OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

あっけらかんと昭和のグルーヴ

2017-11-26 19:27:59 | 歌謡曲
若い天国 c/w 24時間の恋 / 田中マサコ (日本コロムビア)

ジャケ写だけ見れば、なんとも青春歌謡なカレッジフォークのレコードと思いきや、針を落としてみれば、なんとっ!?!
 
A面「若い天国」はブーガール前夜のグルーヴも楽しいボサロック風味満点のオシャレな歌謡曲で、シャバダバのハミング&スキャットも嬉しいところですが、作詞&作編曲を担当したくるみ広彰の狙いがそこにあったのでしょうか、呆気ないほどあっけらかんとした歌詞と薄口のストリングスが逆にポップな演奏バート、さらに色気も毒気も程々に抑えられた田中マサコのボーカルは、これが発売された昭和43(1968)年よりも後になって人気を集めた、所謂再発見レアグルーヴ作品という事になりましょうか。

個人的には、些か引っ込み気味のバック演奏のミックスが勿体ないという印象もあるんですが、現在ではCD化されている事でも、それは証明されている気がしますし、オリジナルのアナログ7吋盤も高値安定という状況は、嬉しくもあり、せつなくもありました。

と書いたのも、実は掲載の私有盤は長年探索の対象になっていながら、なかなか良い出会いが無かった中にあって、ひょんな事から先日、仕事関係者からプレゼントされたという幸運のお守りみたいなレコードなんですねぇ~~♪

そして仰天させられたのが、生まれて初めて、その時に聴いたB面「24時間の恋」が、素晴らしいエレキ~GS歌謡の決定版と思えるほどの仕上がりだったことですっ!

あぁ~~、現実はど~なっているのか、知る由もありませんが、これは絶対に「24時間の恋」もCD復刻されるべきという思いを強くする次第です。

本当に、歌謡曲ファンに限らず、ひとりでも多くの皆様にお楽しみいただきたいんですよっ!

最後になりましたが、主役たる田中マサコについては何もしりませんが、残したレコードも、おそらくはこれっきりと推察しております。

また、このシングル盤両面曲を提供したソングライターのくるみ広彰にも興味津々です。

というか、もしも他にあるのなら、聴いてみたいですねぇ~~~~。

昭和歌謡曲の奥の細道は、まだまだ続くと決意も新たにしております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーツ・オブ・歌謡ロック:... | トップ | 泣言ご容赦 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Wジャケ (名無しの権平)
2017-11-26 21:10:05
裏ジャケもなかなかいいポーズですね。
そして英語タイトルがグード!


V.A.
幻の名盤解放歌集*コロムビア編 ニャオニャオ甘えて
P-VINE レコード
PCD1527
CD1995年11月25日発売

収録曲
01. ニャオニャオ甘えて / 民悦子
02. 鞭で打たれて愛されて / 池亜里沙
03. 桑の実・赤い実・故郷の実 / ヤング・ペット
04. 悲しみを蹴飛ばせ / 港孝也
05. パッション / 港孝也
06. さすらい未練町 / 斉藤不二雄とマスタッチ5
07. 甘えていいわ / 叶ひろ子
08. 愛そして命 / 清原準/東京キンダー・コーア
09. めぐり逢えても / 海道はじめ
10. 涙のラーメン / こまどり姉妹
11. 旅に出るんだって / じんじん
12. 波 / 林エイコ
13. 若い天国 / 田中マサコ
14. 天国への階段 / 夏木ミミ
15. ジャズ・ロック /サントラ / エイプリル・フール
16. 万博でヨイショ / カサノヴァ7

このCDの13曲目に収録されていたのですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌謡曲」カテゴリの最新記事