OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

いしだあゆみを聴きながら

2016-12-28 17:37:49 | 歌謡曲
恋は初恋 / いしだあゆみ (日本コロムビア)
 
いしだあゆみの歌手としての個性は、不思議系の唸りと演歌っぼい節回しが、何故かポップス調の楽曲に馴染んでしまう事かもしれません。
 
ですから、様々な洋楽的要素を織り込んだメロディやアレンジが凝っている割にはイヤミ無く聴ける歌が多いのも納得されると思うんですが、そん屁理屈も不必要なのが、いしたあゆみの歌の本質的魅力でしょう。
 
例えば昭和49(1974)年に出した掲載のシングル盤A面曲「恋は初恋」は、加瀬邦彦の作曲したメロテディラインの複雑な流れと森岡賢一郎の臨機応変なアレンジが、ちょっと聞きには、とりとめのない感じで、それは軽いラテンロック風ムード歌謡みたいな始まりからサビでは一転して明るいソフトロック的な解放感に展開され、すると彼女の歌唱にしても前半は歌謡曲にどっぷり、しかし後半からは力強い前向きなポップス調の節回しに変転するんですねぇ~~♪
 
しかも、何処を切っても、「いしだあゆみ節」が全開なんですから、上手すぎるオチがニクイばかりの曲終わりも含めて、なかにし礼の綴った諦観と希望が並立する歌詞の世界がグッと伝わってまいります♪♪~♪
 
ということで、ありがたい事には今日も宴会に誘われておりまして、実は楽しみなのが、いしだあゆみにちょっぴり似ているママの店に連れて行ってもらえるという二次会、あるいは三次会が♪♪~♪
 
苦しいばっかりの仕事に追われた本年でしたから、そ~ゆ~憩いがあっても許してもらえるんじゃ~なかろうか、なぁ~んて、自分に都合良く言い聞かせているのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の一字は「無」に決定 | トップ | 中途半端なお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌謡曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。