OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

今日も自分に言い聞かせ

2017-04-23 17:47:03 | Weblog
平和を我らに / Plastic Ono Band (Apple / 東芝)

連日のニュース報道は既に危機的状況にある極東情勢に鑑み、それはそれで庶民に心の準備を促す大切な事柄かもしれませんが、しかしサイケおやじが不思議に思わざるをえないのが、ほとんど誰もが平和を訴えていない事です。

もちろん、誰だって無謀な殺生は避けたいはずが、既にそれ無くしては問題が解決しないと思い込んでいるという狂騒に陥っているように思うんですよ。

そりゃ~~、確かに現代においては世界的に影響力のある人物なんて、ほとんどが政治や経済の世界で反っくり返っている者が大半ですから、なかなか平和的に人の心を動かせるような言葉や行動が表に出てこれない状況は悲しい現実……。

それでも冷静になって考えてみると、我が国が直接的な攻撃を受ける危険性は、それほど高く無いとサイケおやじは考えておりまして、それはまず日本に入っている外資だけでも、ユダヤ資本、華僑資本、さらには在日資本という、まさに現在の危機に強く根差したものがあるのですから、例えば敵国視されている隣国が日本へ直接的な攻撃を仕掛けた場合、その在日資本は凍結没収され、加えて同胞がどのような処遇を受けるかは、想像に難くないでしょう。

つまり在日同胞がそ~した状況に置かれれば、件の国内に住んでいる親族兄弟の心中は決して穏やかではなく、革命的な反権力騒乱が起きかねないと思うわけでして、同時に在日資本が失われれば、一番困るのは、その張本人たる国家の権力者ですから、そこまでバカはやらんと思いたいんですよ。

しかし、それでもやるのなら、最高に怖いのはミサイルや核兵器よりも、日本国内におけるテロ攻撃であり、同時にそれを防ぐための徹底的な人種差別や横暴な拘引交流が常態化してしまうという地獄です。

極言すれば、そんなこんなの疑心暗鬼が一番に国家を弱体化させるんじゃ~なかろうか……?

と思うほどで、それこそが敵国の狙いだとしたら、くわばらくわばら……。

だいたい、その時の在日の扱いについて、当然ながら政府内でも、また国会でも検討議論が行われているはずなのに、それが全く報道されず、ニュースワイドショウでも、意図的に触れない話題という態度は、かえってアブナイんじゃ~~ないですかねぇ~~!?!

そして自国最大の産業である戦争に依存しまくっているアメリカの旧態依然、未だ中華思想に凝り固まっている中国という二大国は、何れも現在の危機に直接的原因を投げかけてきた過去があるんですから、基本的にひとつの民族が分断され、対立する国家を成してしまった現状を平和的に解決するのは、アメリカと中国の責任が避けられないでしょう。

また、ここにロシアが加わるのも当然の責務であり、だからこそ、何時も姑息な拒否権で逃げるのはバカの証明!?

これは妄想・夢想と言われれば、全く反論も出来ませんが、少なくとも、それらの大国が件の民族をひとつに纏める手助けを積極的にやるべきなんじゃ~ないですかねぇ~~~。

ということで、とにかく戦争なんて最低の愚行は絶対に嫌だし、それを回避するためには、我々庶民がなんらかの声をっ!

そこで本日の1曲は、1970年代前半における世界的な平和合唱ソングであった「平和を我らに / Give Peace A Chance」であります。

それは説明不要、ジョン・レノンが率いていたプラステックス・オノ・バンドによる歌と演奏であり、シンプルなリフゆえにほとんどの人類が意味を解して唱和可能な真実が、そこにあります。

そして、今こそ我々は、ギィ~ヴピ~スァチャ~~ス、と歌うことが必要と思うばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これはアタリだっ! 泣きべそマリア♪♪~♪

2017-04-22 19:22:21 | 歌謡曲
泣きべそマリア / 速水ユリ (大映レコード)

どの様なジャンルにせよ、そのブームの最中に世に送り出されたものは、まさに有象無象!?

ですらか、そんなピンキリの中では、「アタリ」よりも「スカ」が圧倒的に多いというのは常識なれど、しかし「アタリ」が必ずしも流行するとは限らないのも、これまた世の常でありましょう。

つまり、後追いでそれらに接した場合、件の「アタリ」「ハズレ」という結果の認定は、あくまでもリアルタイムの感性じゃ~なくて、既に結果を知っていての判断感想であり、極言すれば、例えば大衆音楽の世界ならば、なんでこれがっ!?!

という印象の楽曲が十人十色であるはずで、もちろんサイケおやじが申し述べさせていただきたいのが、全くヒットしなかったレコードの中には、どっさり素敵な「お宝」が残されているという、そんな至極当たり前の事を、こ~してクドイ文書にしてしまうのが、サイケおやじの悪いクセのひとつです。

で、もちろん本日ご紹介するのは、全くヒットしなかった「アタリ」のひとつで、速水ユリという、サイケおやじは全く知らない歌手が昭和43(1968)年に出したGS歌謡の強烈な一発「泣きべそマリア」であります。

いゃ~、とにかく作詞:川内康範&作曲:池田孝が提供した楽曲の痛快さも流石だと思いますが、これをアップテンポのエレキ歌謡にアレンジした曽根幸明の手腕には脱帽するばかりですし、そして何よりもインパクトが強いのは、速水ユリの歌謡ロックがど真ん中の歌いっぷり良さですよっ!

もう、これは実際に聴いていただくのが一番としか言えませんが、とにかくド頭からガッツ~ンっと撃ちつけるエレキ&オーケストラのイントロにはお馴染みの「ジェームス・ボンドのテーマ」が巧みに引用され、いよいよ登場する速水ユリのボーカルには特有の「泣き節」があり、伸びやかにして粘っこい声質で節回されては、たまりません♪♪~♪

既に述べたとおり、サイケおやじは完全なる後追い鑑賞であり、告白すれば初めて馴染の中古屋の店主から聴かされた瞬間に腰がガクガク、そのまんま財布の紐はユルユルにさせられちまったですよ。

うむ、店内の同種の他商品に比べれば、高値が付けられていたんですが、全然後悔していませんっ!

それでも……、ひとつだけ衝撃だったのは、掲載盤をゲットしてイイ気持ちになっていたら、翌々月にオムニパスの復刻CDに収録されてしまったという、いやはやなんとも、悔しくもあり、嬉しくあり……。

ですから、現在でも比較的容易に聴けるはずですので、皆様には、ぜひともお楽しみいただきたい昭和歌謡ロックの先駆的名曲名唱であります。

最後になりましたが、主役たる速水ユリについては知るところも無く、それでも他にシングル盤が2枚ほどは出でいるらしいので、サイケおやじは良い出会いを求めて、精進を重ねる所存でございます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中古屋での邂逅:三条愛の巻

2017-04-21 18:11:07 | 歌謡曲
やけっぱちの詩 / 三条愛 (テイチク)

クールと云うよりも、醒めた目線の美女に弱いのがサイケおやじの本性のひとつですから、中古屋の捨値コーナーで邂逅した本日掲載のシングル盤にしても、このジャケ写からご覧のとおり、じっと見つめられては、これを手にせずにはいられないという強迫観念に金縛り!?

そして実際に針を落としてみれば、とにかくA面収録の「やけっぱちの詩」がミディアムテンポでヘヴィなビート、さらにはファズギターや微妙なニューソウル感覚が滲むストリングスアレンジもニクイばかりの怨歌節なんですから、いきなりギュ~~っと肝を掴まれてしまったですよ。

もちろん、歌っている三条愛と名乗る女性歌手については全く知るところも無く、またレコードもこれっきりしか出会った事がありませんが、彼女の声質はハスキーと艶っぽさの使い分けが上手く、つまりは歌詞の内容を大切にした表現に秀でているんじゃ~ないでしょうか。

ちなみに作詞:はぞのなな&作曲:村沢良介、そして編曲:伊藤雪彦という制作スタッフは、この世に行き場を見失い、それでも生きる哀しみを歌に託するというような企図から、この「やけっぱちの詩」という、あまりにもストレートな楽曲を作り出したんでしょうか?

発売されたのは昭和50(1975)年頃と推察出来るのですが、当時はこ~ゆ~捨て鉢系歌謡曲がしっかり求められていたというのも、それだけ我が国が安定と平和から滲み出る裏側の世界にも、それなりに感ずるものを国民は抱いていたからかもしれません。

 あれもしました これもした
 人に云えない こともした
 だけど泣きたい ことばかり
 あゝ やけっぱち

こ~した境遇や気持って、誰もが痛切に思ってしまう事だと、サイケおやじは殊更自分に言い聞かせつつ、公私ともに呻吟しております。
 
あぁ……、もっと三条愛のレコードを聴いてみたいなぁ~~~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑ってうちが花

2017-04-20 19:21:47 | Weblog

某所にて、悪企みの真っ最中なもんですから、本日の1枚は休載ご理解下さい。

緊張感有り過ぎて、逆に笑ってしまいそうです。

失礼致しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

許すも、許さぬも…

2017-04-19 19:40:08 | 歌謡曲
なぜゆるしたの / 牧村純子 (ポリドール)

我が国だけの素敵な音楽ジャンルである歌謡曲は、平成に入ってもそれなりに活況を呈しているわけですが、「昭和」と「平成」の決定的な違いのひとつが、所謂ムード歌謡の存在であり、言うまでもありませんが、「平成」においては殊更ソロシンガーによる大きなヒットがほとんど無く、ムード歌謡そのものが、極言すればテレビやラジオ等々の電波媒体から疎外されているような状況では、なかなか新しい道も開けないのでしょうか……。

そして、だからこそ、ムード歌謡が昭和歌謡曲を代表してしまう、堂々の立ち位置にあった事が明確となり、今となっては中古市場に溢れんばかりに流通している夥しいレコードの山の中から、その名曲名唱に邂逅せんとする愛好者が後を絶たないような気がします。

もちろん不肖サイケおやじも、特に女性歌手によるムード歌謡盤にはちょいと執着があり、告白すれば皆様ご推察のとおり、フェロモン系のレコードを探索している事に他なりません。

で、本日掲載のシングル盤は、石原裕次郎とのデュエットで大ヒットした「銀座の恋の物語」が代表作という牧村純子が昭和42(1967)年に出した、これが特に作詞:港英志&作編曲:いずみたくが提供のA面曲「なぜゆるしたの」がボサノバ歌謡であると同時に、とても素敵なムード歌謡なんですから、たまりません♪♪~♪

フェロモンの滲みも程好く、それが節回しにも波及と書けば堅苦しいわけですが、とにかくも牧村純子のボーカリストと資質は天然というには、ムード満点♪♪~♪

と心に響くものを感じてしまえば、現代の歌謡界にこの雰囲気を表現してくれる女性シンガーの登場を強く望むばかりでございます。

ということで、こ~した趣味に生きることが出来るのも、平和という尊いものが普通にあるからです。

それをサイケおやじは今、痛感している次第……。

とち狂う真似だけは絶対に禁物!

これは絶対に譲れないところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真濃いっ! こまどり姉妹!

2017-04-18 19:51:01 | 歌謡曲
恋の風車 / こまどり姉妹 (日本コロムビア)

昭和20年代中頃から活動し、昭和34(1959)年に公式レコードデビューした並木栄子&葉子のこまどり姉妹は説明不要、ノスタルジックサーキットとはいえ、現在でもライブステージに立ち続けている、まさに我が国芸能史にその名を刻するツインズ・レジェンドだと思いますが、そ~ゆ~現役感は何も今に始まった事ではなく、その全盛時代から常に流行歌の本質を見定めていたところから続いているんじゃ~ないでしょうか。

例えば昭和44(1969)年に発売された本日掲載のシングル盤は、とにかくジャケ写だけでも吃驚仰天!?!

民謡調の正統派歌謡曲を十八番にしていた彼女達が、敢然と昭和元禄洋楽歌謡、平たく言えばGS系ビート歌謡で勝負した1枚であり、今となっては昭和歌謡曲のコレクターズ&マストアイテムになっている傑作という評価も、あながち的外れではありません。

それは作詞:くるみ広彰&作曲:くるみ敏弘が提供のA面「恋の風車」に殊更顕著であり、ミディアムテンポのジャズロック風演奏パートは、とにかく8ビートが快適ですし、ジャズっぽいギターやピアノのフレーズ、そして全体のノリからして、この当時に作られた歌謡曲のレコードでは聴きなれた味わいであり、おそらくは参加したスタジオセッションのミュージシャンは、その世界ではお馴染みの面々に違いなく、ですから慣れない洋楽系の曲調であろうとも、こまどり姉妹ほどの実力があれば、軽快にしてグルーヴィな仕上がりは流石の一言♪♪~♪

如何にものメロディラインを十八番のコブシも入れて節回し、さらにサビでのコーラスとか、そのハーモニー感覚には同時期に活躍していたツインズ姉妹のザ・ピーナッツとは似て非なる、不思議な面白さがあるもんですから、なかなかポップな素晴らしさがあるんですねぇ~~♪

ちなみに、既に述べたとおり、この「恋の風車」が出た昭和44(1969)年と云えば、年末にはあれほど大きな盛り上がりになっていたGSブームが下火になりつつあり、夥しくデビューし、売れていたバンドでさえも歌謡曲系のコーラスグループ、極言すればムード歌謡に近いレコードまでも制作していく過程において、正統派歌謡曲の人気ツインズというこまどり姉妹が、ここまで洋楽歌謡に接近した楽曲を歌ってしまうというのは本末転倒、あるいは鶏と卵みたいなものでしょうか?

また個人的な記憶では、夏場のテレビ歌謡番組だったと思いますが、ハワイアンっぽい衣装で「恋の風車」を披露していた彼女達に接し、巷で云うところの「濃さ」に面食らったのがサイケおやじの印象でした。

しかし、今となっては、もっとこの路線が続いていたら、前述のザ・ピーナッツだって「大阪の女」とか、演歌っぽいレコードも出していたのですから、もっとイケたんじゃ~~なかろうか?

ということで、本日は矢鱈に「?」が多い文章になっちまいましたが、それというのも、昭和歌謡曲の懐の深さと雑食性の強さによるところと思います。

つまり、なんでもありっ! 

が基本姿勢であるほどに、面白い楽曲が残されているのでしょう。

いわんや、こまどり姉妹をやっ!

最後になりましたが、このジャケ写のこまどり姉妹って、こんな雰囲気のグラビアアイドルとか、あるいはAV女優さんが現代にいるような気がしています。

う~ん、やっぱり、濃いっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝負は冷静な方が勝ちだよねぇ…

2017-04-17 19:29:10 | Weblog

くうぅぅぅぅっ!

仕事が縺れて、全然思いどおりに事が進まないのは覚悟していましたが……。

ここまで煮詰まってしまうと、またまた嫌な事をやらなきゃ~~ならないので、気が重いですよ、実際。

申し訳ありませんが、本日の1枚は休載、ご理解下さい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかな

2017-04-16 20:05:45 | Weblog

亡父三回忌法要で、本日の1枚は休載させていただきます。

あらためて時の流れの速さを実感しております。

しかし、久々に会った親戚の面々と自然に盛り上がってしまい、なんとも申し訳ない気持ちも……。

でも、叔父の言によれば、それも故人の追善供養だとか、それも納得であります。

失礼致しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉村繪梨子という美しき幻

2017-04-15 20:03:51 | 歌謡曲
ゆび / 吉村繪梨子 (日本コロムビア)

吉村繪梨子もまた、昭和歌謡界を代表する美人歌手のひとりと思うサイケおやじは、しかし実際の歌手活動について、彼女の生歌やテレビ出演等々には接した記憶が極めて薄く、それなのに「吉村繪梨子」名義のレコードに邂逅する度にドキドキしながら現物を拝んでしまうのは、偏に本日掲載のシングル盤に出会った、あれは昭和50(1975)年春からのパブロフの犬ってやつでしょう。

だって、これほどジャケ買い趣味を刺激してくれるブツなんて、そうそうお目にかかれるものじゃ~ありませんよねぇ~~~♪

しかし、この作詞:寺山修司&作曲:船村徹が手掛けた収録A面曲「ゆび」に針を落としてみれば、曲調はありがちなムード歌謡なんですが、肝心の歌唱力が失礼ながら上手いとは言い難く、というよりも、あまり伝わって来る節回しが聴かれないのに、妙に高音域だけが耳に残るというのがサイケおやじの素直な感想……。

どうやら巨匠・船村徹に師事していたとはいえ、寺山修司が作詞を提供しているところから、そしてこれだけの美人ですから、本業は女優だったのかもしれないという推察もしているのですが、いかがなものでしょう。

そして大きなヒットも出ずにフェードアウトしたと思われる彼女が残した、もうひとつの実績が、これはスタアブロマイドのコレクターである知り合いからの情報なんですが、その世界でも人気が高いそうですから、ジャケ買いも正当化されると思いましたですねぇ~~~♪

ということで、吉村繪梨子の芸歴については詳細を知るところが無く、なんとか中古屋巡りでの幸運な、そして良い出会いを求めてサイケおやじは今日まで生きて来ました、なぁ~んていう戯言は失礼千万、とにかく本日の主役たる吉村繪梨子は昭和の美人スタアという真実は不滅♪♪~♪

それを皆様にお伝えするべく、本日のご紹介と相成りました次第でございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

隣国より

2017-04-14 19:35:35 | Weblog

もう、このタイミングしかないと決断し、隣国に仕事を片付けに来て、これから帰ります。

理由は説明不要と思いますが、既に事態は仮定の段階を過ぎ、その時期の問題になっているわけで、しかしここはリーダーが不在なので、何も決められないという混乱が確かにあります。

また、我が国にしても、有事の時に対応する術を国民があまり知らないという怖い現実があり、それなのにマスコミのテキトーな態度、例えばテレビならば、安っぽいバラエティや笑いを含んだニュースショウでお茶を濁していないで、極言すれば攻撃で被害が出た時、我々はど~するべきなのか、何の用意をしておくべきなのか、そんな特集を放送するべきじゃ~なかろうかっ!❔

ただし、そんなこたぁ~、とっくに企画されているはずで、しかしもしかしたら国の方から、民衆に不安を与えない事を第一義とするよう、そんな通達か指導があったという推察も易いんですが、いかがなものでしょう。

とにかく戦争ほどクダランものはありませんっ!

備えると同時に、敵を作らない姿勢が大切とは分かっていながら、儘なりませんねぇ……。

本日の1枚は休載させていただきますが、明日こそは穏やかにしていたいものです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加