OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

岡田奈々の若い季節に胸キュン

2016-09-18 17:58:53 | 歌謡曲
若い季節 / 岡田奈々 (NAV / キャニオン)
 
ここんとこ、ドロドロした話ばっかり書いてしまったんで、今日は気分一新!
 
すっきり爽やか、そしてせつなくも胸キュンの青春時代を回想するアイドルソングを朝イチに聴いてみました。
 
それが昭和51(1976)年夏に発売された岡田奈々のシングル盤A面曲「若い季節」でして、松本隆の綴った歌詞は完全に女の子の目線の、それこそ「隣の男の子」ではありますが、逆説的にサイケおやじが若かったリアルタイムの青春時代を憧れと共に描き出すという、流石の冴えがニクイばかりですし、佐藤健の附したメロディは歌謡フォークのポップス的展開で実に好ましい仕上がりなんですねぇ~♪
 
また、瀬尾一三のアレンジがアップテンポの西海岸系ロックの雰囲気を滲ませつつも、歌謡曲の黄金律やオールディズ風味を上手く塗したところはプロの仕事の決定版!
 
ですから、岡田奈々の正統派アイドル歌唱、そのちょっぴり甘えた節回しと大人への背伸びフィーリングのバランスが本当に素晴らしく活かされているように思うばかりです♪♪~♪
 
もちろ彼女が人気絶頂だった頃の勢いも感じられますが、何よりも歌詞の中に「深夜放送」とか「UFO」、「隣の下宿」「ブルース・リー」等々の、まさに昭和50年代という、それもひとつの青春を表す言葉が入っているのは、既に21世紀の今にして、なかなか懐かしく、彼女の歌声共々に胸がキュンキュンしてしまうなんてのは、すっかり中年を通り越しての初老の男の境涯でしょうか。
 
でも、悲しくはないんですよ、この歌を聴いていてもっ!
 
むしろ若かった頃のエネルギーがちょっぴりでも蘇って来るような気分にさせられるんですねぇ~、サイケおやじは。
 
なんたって、ついついギターを抱えて、イントロのフレーズをいっしょに弾いてみたりしてますから、いやはやなんとも、お恥ずかしい。
 
う~ん、それにしても佐藤健は素敵なメロディを書いてくれますねぇ~~♪ ここでは瀬尾一三の秀逸なアレンジとの相性もバッチリという感じですが、いかがなものでしょう。
 
ちなみに佐藤健はこの当時、公私共にタッグを組む大橋純子とのコラボレーションも上り坂の勢いでしたからねぇ~~、キーボードプレイヤーとしてのみならず、ソングライターとしての才能も流石の証であり、所謂「ワークス」物のアンソロジーが強く望まれます。
 
ということで、やっぱり今日も世相は騒がしく、怖い事件も多発しておりますが、そんな時にこそ、キュートな女性アイドルの歌がジャストミートすると思うのは罪深いでしょうか?
 
そんなに深刻に考える必要もないところに、彼女達の歌の必要性があるとしたら、本日は岡田奈々の「若い季節」が大正解だったと言い聞かせているのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 汚れた世界に秋風の恋はせつなく | トップ | ディランの真髄はプロテスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌謡曲」カテゴリの最新記事