セラピストお七の花歌モノローグ ✨ そのぬくもりに用がある!

漫画絵本
日々のラッキーアイテム探し、自分トリセツ作りのお手伝い
おいしい無添加料理、心体ダイエット・デトックス徒然

太平洋戦争 以後 東日本大震災 以前「北のはやり歌」と「戦場のメロディ」 2

2017年04月23日 | 推薦図書・映画

 戦後の流行り歌 と 戦中の合唱 

書籍「北のはやり歌」著:赤坂憲雄
映画・DVD「戦場のメロディ」


太平洋戦争 以後 東日本大震災 以前「北のはやり歌」と「戦場のメロディ」1

の続き 

 

・・・きっかけ・・・つながり・・・結び・・・


北のはやり歌を読んで

歌うたいとして必要な考察をいただき、

そしてこの映画を観てつながった

貴重なインスピレーション 

 


戦場のメロディ 

 

会津三十三観音巡り初日 の帰り道

夫がDVDを借りたいというのでレンタルショップに寄った。

20km歩いた後で

股関節が痛くて足が棒だったのに

ヨチヨチ歩きでついて行って よいちょよいちょ 

この作品を選んだ。

韓国語の勉強に、と思い一本で完結する
 韓国ドラマの続編が多かった

新作映画を選んでみたら、これが

大当たり 

きっとお釈迦様のお導き  
 三十三観音巡りは4月8日が初日だった 


タイトルも忘れていたくらい

期待もせず観始めたら

号泣 

戦場のメロディ 

の イ・ハン監督作品は

また観るだろうな。

 

現代に生まれ育ったお七たちは

お金と引き換えに

"必要なモノ" は何でも24時間買える。

それどころか実は、

不足など何もなく

部屋は物に溢れていて

何かがなくても

代用利くし

便利だし

既に必要なモノは全て持っていて

なくなりもしない

・・・

思い知らされる。

現代人は我儘すぎやしないか。

 何が大事なんだ 
 何を手に入れたいのだ 
 どこまで行く気なのだ 


"自分の持ち物は

 自分の持ち物" として

周囲に認められ

許されている。

強制的に

家族や友人の命を

奪われるようなこともなく

 

わたしたちは

恵まれた時代に生きている。

 

・・・

 

最近、

モノクロームなノスタルジー世界に

いる時間がある。

未来から

過去を振り返り

思い出しているような感覚。

本当の世界は

そっちなのかもしれないね。

 

いまここは

幻(マーヤー)世界……

 

この命もいつか終わる。

命がある間に出来るだけ

どこまでできるか、自分よ。


それではまた 

毎日に自然な笑顔が増えますように 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津三十三観音めぐり 初日 | トップ | 自分のこころはいま、何色?... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

推薦図書・映画」カテゴリの最新記事