87純花のブログ

あたりまえの存在、 空や、海や、草花、そして人。 でも、奇跡に近い、あたりまえの事に 心うたれるときがある.(美日記)

学習院大学 細川流盆石展

2017-07-08 07:00:20 | ブログ


細川家に伝わる盆石展が、学習院大学正門を入って右手にある記念館3階で開催されています。
盆石は、美人画を見るからに優雅な趣味だったようですね。
盆石の歴史は、1300年前、推古天皇20年に百済より伝来し、山形の銘石を盆にのせ、帝が愛玩されたことが始まりだそうです。
細川三斎公(大名)は、千利休に師事して盆石の真髄をきわめ、今日の細川流盆石の基礎を確立しました。
盆石は、茶席の床飾りとして茶の湯道具のふるいや小羽根を用いて四季の移ろいを表現した日本古来の伝統文化。
白砂の大きさを8分類したものを使い、昔から伝わるお手本をまねて白砂を盆の上に乗せ描いていく芸術です。
完成した作品をひと時楽しむと盆の上の白砂を集めてお道具箱にしまってしまうので、美しくも儚く、一期一会の美の世界なんです。
私は、盆石と言うものを初めて近くで見ることが出来ました。
作品に会場の照明が写り込んでしまいましたが、静寂な白砂に命が吹き込まれた数々の作品が展示されています。
会期:2017年7月6日~7月8日(土)午前10時~午後5時




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七夕 フラワーアレンジ | トップ | おはようございます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (片割れ月)
2017-07-08 17:43:35
そちらは色々な展示会やらあって退屈しないですね。
盆石はサンドクラフトのようなもののようですね。
上の美人画は盆石を描いている様子が描かれていますが、どういったものなのですか?
盆石展 (sumika)
2017-07-08 23:58:51
片割れ月様
こんばんは
美人画を見るからに
盆石は、優雅な趣味だったようですね。
盆石の歴史は、1300年前、推古天皇20年に百済より伝来し、山形の銘石を盆にのせ、帝が愛玩されたことが始まりだそうです。
細川三斎公(大名)は、千利休に師事して盆石の真髄をきわめ、今日の細川流盆石の基礎を確立したそうです。
盆石は、茶席の床飾りとして茶の湯道具のふるいや小羽根を用いて四季の移ろいを表現した日本古来の伝統文化だそうです。
私は、盆石と言うものを初めて近くで見ることが出来ました。
説明が、不十分ですみません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。