写撃手320のウエポンベイ

軍用全般のあれこれ

太平洋航空博物館 その5

2016-12-13 22:03:02 | 日記
ミグ21 北ベトナム空軍の塗装を施していますが、個人の所有機と
どこかで見た記憶があります。


F-100D スーパーセイバー

F-5 フリーダムファイター は韓国空軍塗装


セスナO-2A スカイマスター
ベトナム戦争で観測・COIN機として使用されています。

B-52 ストラトフォートレス は残念ながら機首のみ

F-14A トムキャットは部隊もVF-31 トムキャッターズ


C-47 ダコタ
後ろにB-17が胴体着陸した状態で置かれています。
そう、因みに太平洋航空博物館だけで入場料は$25です。
ミズーリや潜水艦博物館、アリゾナメモリアルはそれぞれ別料金
お得なセット価格も設定されています。
イギリスのダックスやコスフォード、RAFミュジアムに比べると格段に
コンパクト、やや期待外れと云っても過言じゃありませんね。
訪れる人が少ないので屋外では引きで撮れるのは嬉しいのですが…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太平洋航空博物館 その4 | トップ | 太平洋航空博物館 最終章 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。