88beeHive's blog

ステンドグラス作り人の出店と散歩の記録

道行き 5

2014-10-31 18:15:13 | 旅路
   

  正直に言いますと岐阜を立つ前からここに寄るつもりはありませんでした。
  町を歩き始めてからも気持ちの片隅に引っかかってはいましたが、夕暮れ
  が迫り始め広島城の入館時間が気になりだしたのもあり意識から外すように
  していました。

   

  小学校の低学年から図書館でマンガ、写真集を目にする機会が多くさらには
  校内で写真展、映画などを見せられることも度々ありました。もちろん素直に
  様々なことを感じていましたが、そのうちそれを見る自身の感覚やそれらを
  見せる、或いは見せようとする意図に敏感になってしまいました。

   

  感じさせられる、考えさせられることが嫌になってしまいました。
  そんなことを考えながら路上地図を見るとまっすぐ進めば広島城、左に進めば
  廃墟でした。気付いて避けては怠惰になると思い寄っていくことにしました。

   

  構えていたこともありよく目にした姿を間直に見ても私は揺らぎませんでした。

  ここに来る途中の結婚記念なのか写真撮影を終えスタッフを引き連れ満足げな
  顔で威風堂々と歩く深紅のドレスの女性と撮影を終えほっとしたのか少々疲れの
  見える足取りの男性の姿。川沿いのベンチに座る少年。自転車で駆けつけた少女。
  降りるなり「最近早いね」とはにかみながら声を掛ける。少年の返事はくぐもって
  いてよく聞こえなかったし表情は通り過ぎたためわからない。人間に興味をみせる
  けれど寄れば逃げていく広場に集まる猫たち。

   

  日常が一瞬で滅せられた悲惨がこの街にはあり、危険が今、世界にある。

  そんなことを想わされるのでなく、考えさせられるのではなく、
  内から染み出すように私は想い、考え、感じたいのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

道行き 4

2014-10-30 18:15:25 | 旅路
   

  広島の夜、広島駅近くのお好み焼き屋さんが多く入っているレストラン街で夕食です。
  少し歩いてみると「カキフライ定食」「焼ガキのポン酢掛け」のポスターを発見。まぁ
  先ずはお好み焼きを2枚のところを1枚にしてその後両方食べればいいやと入店しました。
  もちろんこれまでに「広島風」を食べたことはありますしどういうものかはわかってい
  ます。しかし、本場のものは初めてです。席から焼いているのを見ることができたので
  すが、どう見ても「やきそば」・・・。固形物でありません。いやいや実物を見て食べ
  て見なければわかりません。私が食べたものは卵の上にキャベツとモヤシたっぷりの
  やきそば、その上に薄いクレープのような生地がふわりと乗っかっていました。油断を
  すると生地がそのまま付いてくるのでそばだけが残ります…。そこにソースを掛けて
  キャベツともやしと一緒に食べます。・・・美味しいけれど…「やきそば」やんっ!!!
  2.3枚は食べてしまうかもと思っていましたが信じられないことに1枚で満腹に。
  カキフライ定食と焼ガキ・・・は翌日にすることにし我が胃袋のふがいなさを責めたり
  いやいや疲れているんだと言い訳しながら冷たく醒めた外灯の灯りに触れないように
  よろよろと帰途に就きました。

  世の中言わなくてもよいことがあることはこの歳まで生きてくればわかってきます。
  が、しかし言わずにはいられませんでした。お隣の地元の出店者に。
  「広島風お好み焼きって、本当のところ・やきそば・ですよねぇ」と。
  お隣さんは微塵の揺らぎも見せず、少し冷たい眼差しで答えました。
  「お好み焼きです」と。

  昨夜の失態を取り戻すべく朝は出店準備の傍ら板チョコを1枚、昼はバナナを1本で済ま
  せます。空腹を憶えた昼過ぎに気懸かりなことをお隣さんに尋ねてみました。ガイドブ
  ックには11月からとあったので今出ているカキはどういうものなのかと。するともう出始
  めているかもしれないけど、その場合は生で食べてフライや焼くのはもったいなくてでき
  ないとのこと。だから、冷凍なのではと教えてくれました。
  さ、さて今日のディナーはな、何にしようかな・・・。

   

  という訳で急遽夕食は尾道ラーメンとなりました。瀬戸内の小魚から取ったというスープに
  穏やかな旨味を感じてふつう1.2杯で麺を食べるのですが何度も何度も飲んでしまいました。
  麺は注文時に細麺か平麺を選ぶのですが空腹だったので幅広な麺をワシワシッと食べたいと
  思い平麺にしました。食べてみるとなんと細麺を半分に薄くしたような麺でした。しこしこと
  腰がある麺でしたが途中で「硬めのカップヌードルの麺」に似ていると思ってしまったのが
  運の尽きでした。あーなんてこと。せっかく美味しいラーメンだったのに余計なことを考えて
  しまった為途中から麺をすするたびに「似てる」としか思えなくなってしまいました。
  昨夜に続く大失態に光を嫌うモグラのように薄暗い裏通りをトボトボと帰途に就いたのでした。

  広島風やきそば・・じゃなくお好み焼きは、そばとうどんを選べるようになっていてもしやと
  思いうどんの方を食べてみましたが・・・「焼きうどん」やん!!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

出店の報告

2014-10-29 18:34:18 | イベント
   

  25日から3日間開催されました吉田公園クラフトフェアに出店しました。

   

  2日間は風も強く吹かず暑い位の晴天が続きました。

   

  1年ぶりに再会できた、お馴染みの、初めてお会いする作家さんとたくさん
  お話ができとても楽しく過ごせました。

   

  最終日は朝から強風が吹きテントを取り外しましたが曇り空を眺めては雨が
  降らないことを願うばかりでした。

  帰りの海岸沿いの道も風が強くハンドルを取られるほどでした。安城の手前の
  道の駅で夜を過ごしたのですが風で車がゆらゆらと揺れるほどの風でした。

   

  翌日の名古屋は晴天でしたが風が引き続き強く少し寒い1日となりました。

   

  たくさんのお客様で賑わいました。私といえば最後の1時間ぐらいで一瞬体力が
  尽き掛けましたが無事帰宅することができました。

  4日間お買い上げ頂きましたお客様ありがとうございました。

   

  吉田公園搬入前に夜明け前の静波海岸に行きました。ヘッドライトに照らし出される
  波も聞こえてくる波音も内陸部で育った私には怖く感じられます。薄明るくなって来
  てから外に出て海岸を歩き足元が見える位になったら折り返して探し物です。
  しかし、この日は収獲が3個だけ。今年は不猟が続きます。

   

  2日目の成果です。5時半に起きて6時から歩き始め1時間みっちり探しました。
  シーグラスは決して派手ではないのですが他のものとはちょっと違った色・光
  をしているのですぐわかります。よい大人が鼻を垂らし下を見ながらふらふら
  歩き時々波を避けて飛び上がっているのは決して美しい姿ではないでしょう。
  でも、楽しいのです。自分がきれいだと思えるものを見つけられるということ
  は。これは写真を撮ることとも同じかもしれません。

   

  3日目は寝坊したので止めようと思いましたが前日に収獲したものをチェックした
  時にまだ若い、修行が足りないと判断したものを元の場所に帰すしたほうがよい
  と思い出かけました。そして「も少し修行して来い!」と声を掛けて波間に投げて
  きました(角は取れているので危険はありません)。そして、30分だけ歩きまし
  た。とても楽しい3日間の早朝散歩でした。
  
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

出店の紹介

2014-10-24 19:02:41 | イベント
   

  明日より3日間(25.26.27日) 静岡県榛原郡吉田町にて開催されます
  吉田公園クラフトフェアに出店します。
  続いて28日は名古屋市東別院にて開催されます東別院手づくり朝市に
  出店します。

  出店中早朝に静波海岸を散策するのが楽しみの一つになっています。
  天気も良さそうなのであとは伝説の強風が吹かないと良いのですが。

  東別院は多分そのまま直行すると思いますのでいつもより増しで
  よれよれな姿をお楽しみ頂けると思います。今回は遅刻しないよう
  涙を呑んで早朝潮見坂の海岸散策を諦めます。

  ぜひお近くの場所へ遊びにおいで下さい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

道行き 3

2014-10-24 18:23:29 | 旅路
   

  1:30。岐阜を出て584km。ついに広島市内の会場に到着しました。

   
  
  2時間ほどで搬入展示を終えて近くに車を停めて歩き始めます。

   

  本通りだったと思いますが一番の繁華街のようです。

   

  距離が大分あったのと一箇所寄り道したため少し遅くなりお目当ての広島城に
  入館できるか心配になりました。

   

  路面電車に乗っとけば良かったと少し後悔します。

   

  無事入館できました。

   

  広島城は原爆によって破壊され、現在は復元されたものです。

   

  天守から望める街並みも同じです。

   

   

  広島市内は太田川が幾筋にも分かれて水量豊かに流れています。

   

  私は内に水量のある川が流れる街がとても好きです。

   

  路面電車の多さも印象的です。

   

   

  出店中、夜の街を歩き回りました。

   

   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加