87純花のブログ

あたりまえの存在、 空や、海や、草花、そして人。 でも、奇跡に近い、あたりまえの事に 心うたれるときがある.(美日記)

千両(センリョウ)・万両(マンリョウ)、一両も!

2016-10-31 17:30:34 | ブログ


朝、我が家の庭に黄色い千両(センリョウ)が、空に向かって実をつけていました。赤いセンリョウの実は、まだです。
万両(マンリョウ)は、たくさんの実を重そうにつけています。

センリョウ・マンリョウは、新年を祝う縁起もの、こぼれた種で増えてくれる嬉しい植物です。
センリョウ・マンリョウ+一両(イチリョウ)=アリドウシ(アカネ科)を入れて、江戸時代にはお正月飾りにしたそうです。
先ほど、ブログ友のfukurou0731様より、一両(アリドウシ)がある事を教えて頂き感謝です。
私は、マンリョウとセンリョウしか知らなかったので、お金に由来するおめでたい植物を調べて見ると
万両(マンリョウ)・千両(センリョウ)・百両(カラタチバナ)・十両(ヤブコウジ)・一両(アリドウシ)がある事を知りました。
私は、新しい事を知って、happyな一日です。
おまけ:2016年花市場では、センリョウは、千両市12月18日から売りだされます。
追伸:11月4日、百両(カラタチバナ)を見つけました。

一両(アリドウシ):鋭いトゲが、蟻をも付きと通すという説と、実が翌年まで持つという(有り通す)とおめでたがられる植物
11月5日、私は、盆栽店で見つけました。挿し木が出来るそうです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉 フラワーアレンジ | トップ | 11月が始まりました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fukurou0731)
2016-10-31 16:21:18
sumika様
こんばんは。
江戸時代はお正月飾りに千両、万両、一両を飾ったそうですね。
一両はアリドオシ。「千両、万両、有どおし」と縁起をかついだとか。
fukurou0731様 (sumika)
2016-10-31 17:35:30
こんばんは
hukurou0731様
私は、一両(アリドウシ)がある事を知りませんでした。
コメントをありがとうございます。
こんばんにゃんこ♪ (片割れ月)
2016-10-31 20:26:59
我が家の庭には千両も万両も無いですが、十両なら一人おります(笑)
かわりに南天が赤くなり始めました、今度写真に撮ってアップしてます~(*^^*)ポッ
片割れ月様 (sumika)
2016-10-31 22:23:22
片割れ月様
こんばんは
片割れ月様のお宅には、どんな宝にも代えがたい
大切な方がいらっしゃるご様子ですね。
私は、片割れ月様にクスッとさせていただきました。
南天も縁起のいい植物、サンゴのような赤い実をつけるのを楽しみにしています。
明日は、一段と寒くなりそうです。
暖かくしてお過ごし下さい。
コメントをありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。