87純花のブログ

あたりまえの存在、 空や、海や、草花、そして人。 でも、奇跡に近い、あたりまえの事に 心うたれるときがある.(美日記)

川越大師 喜多院

2017-02-21 23:58:25 | ブログ


川越大師 喜多院 西武新宿線本川越駅から、徒歩20分
私は、ブログ友さんのブログを見て徳川家と強いつながりを持つ喜多院へ行って来ました。
1616年駿府城で徳川家康が亡くなると、一旦は、久能山に葬りましたが、1617年に日光へ改葬の途中、
3月23日~26日(4日間)遺骨を喜多院に留めて大法要を営んだ事から、
1638年喜多院の境内に東照宮が祀られたそうです。
東照宮と呼ばれる建物は、3つあったんですね。私は、初めて知りました。


天海僧正は、明智光秀とか千利休だとか言う伝えもあるそうですよ?

境内には、江戸城紅葉山の別殿を移築し、徳川家光誕生の部屋・春日局部屋も公開されています。
苦ぬき地蔵は、すべての苦しみを抜きとってくれると言われ、多くの人に親しまれているそうです。

西武新宿線本川越駅から、徒歩5分にある小江戸蔵里には、川越の名物お土産処・食事処・つどい処
地元野菜販売所が、ありました。
私は、花レッスン前の90分を使って行って来ました。小江戸川越は、見どころの多いスポットですね。
ブログで喜多院を紹介して下さった方、ありがとうございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メジロは、どこへ | トップ | プレミアムフライデー フラ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (時々絵日記)
2017-02-23 23:58:27
こんばんは
天海大僧正の言い伝えは想像ふくらみますよね。
出家された会津美里町龍興寺で観た蓮の花を思い出しました。
銅像があるんですね。知りませんでした。
時々絵日記様 (sumika)
2017-02-24 21:04:41
時々絵日記様
こんばんは
私は、川越喜多院を知ることが出来て良かったです。
友人を案内する場所が出来ました。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。