別会話などの小さいイベントがちょくちょくありそれを全部見ようとしたりすると大変かも。生活スキルは目的や対応が分かりやすくてよい感じ。

 金を稼ぐのと趣味のための戦闘とは関係ない演奏スキル、それを鍛えるために、最初から人間を相手にしたら下手くそすぎて殺されるので、まずは動物だらけのコンサートをする必要があり、そのために牧場を買う資金を貯めるところから始めるとよい、みたいな展開を楽しめなくて残念だとか思っていません。

 作製系のスキルをはじめの方から気を配っておくだけで、あとは今までのプレイスタイルに飽きたら手を出してみる、という案配で楽しんでいます。武器作製が把握しきれなくなってきたので、モンスターを飼い始めました。ダンジョンの最奥地に落ちている卵を拾って、地の国の城下町の牧場で孵化させた後、連れ回していたら、味方と同様にレベルアップしていきます。ポケ○ンじゃないけど、進化するみたいですね……。
 最近火の国でレベルを上げすぎて、鉄鉱系不足からくる薄装甲に悩む我がパーティーの救世主となってくれないだろうかと思って連れ歩いています。亀だし。

 あと最低でも二周するのがストーリー的な終わりらしくてちょいと続きをどうしますかねーという感じです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加