写撃手320のウエポンベイ

軍用全般のあれこれ

太平洋航空博物館 その1

2016-12-07 19:32:05 | 日記
プライド・オブ・アメリカを朝に下船し、その日はワイキキのホテルに
泊まるのでチェックインが出来る3時までのその間、ホテルに荷物を置いて
アリゾナメモリアルに隣接した太平洋航空博物館に行って来ました。
すでにお金を使い果たし、タクシーで片道$50、ザ・バスで$2.50
とあっては、バスを利用です。
タクシーでは30分ほどだそうですが、バスはなんと1時間半近くの時間を
要しました。
チェックインイン出来る3時までに戻るために、見学は60分とおっかない
家内に言い渡されたので駆け足での見学と相成りました。
まず最初に目に入ったのは、これ。
朝明けの中空母赤城?を発進する零戦二一型をジオラマ仕立て

次はB25ミッチェル、どうやらドーリットルを模していますが
B型に改修したものだそうです。狭いし暗いしどうリ撮るなんちゃって!

F4F3ワイルドキャット

SBDドーントレス

F4FとSBDは真珠湾攻撃時、海軍のエヴァ基地に配備
B17Eは胴体着陸したような状態で展示。
九七艦攻はこれからレストアするのでしょうか、航空魚雷と共に展示され
ていました。

もうひとつのハンガー79には
P40Eウォーホーク、フライングタイガースの塗装を施していますが
実際はにB型です。真珠湾攻撃時に配備されていたのはB型
そうAIRFIXから先ごろ新発売された1/48は真珠湾攻撃時
のパッケージイラストです。

F86Fとミグ15、朝鮮戦争当時をイメージ

そのそばには、ダッジM37 3/4 トラック

C47ダコタ輸送機

OH-58D カイオア・ウォリア観測ヘリ

先日米国商よりエッシーの1/48キットをいただきました。感謝・感謝!
実物は初めて見ましたが、見ると作りたくなります。
後で気付いたのですが、ヘッドホンで日本語の説明を聞きながら見学する
ことが出来たのだそうです。
でもどうせたいした説明じゃありませんね。
多分、いや間違いなくオイラの知識の方が上回っているはずです。
もっとうんちくを語ればもっと書けるですが、うんちくならぬインチキ
なんてこともあり得ますので… お後、屋外編に乞うご機体(期待)あれ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハワイ写撃ー1 | トップ | 太平洋航空博物館 その2 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい! (kenji)
2016-12-10 09:45:26
すばらしい

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。