88beeHive's blog

ステンドグラス作り人の出店と散歩の記録

糸魚川雑記

2017-09-26 18:38:10 | 日常雑記
   

  気勢をあげて浜辺に出るや早やたくさんの人々が溢れんばかりに
  蠢いています。「こ、このハイエナどもめっ! 我がヒスイは渡さぬぞ!」
  と私も必死で足元をねめつけます。ふと周りを見渡すといつの間にか
  人は消え岸から遠く離れた干潟のような場所に立っています。嫌な
  予感に足元を見ると水がどんどん増えてきます。恐怖に慄きながらも
  岸に向けて走り出しますが水はくるぶし、ふくらはぎ、ひざまで一気に
  上がってきました。「あああ、もうだめじゃ。さようなら。」というところで
  目が覚めました。時は早朝5時過ぎ。場所は能生の道の駅に停めた
  車中の寝袋の中。

   

  とんだ悪夢にもめげず、顔を洗い歯を磨き寝袋をたたむと辺りが明るく
  なってきました。いざ出陣 ! 能生は糸魚川から富山方面へ20kmほど
  にあります。ヒスイの本場親不知は糸魚川から新潟市寄りに10数km
  なのですが夜の親不知(道の駅もある)に泊まりたくなかったのと石ば
  かりで本命の貝やウニの殻が全く無いのを知っていたので砂浜を期待
  して能生を選びました。

   

  はい。能生の海岸も石ばかりで貝もウニの殻もありませんでした。
  あとはもう、一攫千金!ヒスイ獲得のみ !
  初日我がブースにやって来られたヒスイレディから頂いた教えを頼りに
  誰も居ない私の宝場を歩きます。
  1.白っぽい石。
  2.乾いている所ではなく水に濡れた所。
  3.ヒスイは他の石より比重が重いので下の方にある。

   

  波打ち際を見て回りましたが小石が溜まって足場が悪く波を避けきれず
  何度も靴を濡らし、引き波に転がり小石同士がぶつかって立てる軽やか
  な音を聞いているうちに前の晩にホームセンターで鍬でも買って耕しつ
  つ探してはどうかなどと考えた浅ましい自分が消えていきます。

   

  そんな無欲、無邪気の成果です。
  濡れている時はもっと透明感のある白色で模様も緑掛かっていたのに・・・。
  会場に戻るときに渡った姫川の水面が心なしか翡翠色に見えたのが印象的
  でした。

   

  イベント出店初期からの知り合いでしたが会場の端と端、2箇所に分かれて
  いる時は別会場になるなど決して近くで出店することがなかったもりもりと
  何でも(生栗でさえ)食べ、逃げ(搬出の速さはクラフト界で5本指に入る)るのが
  早い通称「森の逃げクマ」さんと斜め背中合わせになりました。
  もう嬉しくて次回クマさんが出展者名簿とブース位置を確認するのが怖くなる位
  話しかけてやりましたわい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出店の報告 | トップ | 出店の紹介 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです(^-^)/ (piyo)
2017-10-06 00:31:24
お久しぶりです(^-^)/しばらく、バタバタしておりましたf(^_^)

糸魚川…翡翠…無理です。プロの方が、アサリをとる道具で、2時間程探してみえましたが、もう取り尽くしてないようです。

なんで知ってるのか?って、piyoは、その辺りに別の石、姫川薬石というのを取りに行ったからです。違う石拾ってるのに、そのプロの方に、睨まれました。
違う!我々は、姫川薬石だっていうに!と、知らんぷりしましたが…

しかし、あの辺りの海辺は、砂浜ではなく石浜ですね。上流に、大きな石の渓谷があるそうで、そこから砕かれながら、海辺に着くそうです。
また、石ころ取りに行きたいです(^-^)/
Unknown (88)
2017-10-06 07:02:25
お久しぶりです !
アサリを取る道具!なるほどよいですね。
まぁ、プロになったら遊び心はないからなぁ。
岐阜の作家さんが会場近くの博物館の受付で鑑定して
もらって翡翠の鑑定書をもらってました。
なんでも前日に腰まで浸かって採ったらしいですよ。
探すのが楽しいのです。

コメントを投稿

日常雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。