OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

回想の夏木ミミ

2017-06-22 17:44:43 | 歌謡曲
キッスで告白 c/w 天国への階段 / 夏木ミミ (日本コロムビア)

ちょっと見、歌謡界の大御所・川中美幸の若い頃!?

てな印象のジャケ写ではありますが、本日掲載したのはサイケおやじと同世代の皆様には懐かしくも胸キュンな元祖グラビアアイドルのひとりでもある夏木ミミが、昭和45(1970)年春に出した唯一のシングル盤であります。

そしてもちろんというか、彼女は日米ハーフであり、最初の目立った活動としてはテレビ洋楽番組「ビートポップス(フジテレビ)」のゴーゴーガールとしての存在であり、個人的な記憶と印象では同番組出演者中、あの有名な小山ルミよりも人気を集めていたように思いますし、実際、雑誌グラビアへの登場も多かったわけですが、小山ルミの様な歌手としてのブレイクは無かったという残念な結果は、失礼ながら歌唱力が……。

で、作詞:山口あかり&作曲:小田啓義、そして編曲:小谷充が制作スタッフとして顔を揃えた「キッスで告白」にしても、それゆえに普通っぽい歌謡曲になっている感が強く、素直に聴けば勿体無いと思うばかりなんですが、ところが何度か繰り返して針を落としてみれば、そこに滲む密かな恥じらいと持ち前のフェロモンが融合した、その化学変化的な魅力が漂ってくると思うのは、サイケおやじの天邪鬼と変態性の発露でしょうか。

どうやら今般、復刻オムニバス盤に収録されてのCD化が成されたようなので、機会があれば皆様にもこの微妙な倒錯感を味わっていただきたいと思うばかりです。

ちなみにB面収録曲「天国への階段」は、レッド・ツェッペリンの有名曲のカバーではもちろんなくて、A面と同じ製作スタッフによる、今となっては過剰に大袈裟なカルト歌謡曲として、マニア御用達の怪曲・迷唱という評価も定まっており、既にCD化されていますので、こちらも、ぜひっ!

ということで、結局彼女がこれっきりでレコードを出さなくなったのは、ある意味では正解であり、同時に残念という気持ちがサイケおやじにはあります。

そして無理は承知と知りつつも、この彼女の歌唱フィーリングは案外と1980年代のテクノ系アイドルソングには向いているかも……?

なぁ~んていう妄想を抱いてしまうのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これだから、クリムゾン信仰は… | トップ | 筋をとおす事の後味の悪さ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌謡曲」カテゴリの最新記事