OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

十字路はどこだ

2017-07-13 19:45:21 | Weblog

覚悟を決めて、旅に出ました。

明日、帰ります(__)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルバートとスティーヴィー... | トップ | 真夏の知世もニクイって! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いちプロ)
2017-07-14 07:48:51
ここにコメントする話題では無いのですが、まとめて
ココでコメントさせて いただきます。

荒木一郎には マジックの研究家としての面が
あります。マジック愛好家には「マジックの先生」
という認知のされ方が ほとんどで、私にしても
東京堂出版の「テクニカルなカードマジック講座」
「テクニカルなコインマジック講座」 などの名著
を読んだ時に歌手・俳優の荒木一郎氏と同姓同名
の研究家の人だなあ と思ったわけで
あの荒木一郎がマジックの本を書くとは思いもよりませんでした。

氏のマジック本 というか東京堂出版のマジック本
は、本格的なマジックのテキストで、プロと同じレパートリーの手品を習得してもらおう、アマチュア用のマジック? そんな甘いことを言ってんじゃ ねえよ
そういうスタンスの ものばかりですから
まあ本格的なギターの教則本 権威のある語学の
テキスト のようなレベルでして 宴会のかくし芸
のネタを求める人には無縁です。
そういうハードなマジックのテキストばかり
80年代から出し続けて きたので 余り売れないわけです。ジュンク堂 三省堂のような大書店 にしか置いていない ことが多く もちろん神保町の東京堂
書店には置いてあるわけですが、小書店には
先ず置いてないので マジック研究家としての
荒木一郎の名は 余り知られて いないわけです。

服部良一さんの「僕の音楽人生」というCDにも霧島昇
さんお「胸の振り子」入っておりますよ。
それから 私の大好きな中野忠晴の「バンジョーで唄えば」も入っております。角田孝さんの
バンジョーの見事なこと!
森山良子さんの父君 森山久さんお「霧の十字路」
も渋いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。