こちら、千葉県船橋市の【社会保険労務士林事務所】です!…千葉・習志野・市川・浦安・鎌ヶ谷・松戸・八千代・江戸川区・江東区

★人事労務情報のメモです★左の【カテゴリー】を見て、お好みのものをご覧ください。★★

■■降格に伴う減給

2017年08月09日 19時57分07秒 | ■人事労務情報(法律関連)
■人事上の降格、あるいは、懲戒処分としての降格に伴って給与が下がる場合があります。
この場合、労働基準法第91条との関係はどうなるの?


【1】人事上の降格についてはどう考えるべき?
人事上の降格とは、人事制度として、「職務遂行能力」、「職務」、「役割」等により労働者を格付けするシステムのなかで、その格付けが下がった場合をいいます。

通常、給与も格付けに連動しますので、降格された場合は、給与も下がることになります。
この場合は、労働者の担当職務のランクダウンや果たすべき役割の低下に伴う人事上の措置であり、懲戒処分とは本質的に異なります。
人事上の降格に伴う減給については、労働基準法第91条の範囲外ということになり、この制限は適用されません。





【2】懲戒処分としての降格はどうなる?

この場合も格付けが下がるのに伴って給与は下がるのですが、この点については、降格が懲戒処分としてなされている点で、降格と減給の二重処分にならないかという疑問が生じ得ます。

これについては、行政解釈として、職務ごとに異なった基準の賃金が支給されることとなっている場合に、職務替えにより賃金が低下するときには、降格などの職務変更に伴う当然の結果なので、労働基準法第91条の減給の制裁には該当しない、とされています。

ただし、降格は実質的には継続的な減給であり、労働者にとって重大な不利益が課せられることになるのですから、降格処分を行うには形式的に降格事由に該当するだけではなく、実質的にも労働者が被る不利益にふさわしいだけの重大な秩序違反行為等があった場合に限定されるべきです。

なお、同じく行政解釈によって、従来と同一の職務に従事させながら賃金だけ引き下げる場合には、たとえ「降給」等の名称にしていても、労働基準法第91条の減給に該当する、とされており法律上許されません。



※降格に伴う減給には労働基準法の制限はないが慎重に
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■■懲戒処分としての【減給】... | トップ | ■■職務給とは何か?もう一度... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。