★隠れた日本酒・銘酒を求めて、鉄道でGO!!【呑み鉄兄貴】作

★小さな酒蔵の【隠れた銘酒】を呑みまくれ!★乗り鉄です。★詳細はプロフィールをどうぞ!

★大多喜町の日本酒『大多喜城 特別純米 生貯蔵酒』を呑んでみた!

2017-06-17 05:45:05 | 【千葉県】 純米
★千葉県大多喜町の日本酒です(^0^)/
★ブログランキングに参加中!【ポチッ】と応援お願いいたします。
日本酒(日本の発酵食文化)を知る【キッカケ】になれれば幸いです。

日本酒 ブログランキングへ





★当時の城のようすについて、1609年(慶長14年)にここを訪れたスペイン人のドン・ロドリゴは、「城は高台にあって濠に囲まれ、城門は大きく全て鉄でできており、厳重に警戒されている。また、城の内部は金や銀の配色で美しく、立派な武器庫もあった。」(日本見聞録)と、驚いています。

城主は本多氏3代のあと、阿部・青山・稲垣氏へと引継がれ、1703年(元禄16年)松平(大河内)正久となりました。松平氏は9代続き廃藩置県を迎えます


★それでは呑んでみます(^0^)/
香りは稲わらに加え、辛そうな香りがします。
味は稲わらのような味+辛さが感じられ、後味も同じでした(^0^)

★大多喜城シリーズを買って呑んでみましたが、個人的には
1位純米吟醸
2位純米酒
3位特別純米生貯蔵酒
というお奨め順です(^0^)
吟醸の香りが好きな方、日本酒が苦手な方には純米吟醸はお奨めです(^0^)
吟醸の香りが苦手な方、コストパフォーマンスを追及している方は純米酒がお奨めかな(^0^)
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★大多喜町の日本酒『大多喜城... | トップ | ★酒蔵探訪 会津地方へ 「TRA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【千葉県】 純米」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL