OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

中古屋での邂逅:三条愛の巻

2017-04-21 18:11:07 | 歌謡曲
やけっぱちの詩 / 三条愛 (テイチク)

クールと云うよりも、醒めた目線の美女に弱いのがサイケおやじの本性のひとつですから、中古屋の捨値コーナーで邂逅した本日掲載のシングル盤にしても、このジャケ写からご覧のとおり、じっと見つめられては、これを手にせずにはいられないという強迫観念に金縛り!?

そして実際に針を落としてみれば、とにかくA面収録の「やけっぱちの詩」がミディアムテンポでヘヴィなビート、さらにはファズギターや微妙なニューソウル感覚が滲むストリングスアレンジもニクイばかりの怨歌節なんですから、いきなりギュ~~っと肝を掴まれてしまったですよ。

もちろん、歌っている三条愛と名乗る女性歌手については全く知るところも無く、またレコードもこれっきりしか出会った事がありませんが、彼女の声質はハスキーと艶っぽさの使い分けが上手く、つまりは歌詞の内容を大切にした表現に秀でているんじゃ~ないでしょうか。

ちなみに作詞:はぞのなな&作曲:村沢良介、そして編曲:伊藤雪彦という制作スタッフは、この世に行き場を見失い、それでも生きる哀しみを歌に託するというような企図から、この「やけっぱちの詩」という、あまりにもストレートな楽曲を作り出したんでしょうか?

発売されたのは昭和50(1975)年頃と推察出来るのですが、当時はこ~ゆ~捨て鉢系歌謡曲がしっかり求められていたというのも、それだけ我が国が安定と平和から滲み出る裏側の世界にも、それなりに感ずるものを国民は抱いていたからかもしれません。

 あれもしました これもした
 人に云えない こともした
 だけど泣きたい ことばかり
 あゝ やけっぱち

こ~した境遇や気持って、誰もが痛切に思ってしまう事だと、サイケおやじは殊更自分に言い聞かせつつ、公私ともに呻吟しております。
 
あぁ……、もっと三条愛のレコードを聴いてみたいなぁ~~~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑ってうちが花 | トップ | これはアタリだっ! 泣きべ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。