たんぽぽのさっぽろ散歩

札幌近郊のお散歩日記。時には徒然にハンドメイド。セカンドライフを楽しんでいます。

アルテピアッツァ美唄 2017年7月その1

2017年07月12日 | ほっかいどう散歩
心地よいアートスペース



美唄(びばい)市の「アルテピアッツァ美唄」に行きました。
ここは、彫刻家・安田侃(かん)さんが今なお創り続ける、野外彫刻美術館です。

以下、本施設の説明。

* * * * * * * * * *

昭和24年、炭鉱で栄えていた北海道美唄市の炭鉱住宅街につくられた旧美唄市立栄小学校は、
炭鉱閉山後の昭和56年に閉校しました。
当美術館は、その体育館をアートスペースに改修、
屋外に彫刻5点を設置してスタートし、
25年の時を重ねた現在、敷地は広がり40点余りの作品が屋内外に点在しています。


* * * * * * * * * *

ということで、この赤い屋根の建物が
旧美唄市立栄小学校の校舎です。
校舎の一階は、しっかり現役で幼稚園として使われています。



校舎内も若干の展示スペースがあります。




廊下に、エイリアンが!!


懐かしい感じですね。






さて、屋外へ出ると、様々な彫像が点在しています。
かくれんぼみたいに、密かに森のなかに隠れているものもありますよ・・・





うーんと接近してみた。


誰かの落とし物のよう・・・






ひょっこりひょうたん島?
















なんだか浮いているように見える・・・


こんな看板もありました。
「彫像と戯れるクマの図」なんて、ちょっと見てみたいですね。


この項、続きます。





『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い恋人パーク 2017年6月 ... | トップ | アルテピアッツァ美唄 2017... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。