87純花のブログ

あたりまえの存在、 空や、海や、草花、そして人。 でも、奇跡に近い、あたりまえの事に 心うたれるときがある.(美日記)

茨城県 岡倉天心 五浦観光ホテル

2016-10-23 22:22:37 | ブログ



茨城県北茨城市・五浦(いづら)にある六角堂は、岡倉天心が読書と思索にふける場所として自ら建てた建物です。
2011年の東北地方太平洋沖地震に伴う津波で直撃を受け姿を消しましたが、2012年に再建されました。
(広さは、四畳半ほどの何もない仏堂と茶室を融合した部屋)
岡倉天心は、東京芸術大学の初代校長を務め、「茶の本・The book of ter」などの著書を始め、
日本文化を海外に紹介した人物でもあります。
岡倉天心の展示物の中に「自らの心像風景を深い精神性とともに描き出す。」という言葉がありました。
私には難解な言葉ですが、六角堂が、海と陸の境・天と地の境と思うと邪念を許さない境地にいたるスポットに思えます。
ともかく、美しい場所です。地平線が広がっています。 そして、2016KENNPOKUアートも鑑賞。

岡倉天心宅の前に立つ中国生まれジャン・ワンさんの力強いメタリックに輝くアート

六角堂の中を覗くと、須田悦弘さんの自然や生活と調和するアート

岡倉天心六角堂を創業80年の五浦観光ホテルの館内通路・屋上のビュースポットから眺める事が出来ます。
五浦観光ホテルは、海をまじかに感じるレストラン・カフェ・温泉や日帰り温泉もありましたよ。
私達ツアー14名は、落ち着いた和室でお昼ご飯を頂きました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茨城県北芸術祭 常陸大田 ... | トップ | 茨城県 ないしょにしたいほ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
茨城県岡倉天心五浦観光ホテル (フラワー)
2016-10-24 07:38:02
なかなか渋い場所!

天心はマルチの偉人、六角堂は岸壁に建ちスリル満点ですね
Unknown (まるちわすみれ)
2016-10-24 18:46:43
以前すぐ近くの国民宿舎に泊まりました
いいところですよね

また行きたいわ(*^▽^*)
フラワー様 (sumika)
2016-10-24 23:17:46
フラワー様
こんばんは
六角堂の周りは、人ひとりが通れる岩場です。
岩場の先は、海と思うとスリル満点の場所でした。
私は、長いせずに六角堂の上にある天心住居跡の庭にもどりました。
まるちわすみれ様 (sumika)
2016-10-24 23:32:16
まるちわすみれ様
こんばんは
まるちわすみれ様、五浦は、美しい場所ですね。
私は、初めて訪れました。
太平洋から昇る朝陽を眺めながら、コーヒーを飲んでみたい場所です。
五浦観光ホテルのロビーに日の出の時刻が貼り出されていたので、きっと、美しい光景だろうと思いました。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。