写撃手320のウエポンベイ

軍用全般のあれこれ

4.13 さきたま古墳公園

2017-04-18 21:56:00 | 日記
帰路の途中、行田市の桜の名所「さきたま古墳公園」に立ち寄りました。

青鷺が撮れました。



五世紀後半から7世紀初めころまでに造られた9基の大型古墳が群集しています。
丸墓山古墳は直径105mで日本一大きい円墳、出土した埴輪から6世紀前半に造られたものと
考えられています。
1590年に豊臣秀吉の命を受けた石田光成が忍城を水責めした際に、この丸墓古墳の頂上に
築陣したそうで、忍城が望めます。



この二子山古墳は主軸長138m武蔵国で最も大きな前方後円墳

稲荷山古墳は主軸長120m、この古墳群では最も古い5世紀後半に造られたものと考え
れています。
発掘では鉄剣、まが玉、鏡などの副葬品が出土し、これらは国宝に指定されています。

将軍山古墳は、主軸長90m、6世紀後半に造られたものと考えられています。
横穴式石室には千葉県富津市付近で産出される「房州石」が使われています。

幸手市から移築された江戸時代末期に建てられた民家



すぐとなりには、スバルのさきたまガーデンがあります。
「日本航空館」には、スバルの前身である中島飛行機の模型が展示され、屋外には
T1B(35-5870)の最終号機
尾翼の部隊マークは小牧の第5術科学校

FA-200/180 エアロスバル(JA3645)





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4.12 上田城 | トップ | 1969年 米三軍記念日の横須... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。