会津若松発 🌸 お七の花歌モノローグ 🌸 メタモルフォーゼを歌に乗せて世界中が笑顔の花で満開になりますように ❣

自分を守るアイテム探し、自分トリセツ作りのお手伝い
お七の実話から12kg減量体験、心体ダイエット、デトックス徒然

太平洋戦争 以後 東日本大震災 以前「北のはやり歌」と「戦場のメロディ」1

2017年04月21日 | 気持ちが楽になる本、映画

 福島県立博物館 館長講座 と 戦後の流行り歌 

書籍「北のはやり歌」著:赤坂憲雄
映画・DVD「戦場のメロディ」

 
昨日から福島県立博物館 館長講座 が始まった。

 

博物館の敷地内では桜が満開を迎えていた


小さく映っているのは結婚ホヤホヤのカップル おめでとうございます 

 

「時代を映す鏡である流行歌に、

  戦後日本の精神の変遷を探る」

と、リンク先 に紹介されていた。

 

今はとても平和な日本だけれど

お七の生まれた「昭和」は戦争をしていた。 

 

本を読み初め

”歌う”ことについて考えさせられている。 

この本に出てくる歌は

全部覚えようと

新たな目標を立てた。
 一歩一歩進めていくのだ 

お七が歌い始めてから最後のライヴまで
  JAZZ部門

2013年の半年間 ピッタリ半年 

ほとんど休みなく

覚えて歌うの繰り返しで

疲れとともに

楽しさを感じなくなっているのに気づき

11月西会津でのライヴ以来、

歌うことをお休みしていた。

その後、以前から歌いたかった

昭和歌謡、子守唄を

2015年に数回歌う機会をいただき

それから今まで

人前で歌わない期間に入っていた、

けど、そろそろ復帰すべく準備をしている。

 

この本は、お七が目指すところの

歌うたいになるために

必要な考察のきっかけを作ってくれた。

しかし戦争についての知識が乏しすぎる

歴史音痴なお七には、

水木しげる漫画大全集 昭和史  が役立っている。

本って、ありがたいよね。

こちらは読むだけ 

だけどこれらの本には

賢人さま方が長い年月をかけて手に入れた

智慧 が詰まっている…… 

読むだけでその一部を分けてもらえるのだから。

 に続く
戦場のメロディ


 おすすめリンク 

 生活の中の小さな「発見」 みつけた! 

占いで自分助け その1 ~ドン底に落ちる前に~ 
占いで自分助け その2
占いで自分助け その3


それではみなさまも
良き週末をお過ごしください 

 

「いいね」がわりにワンクリック 
その応援が、書き続ける力になります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

毎日に自然な笑顔が増えますように 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« やぎ座 下弦の月 | トップ | 会津三十三観音めぐり 初日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。