OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

セーラー服の坂口良子

2016-02-13 17:40:19 | 歌謡曲

青い山脈 / 坂口良子&円谷弘之 (日本コロムビア)

今日はあちらこちらと引っ張り回され、もはや様々な禁断症状が出てしまったので、監視人に懇願して、その道すがら、中古屋に寄らせてもらいました。

でも、最初っから、「10分だけですよっ!」という、シバリがキツイもんですから、店内をサァ~っと漁り、なんとかゲットしてきたのが掲載のシングル盤なんですが、ジャケ写だけ見ても、今となっては坂口良子のセーラー服姿が、せつないでしょう。

これは昭和49(1974)年にフジテレビ系列で放送されていた「青い山脈」の主題を入れたもので、ドラマそのものは石坂洋次郎の有名な小説を原作に、それまでも映画で何度も作られてきたリメイク物なんですが、この坂口良子の出演テレビ版は他にも加山雄三、志垣太郎、小川知子、浜美枝等々が出ていた記憶がありますし、主題歌も確か坂口良子と志垣太郎のデュエットだったはずが……、ここでは円谷弘之が相手役を務めた、つまりはレコード用バージョンになっているようです。

もちろん楽曲は作詞:西条八十&作曲:服部良一による、あのお馴染の歌であり、これまた過去には藤山一郎&奈良光枝、あるいは神戸一郎&青山和子という、とても有名なバージョンがありますから、この坂口良子&円谷弘之のレコードは如何に!?

結論からご報告すれば、永作幸男のアレンジは基本に忠実ながら、やはり現代的というか、その頃らしいスッキリした味わいがあり、だからこそ件のデュエットにもアイドルっぽさが滲んでいるように感じるのは気のせいでしょうか。

絶妙のアナクロフィーリングを提供するバックコーラスが「コロムビア女性合唱団」とクレジットされているのも憎めません。

ちなみに円谷弘之はジャニーズ系のアイドルだったらしく、それよりも特撮の神様=円谷英二の親戚という存在が有名でしょうか。

しかし、この主題歌が使われていた昭和49(1974)年版の「青い山脈」に出演していたかは、ちょいと定かではありません。

ということで、サイケおやじのストレス解消法のひとつが、中古レコードの狩猟であり、本当はもっと効き目があるのは往年のSM小説探索の古本屋巡りとか、昔の映画のエロ場面探しなんですが、とにかくもそんな活動だけに専心したい気持ちが捨てきれないのは、煩悩というわけです。

人生は厳しいなぁ……。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南風でハイテンション | トップ | 今日は昭和の原風景 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ストレス解消 (奇厳丈)
2016-02-13 17:50:40
う〜む、10分だけ、じゃエロ本は漁れませんからねえ。昨今はネットの時代だから古本屋も減る一方。
美声!♪ (ラウタランカ)
2016-02-13 21:08:06
“青い山脈”と云えば“菅原昭子”さんも歌っていますね♪この人は、スタ誕出身の歌手ですが、知ったきっかけが
“英 亜里”さんの声に似てるということで聴いてみましたが確かに似てるところも有りますが、独自のすきとーった声はかなりの美声です。中音~高音に移行するところが、絶妙です、青春歌謡にもってこいの歌手です。因みに“学生時代”も歌ってます。
桃源郷再訪願望 (サイケおやじ)
2016-02-21 07:49:40
☆奇巌丈様
コメント感謝です。

おかげさまで、ようやく社会復帰の道も見えてまいりました。近日中に再訪出来ればと思いますので、よろしくです。
出でよ新星 (サイケおやじ)
2016-02-21 07:59:10
☆ラウタランカ様
コメント、感謝です。

青春歌謡は案外と歌手が限定されるジャンルだと思いますが、だからこそ、当たると大きいですよねぇ~。
最近、「津吹みゆ」という若手新人の美人歌手を知ったのですが、彼女には「青い山脈」がジャストミートするように思っています。
機会があれば、彼女の歌に接してみて下さいませ。
“大内宿” (ラウタランカ)
2016-02-21 19:41:00
♪江戸の宿場の たたずまい
 今に残して 茅葺き屋根よ
 半夏祭りの大内宿を 二人楽しい旅をして
 冬に今度は来たいねと 言ったあなたはもういない・・・♪

♪雪の灯籠 ぼんやりと
 灯るあかりが 淋しくゆれて
 冷えた心に大内宿の 会津訛りがあたたかい
 何処であなたは見てますか ひとり切ない冬の旅・・・♪

♪出湯湯の上 溪谷(たに)の宿
 今度来る日は 笑顔で来たい
 あなた偲んで大内宿へ 塔のへつりの吊り橋に
 捨てるつもりの思い出は 胸に抱えて帰ります・・・♪


 昨年の夏、福島県の“大内宿”にいった際このCDが目に泊まり、“宿”内のお店で早速購入~♪聴いたところ一発!で気に入りました。
得てしてみ掛倒れの物がありますが、この曲に関しては自分の思ってた旋律と合致!歌っている歌手は、昨年「大内宿」という曲でデビューした「馬場ゆかり」さんです。
元々民謡歌手でもあり、実力派の演歌歌手で会津若松の出身だそうです。(ハスキーボイスがいいですね~♪)
2015'. 2. 14

この曲を聴く度にめがしらがあつくなります。
直球→に響く曲を期待! (ラウタランカ)
2016-02-21 21:07:24
有難うございます。

昨年の7月頃赤羽の某レコード店で「会津・山の神」「わたしの門前仲町」「青い山脈」を直球で歌ったと出ていました。やはり!福島県出身なんですね♪(民謡の宝庫)
みゆ津吹 (サイケおやじ)
2016-02-25 14:37:41
☆ラウタランカ様
コメント、感謝です。

津吹みゆは、他にも「高原列車は行く」が十八番らしいですよ。
仰るとおり、彼女は民謡出身だそうです。
これからの期待の星でしょうねぇ~♪
民謡に挑戦! (ラウタランカ)
2016-02-25 20:23:01
岡本敦郎(1954’)がヒットさせた“白い花の咲く頃”も歌っていただきたいですね♪重ねてLPで民謡アルバム(A面6曲 B面6曲)を、リリースなんてことが有りましたら買いたいですね(今はCD媒体ですので残念ですが・・・)
あとは懐メロ(昭和歌謡【明治・大正もゴザレ】)のCDにも期待~♪~します。

コメントを投稿

歌謡曲」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。