gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-16 13:33:50 | 日記
済と農業[編集]

世界各国の農業生産高概略(2005年)。中華人民共和国を100とした時の各国の農業生産高。緑色の丸は100%(中華人民共和国)、黄色の丸は10%(3個ある場合は30%を示す。以下同じ)、赤色の丸は1%
経済発展、人口密度、文化など世界の農家はそれぞれ全く異なる条件下で働いている。
アメリカの綿花農家は作付面積1エーカー当たり230ドルの補助金を受け取っているが(2003年時点)、一方でマリ共和国などの開発途上国の農家にはそのような補助金は出ていない[81]。価格が下落してもアメリカの綿花農家は補助金があるので生産量を減らす必要がないが、マリの綿花農家は価格下落の影響をもろに被って破産することもある。
韓国の畜産農家は政府に保護されており、子牛1頭あたり1300USドルの販売価格を見込むことができる。南米のメルコスール加盟国の農場経営者の場合、子牛の販売価格は120から200USドルである(どちらも2008年の値)[82]。前者は土地の不足と高コストを公的な補助金で補っており、後者は土地の広さと低コストによって補助金がないことを補っている。
中華人民共和国では、農家の平均的耕作地は1ヘクタールと言われている[83]。ブラジルやパラグアイなど海外の人間が土地を自由に購入できる国では、1ヘクタールあたり数百USドルで数千ヘクタールの農地や未開発の土地が国際的に販売されている[84][85]。
農業生産額[編集]

1970〜2008年にかけての農業生産額。緑の革命により塗り変わった。
2011年の世界各国の農業生産高を以下に示す。
2011年の農業生産額
順位 国 生産額(10億米ドル) GDP割合 (%) 世界シェア(%)
— 世界全体 4,249.237 6.1% 100.0%
1 中華人民共和国の旗 中国 737.113 10.1% 17.3%
— 欧州連合の旗 欧州連合 316.398 1.8% 7.4%
2 インドの旗 インド 303.382 18.1% 7.1%
3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ 181.128 1.2% 4.3%
4 ブラジルの旗 ブラジル 144.589 5.8% 3.4%
5 インドネシアの旗 インドネシア 126.006 14.9% 3.0%
6 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 93.179 39.0% 2.2%
7 日本の旗 日本 82.173 1.4% 1.9%
8 ロシアの旗 ロシア 77.717 4.2% 1.9%
9 トルコの旗 トルコ 71.584 9.2% 1.7%
10 オーストラリアの旗 オーストラリア 59.529 4.0% 1.4%
11 イランの旗 イラン 54.034 11.2% 1.3%
12 スペインの旗 スペイン 49.286 3.3% 1.2%
13 フランスの旗 フランス 47.198 1.7% 1.1%
14 タイ王国の旗 タイ 45.971 13.3% 1.1%
15 メキシコの旗 メキシコ 45.037 3.9% 1.1%
16 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 44.764 10.0% 1.1%
17 パキスタンの旗 パキスタン 44.008 20.9% 1.0%
18 イタリアの旗 イタリア 41.776 1.9% 1.0%
19 エジプトの旗 エジプト 33.944 14.4% 0.8%
20 マレーシアの旗 マレーシア 33.442 12.0% 0.8%
- その他の国々 1,933.377 45.5%
エネルギーと農業[編集]
1940年代以降、主にエネルギーを多用する機械化、肥料、農薬によって農業の生産性は急激に向上した。それらのエネルギー源のほとんどが化石燃料によるものである[86]。1950年から1984年にかけての緑の革命で世界中の農業が大きく変化し、世界人口が倍増する間に穀物生産量は250%も増加した[87]。現代の農業は石油化学製品と機械化に大きく依存しており、石油不足がコストを増大させて農業生産量を減少させ、食料危機を起こすのではないかという懸念が生じるようになった。
先進国3カ国で農業および食料システムが
消費するエネルギーの割合(%)
国 年 農業
(直接&間接) 食料
システム
イギリス[88] 2005年 1.9 11
アメリカ合衆国[89] 1996年 2.1 10
アメリカ合衆国[90] 2002年 2.0 14
スウェーデン[91] 2000年 2.5 13
現代の機械化された農業は2つの意味で化石燃料に依存している。1つは農場で燃料として直接使用しており、もう1つは農場で使用するものを製造する過程で間接的に使用している。直接消費としては、農業機械の燃料や潤滑油としての使用だけでなく、乾燥機、ポンプ、ヒーター、冷房などにガスや電力を使っている。2002年の時点でアメリカ合衆国の農家が直接消費したエネルギーは約1.2エクサジュールで、アメリカの全エネルギー消費の1%強程度である[92]。
間接消費は主に肥料と農薬の製造に使われた石油と天然ガスであり、2002年には0.6エクサジュールだった[92]。農業機械の製造に使われたエネルギーも間接消費の一種だが、アメリカ合衆国農務省の統計にはそれは含まれていない。合計すると、アメリカでの農業が直接・間接に消費するエネルギーは全体の約2%を占めている。アメリカでの農業の直接・間接のエネルギー消費量は1979年をピークとして、その後30年間は徐々に減少傾向にある[92]。
食料システムと言った場合、農業生産だけでなく、その後の加工、梱包、輸送、販売、消費、廃棄といった食料にまつわる全てが含まれる。アメリカでは食料システム全体のエネルギー消費に対して農業が占める割合は5分の1以下である[89][90]。
石油不足が生じた場合、食料供給に影響が生じる。現代的有機農法を採用している農家は、化学肥料や農薬を使わなくとも高い生産量を維持できると報告している。しかし、石油に基づいた技術で可能になった単作栽培で失われた土壌の栄養素の復元には時間がかかる[93][94][95][96]。
2007年、バイオ燃料用作物の栽培が農家をひきつけ[97]、他の要因(輸送コスト上昇、異常気象、中国やインドでの食料需要増、世界的な人口増加など)[98]も加わってアジア、中欧、アフリカ、メキシコなどで食料供給が逼迫し、世界全体で食品価格が高騰した[99][100]。2007年12月の時点で37カ国で食料危機が発生し、20カ国で何らかの食料価格の統制が行われている。この2007年-2008年の世界食料価格危機で暴動も起きている[17][18][19]。
農業に関連して最も化石燃料を消費しているのは、ハーバー・ボッシュ法で化学肥料を作る際に原料の水素を得るのに天然ガスを使っていることである[101]。天然ガスが使われているのは、水素の原料として今のところ最も安価だからである[102][103]。石油が減少してくれば、天然ガスがその代替として一時的に使われるようになり、需要と供給の関係で天然ガスはさらに高価になる。他の水素の原料が見つからなければハーバー・ボッシュ法による化学肥料の製造は高くつくようになり、化学肥料の入手が困難になることが予想される。そうすると、食品価格が急激に高騰し、世界的な食料危機になる可能性もある。
石油不足の影響の緩和[編集]
石油不足対策として有機農業への転換が考えられる。有機農業では、石油化学製品である殺虫剤、除草剤、化学肥料を使わない。現代的有機農法で生産量が減少しないことを実証した農家もある[93][94][95][96]。しかし有機農業は手間がかかるため、労働力の都市から地方へのシフトを必要とする[104]。
農村で廃棄物からバイオ炭や合成燃料を作って燃料として使うという方法も提案されている。合成燃料の場合、その場で作って使用することが可能であるためより効率的であり、新たな有機農業には十分な燃料を供給できる可能性がある[105][106]。
肥料が少なくても生産量が減らない遺伝子組み換え作物の開発も進められている[107]。しかし遺伝子組み換え作物については生態学者や経済学者から疑問が呈されており[108][109]、2008年1月には遺伝子組み換え作物が「環境面でも社会面でも経済面でも失敗だ」とする報告がなされた[110]。
モンサントの失敗例のように遺伝子組み換え作物による持続可能性の研究がある一方で、従来からの品種改良による作物の持続可能性の改良が行われている[111]。さらにアフリカの自給自足農家についてのバイオテクノロジー業界による調査によると、農家の抱える問題への対策のほとんどは遺伝子組み換えとは無関係のものだったとしている[112]。それにも関わらず、アフリカのいくつかの政府は遺伝子組み換え技術への投資が持続可能性を高めるのに必須だとしている[113]。
農業政策[編集]
詳細は「農業政策」を参照
農業政策は農業生産の目標や手法を扱う。政策レベルでの主な農業の目標として次のものがある。
生態系の保全
経済的安定
持続可能性
食の品質: 食糧供給がある一定の品質を保つようにする。
食の安全: 食糧供給において汚染などがないようにする。
食料安全保障: 人口にみあった食料供給を確保する。[114][115]
貧困削減
農民の階層区分[編集]
詳細は「農家」を参照
脚注・出典[編集]

^ 農産加工とは、より具体的に言うと、小麦から小麦粉の製造すること(製粉)、玄米の搗精(とうせい)、米の精米などの穀類の加工、製麺、製糖、デンプンやデンプン糖の製造、油を絞ること(製油)、(油脂の加工)、果実から果汁を絞ること、「茶葉」の「茶」への加工(製茶)、大豆の加工(豆腐製造など)、野菜や果実の缶詰の製造、等々を指し得る。
^ バイオ燃料にはバイオマスから作られるメタン、エタノール、バイオディーゼル燃料などがある。
出典
^ a b 広辞苑 第六版「農業」
^ ブリタニカ百科事典「農業」
^ Brickates Kennedy, Val (2007年10月16日). “Plastics that are green in more ways than one”. The Wall Street Journal (New York)
^ “Growing Plants for Pharmaceutical Production vs. for Food and Feed Crops”. bio.org. Washington DC: Biotechnology Industry Organization. 2009年10月2日閲覧。
^ Kuhr, Daniela (23. August 2012). “Mensch vor Maschine”. Süddeutsche Zeitung
^ Cherki, Marc (21. Fevrier 2014). “Des plantes de plus en plus prisées pour du bioplastique”. Le Figaro
^ Schümann, Helmut (14. Oktober 2014). “Kühe, die in Windeln machen”. Der Tagesspiegel
^ “For sustainable architecture, think bug”. NewScientist. 2010年2月26日閲覧。
^ B. Hölldobler & E.O. Wilson (1990). The Ants. Cambridge MA: Belknap. ISBN 978-0-674-48525-9.
^ “Human Health Issues | Pesticides | US EPA”. Epa.gov (2006年6月28日). 2009年11月26日閲覧。
^ “EU Scientists Confirm Health Risks of Growth Hormones in Meat”. Organicconsumers.org. 2009年11月26日閲覧。
^ Barrionuevo, Alexei; Bradsher, Keith (2005年12月8日). “Sometimes a Bumper Crop Is Too Much of a Good Thing”. The New York Times
^ Schneider, Keith (1989年9月8日). “Science Academy Recommends Resumption of Natural Farming”. The New York Times
^ European Commission (2003), CAP Reform.
^ “At Tyson and Kraft, Grain Costs Limit Profit”. The New York Times. Bloomberg. (2007年9月6日)
^ McMullen, Alia (2008年1月7日). “Forget oil, the new global crisis is food”. Financial Post (Toronto)
^ a b Watts, Jonathan (December 4, 2007). "Riots and hunger feared as demand for grain sends food costs soaring", The Guardian (London).
^ a b Mortished, Carl (March 7, 2008)."Already we have riots, hoarding, panic: the sign of things to come?", The Times (London).
^ a b Borger, Julian (February 26, 2008). "Feed the world? We are fighting a losing battle, UN admits", The Guardian (London).
^ McKie, Robin; Rice, Xan (April 22, 2007). "Millions face famine as crop disease rages", The Observer' (London).
^ Mackenzie, Debora (April 3, 2007). “Billions at risk from wheat super-blight”. New Scientist (London) (2598): 6–7. オリジナルの2007-5-9時点によるアーカイブ。 2007年4月19日閲覧。.
^ Leonard, K.J. Black stem rust biology and threat to wheat growers, USDA ARS
^ Sample, Ian (August 31, 2007). "Global food crisis looms as climate change and population growth strip fertile land", The Guardian (London).
^ "Africa may be able to feed only 25% of its population by 2025", mongabay.com, December 14, 2006.
^ “Farming Had an Earlier Start, a Study Says”. ニューヨーク・タイムズ. (2015年7月27日) 2015年7月27日閲覧。
^ “First evidence of farming in Mideast 23,000 years ago”. サイエンスデイリー. (2015年7月22日) 2015年7月22日閲覧。
^ U.N. Food and Agriculture Organization. Rome. "Analysis of farming systems". Retrieved December 7, 2008.
^ a b Acquaah, G. 2002. Agricultural Production Systems. pp. 283-317 in "Principles of Crop Production, Theories, Techniques and Technology". Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ a b c d e f g h Chrispeels, M.J.; Sadava, D.E. 1994. "Farming Systems: Development, Productivity, and Sustainability". pp. 25-57 in Plants, Genes, and Agriculture. Jones and Bartlett, Boston, MA.
^ Gold, M.V. 1999. USDA National Agriculture Library. Beltsville, MD. "Sustainable Agriculture: Definitions and Terms". Retrieved December 7, 2008.
^ Earles, R.; Williams, P. 2005. ATTRA National Sustainable Agriculture Information Service. Fayetville, AR. "Sustainable Agriculture:An Introduction". Retrieved December 7, 2008.
^ a b “Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAOSTAT)”. 2007年10月11日閲覧。
^ Sere, C.; Steinfeld, H.; Groeneweld, J. 1995. "Description of Systems in World Livestock Systems - Current status issues and trends". U.N. Food and Agriculture Organization. Rome. Retrieved December 7, 2008.
^ FAO Database, 2003
^ Brady, N.C. and R.R. Weil. 2002. Elements of the Nature and Properties of Soils. Pearson Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Acquaah, G. 2002. "Land Preparation and Farm Energy" pp.318-338 in Principles of Crop Production, Theories, Techniques and Technology. Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Mayer, Joachim (7. Februar 2015). Gemüse biologisch anbauen: Selbst gezogen, frisch geerntet. Gräfe und Unzer Verlag GmbH. ISBN 978-3-83383-803-3.
^ Pousset, Joseph; Bureau, Jean-Marc (19 novembre 2014). Assolements et rotations des cultures. France Agricole. ISBN 978-2-85557-343-4.
^ Acquaah, G. 2002. "Pesticide Use in U.S. Crop Production" pp.240-282 in Principles of Crop Production, Theories, Techniques and Technology. Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Acquaah, G. 2002. "Soil and Land" pp.165-210 in Principles of Crop Production, Theories, Techniques and Technology. Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Chrispeels, M.J.; Sadava, D.E. 1994. "Nutrition from the Soil" pp.187-218 in Plants, Genes, and Agriculture. Jones and Bartlett, Boston, MA.
^ Brady, N.C.; Weil, R.R. 2002. "Practical Nutrient Management" pp.472-515 in Elements of the Nature and Properties of Soils. Pearson Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Acquaah, G. 2002. "Plants and Soil Water" pp.211-239 in Principles of Crop Production, Theories, Techniques and Technology. Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Pimentel, D.; Berger, D.; Filberto, D.; Newton, M.; et al. 2004. "Water Resources: Agricultural and Environmental Issues". Bioscience 54:909-918.
^ Sexton,R.J. (2000). “Industrialization and Consolidation in the US Food Sector: Implications for Competition and Welfare”. American Journal of Agricultural Economics 82 (5): 1087–1104. doi:10.1111/0002-9092.00106.
^ History of Plant Breeding. Retrieved December 8, 2008.
^ Stadler, L. J.; Sprague, G.F. (October 15, 1936). “Genetic Effects of Ultra-Violet Radiation in Maize. I. Unfiltered Radiation” (PDF). Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (US Department of Agriculture and Missouri Agricultural Experiment Station) 22 (10): 572–578. doi:10.1073/pnas.22.10.572. PMC 1076819. PMID 16588111 2007年10月11日閲覧。.
^ Berg, Paul; Singer, Maxine (August 15, 2003). George Beadle: An Uncommon Farmer. The Emergence of Genetics in the 20th century. Cold Springs Harbor Laboratory Press. ISBN 978-0-87969-688-7.
^ Ruttan, Vernon W. (December 1999). “Biotechnology and Agriculture: A Skeptical Perspective” (–Scholar search). AgBioForum 2 (1): 54–60 2007年10月11日閲覧。.
^ Cassman, K. (December 5, 1998). “Ecological intensification of cereal production systems: The Challenge of increasing crop yield potential and precision agriculture”. Proceedings of a National Academy of Sciences Colloquium, Irvine, California (University of Nebraska).
^ a b Adoption of Genetically Engineered Crops in the US: Extent of Adoption. Retrieved December 8, 2008.
^ a b Farmers Guide to GMOs. Retrieved December 8, 2008.
^ Report Raises Alarm over 'Super-weeds'. Retrieved December 9, 2008.
^ Ozturk, et al., "Glyphosate inhibition of ferric reductase activity in iron deficient sunflower roots", New Phtologist, 177:899-906, 2008.
^ Kimbrell, A. Faltal Harvest: The Tragedy of Industrial Agriculture, Island Press, Washington, 2002.
^ Conway, G. (2000). Genetically modified crops: risks and promise. 4(1): 2. Conservation Ecology.
^ . R. Pillarisetti and Kylie Radel (June 2004). Economic and Environmental Issues in International Trade and Production of Genetically Modified Foods and Crops and the WTO. 19. Journal of Economic Integration. pp. 332–352.
^ UN biodiversity meet fails to address key outstanding issues, Third World Network. Retrieved December 9, 2008.
^ Who Owns Nature?. Retrieved December 9, 2008.
^ a b Shiva, Vandana. Biopiracy, South End Press, Cambridge, MA, 1997.
^ Nabhan, Gary Paul. Enduring Seeds, The University of Arizona Press, Tucson, 1989.
^ Shiva, Vanadana. Stolen Harvest: The Hijacking of the Global Food Supply South End Press, Cambrdge, MA, 2000, pp. 90-93.
^ Shiva, Vandana. Earth Democracy: Justice, Sustainability, and Peace, South End Press, Cambridge, MA, 2005.
^ Jowit, Juliette (2010年9月22日). “Corporate Lobbying Is Blocking Food Reforms, Senior UN Official Warns: Farming Summit Told of Delaying Tactics by Large Agribusiness and Food Producers on Decisions that Would Improve Human Health and the Environment”. The Guardian (London) 2010年12月23日閲覧。, The Guardian (UK), 2010 Sept. 22
^ Pretty et al., J (2000). “An assessment of the total external costs of UK agriculture”. Agricultural Systems 65 (2): 113–136. doi:10.1016/S0308-521X(00)00031-7.
^ Tegtmeier, E.M.; Duffy, M. (2005). “External Costs of Agricultural Production in the United States”. The Earthscan Reader in Sustainable Agriculture.
^ “Livestock a major threat to environment”. UN Food and Agriculture Organization (2006年11月29日). 2008年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月7日閲覧。
^ Steinfeld, H.; Gerber, P.; Wassenaar, T.; Castel, V.; Rosales, M.; de Haan, C. 2006. U.N. Food and Agriculture Organization. Rome. "Livestock's Long Shadow - Environmental issues and options."
^ Vitousek, P.M.; Mooney, H.A.; Lubchenco, J.; Melillo, J.M. 1997. "Human Domination of Earth's Ecosystems". Science 277:494-499.
^ Bai, Z.G., D.L. Dent, L. Olsson, and M.E. Schaepman. 2008. Global assessment of land degradation and improvement 1:identification by remote sensing. Report 2008/01, FAO/ISRIC - Rome/Wageningen. Retrieved on December 5, 2008 from "Land degradation on the rise"
^ Carpenter, S.R., N.F. Caraco, D.L. Correll, R.W. Howarth, A.N. Sharpley, and V.H. Smith. 1998. "Nonpoint Pollution of Surface Waters with Phosphorus and Nitrogen". Ecological Applications 8:559-568.
^ Pimentel, D. T.W. Culliney, and T. Bashore. 1996. "Public health risks associated with pesticides and natural toxins in foods in Radcliffe's IPM World Textbook". Retrieved December 7, 2008.
^ WHO. 1992. Our planet, our health: Report of the WHU commission on health and environment. Geneva: World Health Organization.
^ a b Chrispeels, M.J. and D.E. Sadava. 1994. "Strategies for Pest Control" pp.355-383 in Plants, Genes, and Agriculture. Jones and Bartlett, Boston, MA.
^ Avery, D.T. 2000. Saving the Planet with Pesticides and Plastic: The Environmental Triumph of High-Yield Farming. Hudson Institute, Indianapolis, IN.
^ Center for Global Food Issues. Churchville, VA. "Center for Global Food Issues.". Retrieved December 7, 2008.
^ Lappe, F.M., J. Collins, and P. Rosset. 1998. "Myth 4: Food vs. Our Environment" pp. 42-57 in World Hunger, Twelve Myths, Grove Press, New York.
^ Fraser, E.: “Crop yield and climate change”, Retrieved on September 14, 2009.
^ a b Brady, N.C. and R.R. Weil. 2002. "Soil Organic Matter" pp.353-385 in Elements of the Nature and Properties of Soils. Pearson Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Brady, N.C. and R.R. Weil. 2002. "Nitrogen and Sulfur Economy of Soils" pp.386-421 in Elements of the Nature and Properties of Soils. Pearson Prentice Hall, Upper Saddle River, NJ.
^ Baxter, Joan (2003年5月19日). “Cotton subsidies squeeze Mali”. BBC News Online (London) 2010年1月1日閲覧。
^ “socio en su producción” (Spanish). megaagro.com.uy. 2009年2月18日閲覧。
^ “China: Feeding a Huge Population”. Kansas-Asia (ONG). 2003年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月18日閲覧。 “average farming household in China now cultivates about one hectare”
^ “Paraguay farmland real estate”. Peer Voss. 2009年2月18日閲覧。
^ “Brazil frontier farmland”. AgBrazil. 2009年2月18日閲覧。
^ "World oil supplies are set to run out faster than expected, warn scientists". The Independent. June 14, 2007.
^ The limits of a Green Revolution?
^ Rebecca White (2007). "Carbon governance from a systems perspective: an investigation of food production and consumption in the UK," Oxford University Center for the Environment
^ a b Martin Heller and Gregory Keoleian (2000). "Life Cycle-Based Sustainability Indicators for Assessment of the U.S. Food System," University of Michigan Center for Sustainable Food Systems.
^ a b Patrick Canning, Ainsley Charles, Sonya Huang, Karen R. Polenske, and Arnold Waters (2010). "Energy Use in the U.S. Food System," USDA Economic Research Service Report No. ERR-94.
^ Christine Wallgren & Mattias Hojer (2009). "Eating energy—Identifying possibilities for reduced energy use in the future." Energy Policy 37: 5803–5813. doi:10.1016/j.enpol.2009.08.046
^ a b c Randy Schnepf (2004). "Energy use in Agriculture: Background and Issues," CRS Report for Congress.
^ a b Realities of organic farming
^ a b Comparison of Organic and Conventional Corn, Soybean, Alfalfa, Oats, and Rye Crops at the Neely-Kinyon LTAR
^ a b Organic Farming can Feed The World!
^ a b Organic Farms Use Less Energy And Water
^ Smith, Kate; Edwards, Rob (March 8, 2008)."2008: The year of global food crisis", The Herald (Glasgow).
^ "The global grain bubble", The Christian Science Monitor (Boston), January 18, 2008.
^ "The cost of food: Facts and figures", BBC News Online (London), October 16, 2008.
^ Walt, Vivienne (February 27, 2008)."The World's Growing Food-Price Crisis", Time (New York).
^ “Raw Material Reserves”. International Fertilizer Industry Association. 2008年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月11日閲覧。
^ Integrated Crop Management-Iowa State University January 29, 2001 [1]
^ "The Hydrogen Economy", Physics Today, December 2004.
^ Strochlic, R.; Sierra, L. (2007). Conventional, Mixed, and "Deregistered" Organic Farmers: Entry Barriers and Reasons for Exiting Organic Production in California. California Institute for Rural Studies.
^ Peter Read (2007年). “Carbon cycle management with increased photo-synthesis and long-term sinks”. Royal Society of New Zealand. 2005年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月11日閲覧。
^ Greene, Nathanael (December 2004). How biofuels can help end America's energy dependence.
^ Srinivas et al. (June 2008). Reviewing The Methodologies For Sustainable Living. 7. The Electronic Journal of Environmental, Agricultural and Food Chemistry. pp. 2993–3014.
^ Conway, G. (2000). Genetically modified crops: risks and promise. 4(1): 2. Conservation Ecology.
^ Pillarisetti, R.; Radel, Kylie (June 2004). Economic and Environmental Issues in International Trade and Production of Genetically Modified Foods and Crops and the WTO. 19. Journal of Economic Integration. pp. 332–352.
^ Lopez Villar, Juan; Freese, Bill (2008年1月). “Who Benefits from GM Crops? (PDF)”. Friends of the Earth International. 2010年12月22日閲覧。
^ “Monsanto failure”. New Scientist (London) 181 (2433). (2004年2月7日) 2008年4月18日閲覧。
^ Kuyek, Devlin (2002年8月). “Genetically Modified Crops in Africa: Implications for Small Farmers (PDF)”. Genetic Resources Action International (GRAIN). 2010年12月22日閲覧。
^ Cooke, Jeremy (2008年5月30日). “Genetically Modified Crops in Africa: Implications for Small Farmers”. BBC News Online (London) 2008年6月6日閲覧。
^ Record rise in wheat price prompts UN official to warn that surge in food prices may trigger social unrest in developing countries
^ Trumbull, Mark (July 24, 2007). "Rising food prices curb aid to global poor", The Christian Science Monitor (Boston).
参考文献[編集]

ブラジル、ミナスジェライス州のコーヒー農園
Alvarez, Robert A. (2007). "The March of Empire: Mangos, Avocados, and the Politics of Transfer". Gastronomica, Vol. 7, No. 3, 28-33. Retrieved on November 12, 2008.
Bolens, L. (1997). "Agriculture" in Selin, Helaine (ed.), Encyclopedia of the history of Science, technology, and Medicine in Non Western Cultures. Kluwer Academic Publishers, Dordrecht/Boston/London, pp. 20–22.
Collinson, M. (ed.) A History of Farming Systems Research. CABI Publishing, 2000. ISBN 978-0-85199-405-5
Crosby, Alfred W.: The Columbian Exchange: Biological and Cultural Consequences of 1492. Praeger Publishers, 2003 (30th Anniversary Edition). ISBN 978-0-275-98073-3
Davis, Donald R.; Riordan, Hugh D. (2004). "Changes in USDA Food Composition Data for 43 Garden Crops, 1950 to 1999". Journal of the American College of Nutrition, Vol. 23, No. 6, 669-682.
Friedland, William H.; Barton, Amy (1975). "Destalking the Wily Tomato: A Case Study of Social Consequences in California Agricultural Research". Univ. California at Sta. Cruz, Research Monograph 15.
Gay, Jutta; Menkhoff, Inga (2013). Das große Buch der Landwirtschaft. Fackelträger Verlag. ISBN 978-3-771-64541-0
Mazoyer, Marcel; Roudart, Laurence (2006). A history of world agriculture : from the Neolithic Age to the current crisis. Monthly Review Press, New York. ISBN 978-1-58367-121-4
Saltini A. Storia delle scienze agrarie, 4 vols, Bologna 1984-89, ISBN 978-88-206-2412-5, ISBN 978-88-206-2413-2, ISBN 978-88-206-2414-9, ISBN 978-88-206-2414-9
Watson, A.M. (1974). "The Arab agricultural revolution and its diffusion", in The Journal of Economic History, 34.
Watson, A.M. (1983). Agricultural Innovation in the Early Islamic World, Cambridge University Press.
Wells, Spencer (2003). The Journey of Man: A Genetic Odyssey. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-11532-0
Wickens, G.M. (1976). "What the West borrowed from the Middle East", in Savory, R.M. (ed.) Introduction to Islamic Civilization. Cambridge University Press.
関連項目[編集]
日本の農業、朝鮮の農業
農地、農場、集団農場
水産業、林業
畜産業、酪農、牧場
転作
農学、農学部、農業経済学、農業工学
農薬、肥料
有機農業、有機農家、生物農薬
農業政策、ドーハ開発ラウンド
適正農業規範、緑の革命、不耕起栽培
農林水産省
農業協同組合(農協、JA)
農業法人、農業生産法人
農業公園
家庭菜園
自給自足
食料自給率
遺伝子組み換え作物
小正月
農家レストラン
梅沢昌太郎『ミクロ農業マーケティング』
家畜一覧
外部リンク[編集]
ウィキペディアの姉妹プロジェクトで
「農業」に関する情報が検索できます。
ウィクショナリーの辞書項目
ウィキブックスの教科書や解説書
ウィキクォートの引用句集
ウィキソースの原文
コモンズでメディア
ウィキニュースのニュース
ウィキバーシティの学習支援
統計情報 農林水産省
JAグループ統一広報ホームページ
The National Agricultural Law Center
Agriculture from UCB Libraries GovPubs
Ernährung und Landwirtschaft - Ausschuss für Ernährung und Landwirtschaft des Deutschen Bundestages
Agriculture and Rural development 世界銀行
Gender in agriculture and rural development (FAO) 国際連合食糧農業機関
Index to the Manuscript Collections Special Collections, National Agricultural Library
The American Society of Agronomy (ASA)
International Federation of Agricultural Producers (IFAP)
NIOSH Agriculture Page - safety laws, tips, and guidelines
UKAgriculture.com - Advance the education of the public in all aspects of agriculture, the countryside and the rural economy
Agricultural Products - portal about agro products and agriculture industry.
[隠す]
表 話 編 歴
主要産業
第一次産業 第二次産業 重工業 軽工業 第三次産業 卸売 小売
アクティビズム産業(英語版) アニメ産業 医療 製薬業 ヘルスケア産業(英語版) 運輸業 映画産業(英語版) エネルギー産業(英語版) 再生可能エネルギーの商業化(英語版) エレクトロニクス産業(英語版) 半導体産業 オーディオビジュアル産業(英語版) 音楽産業 オンラインサービス(英語版) 化学工業 カード産業(英語版) 観光 ギャンブル カジノ パチンコ オンラインギャンブル(英語版) 教育 教育、学習支援業 金融サービス 銀行業 証券業 保険業 毛皮取引 言語産業(英語版) 建設業 鉱業 航空宇宙産業 コンテンツ産業 コンピュータ産業(英語版) サービス業 狩猟 情報産業 商業 コンビニエンスストア ネイバルストア産業(英語版) 食品産業(英語版) 外食産業 ミートパッキング(英語版) ブッシュフード産業の歴史(英語版) 水産業 漁業 養殖業 栽培漁業 製塩業 水利産業(英語版) スポーツ産業(英語版) 製紙業 製糸業 製造業 家電 機械工業 自転車産業(英語版) 自動車産業 精密機械 軍需産業 鉄鋼業 窯業 セキュリティ産業(英語版) 醸造業 アルコール産業(英語版) ショービジネス(英語版) 石油産業(英語版) オイルシェール産業(英語版) セックス産業 創造産業 ソフトウェア産業(英語版) タバコ産業(英語版) ディスプレイ業 電力産業(英語版) トイレタリー 土木 農業 畜産 牧畜業 酪農 養蚕 バイオテクノロジー ビデオゲーム産業(英語版) 服飾産業(英語版) アパレル産業 現代のファッション産業 貧困ビジネス 物流 不動産 住宅産業 プラスチック産業(英語版) プロフェッショナルサービス(英語版) 文化産業 ホスピタリティ産業 モータースポーツ産業(英語版) ラジオ産業(英語版) 林業 レジャー産業
カテゴリ: 農業産業
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ウィキニュース
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
Башҡортса
Буряад
English
Euskara
हिन्दी
한국어
Türkçe
Татарча/tatarça
中文
他 154
リンクを編集
最終更新 2017年3月31日 (金) 13:22 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。