87純花のブログ

あたりまえの存在、 空や、海や、草花、そして人。 でも、奇跡に近い、あたりまえの事に 心うたれるときがある.(美日記)

水無月

2017-06-14 23:26:04 | ブログ


6月は、水無月。この「無」は、連体助詞で名詞と名詞をつなぐ助詞で、「の」という意味だそうです。
「水無月」=「水の月」と言う意味だったんです。
ならば、11月「神無月」=「神の月」で、神様が不在という意味ではなかったと知った私です。
日本語って、難しいですね。
昨今、話題の国の決めごとの解釈は、もっと難しいと思うと、おいそれと決めかねる事のように思えます。
日々、色を変えるアジサイは美しく、日々、話がすり変わる話題のニュースに
笑顔以外の顔絵文字が、そろってしまいました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花の西洋館へ | トップ | 古きよき時代 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (時々絵日記)
2017-06-15 19:49:56
こんばんは
無は「の」なんですね!
わかりやすい説明でスッと頭に入りました。
これからは水無月や神無月を自信もって使えるようになりました。
水の月のアジサイ、綺麗ですね。
こんばんは (sumika)
2017-06-16 22:53:56
時々絵日記様
こんばんは
アジサイの種類が増え、どのアジサイも綺麗ですね。
私は、水色のアジサイに心癒されて散歩をしています。
コメントをありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。