セラピストお七の花歌モノローグ✨そのぬくもりに用がある

漫画絵本
日々のラッキーアイテム探し、自分トリセツ作りのお手伝い
おいしい無添加料理、心体ダイエット・デトックス徒然

日本とインド "立ち位置" "考え方" の違い「迷惑かける側とかけられる側」

2017年07月23日 | 癒し 浄化 自分お助けアイテム

「迷惑」について親が子供に教育するときの違い

  日本とインド編

 

日本の親

「人に迷惑かけちゃダメですよ」

 

インドの親

「お前は

   人に迷惑かけて生きているのだから、

      人のことも許してあげなさい」

  
क्लिkटी क्लिक                                            LindsayStark

と教えるのだそう。

(2013年のメモより)

 

・・・

 

この場合、

お七の好みはインドの教育の仕方。

 

「間違う(→ 迷惑をかける)ことは誰でもある」前提で

今後関わる周囲の人のことまで考えている、オチ付き。

一人の責任ではなく一方的でもなく

違う考え方同士、

人と関わって生きる中では許しがあって当たり前、

おたがいさま。

何か問題が起きるのは日常茶飯事

深刻ではなくゆるーい感じが気楽ー 

 

二つ以上が存在するときは

どちらにも

良い面と悪い面とがある。

全面良いとか全面悪いばかりな訳はないもんね。

国によって、こういう考え方になる根っこがある。

どちらも良くてどちらも悪い

 おあいこ~

 

 どんなとき、迷惑だと思いますか? 

とは言え、

できることなら人に迷惑はかけたくないしかけられたくない。

はて、

お七にとってはどんなとき迷惑だと思うのだろう……?

みなさんは

どんなことをしたら・されたら迷惑だと思う?

 個人差がすんごくありそう

 

迷惑も、

互いに話し合って理解し合えれば

そう思う気持ちは激減しそうだよね 

 みんなちがってあたりまえ
 だから寄り添い話合おう

何事も

(見て見ないフリ)無視、放置が一番、悪化を招く。

 くさいものにはふたをすーるー  なーっ 

続く

 

こちらは雨降り、

みなさんの住む場所は梅雨明けしたのかな 

お出かけの際はお気をつけて   

今日もみなさまが穏やかに過ごせますよう 

 

 みなさまのクリックがとてもうれしい 

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ありがとう」Amy Winehouse... | トップ | インド小話 貸したデジカメ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癒し 浄化 自分お助けアイテム」カテゴリの最新記事