gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-24 14:30:09 | 日記
広島大学
曖昧さ回避 この項目では、国立大学の広島大学について説明しています。広島県の公立大学については「県立広島大学」をご覧ください。
広島大学
HiroshimaUniv.jpg
大学設置 1949年
創立 1929年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人広島大学
本部所在地 広島県東広島市鏡山1丁目3-2
キャンパス 東広島(広島県東広島市)
霞(広島市南区)
東千田(広島市中区)
学部 総合科学部
文学部
教育学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
生物生産学部
研究科 総合科学研究科
文学研究科
教育学研究科
社会科学研究科
理学研究科
先端物質科学研究科
医歯薬保健学研究科
工学研究科
生物圏科学研究科
国際協力研究科
法務研究科
ウェブサイト 広島大学公式サイト
テンプレートを表示
広島大学(ひろしまだいがく、英語: Hiroshima University)は、広島県東広島市鏡山1丁目3-2に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は広大(ひろだい)。
日本地図.svg
地理院地図 Googleマップ広島大学
オープンストリートマップのロゴ オープンストリートマップに広島大学の地図があります。
文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。
目次 [非表示]
1 概観
1.1 大学全体
1.2 教育理念・目標等
1.3 学士課程教育の特色
2 沿革
2.1 略歴
2.2 年表
3 基礎データ
3.1 所在地
3.2 象徴
4 教育および研究
4.1 組織
4.1.1 学部
4.1.2 大学院
4.1.3 専攻科
4.1.4 学術院
4.1.5 附属機関・施設
4.2 研究
4.2.1 21世紀COEプログラム
4.2.2 グローバルCOEプログラム
4.2.3 COE形成プログラム
4.2.4 その他の採択プログラム
5 学生生活
5.1 オリエンテーションキャンプ
5.2 大学祭
6 大学関係者と組織
6.1 大学関係者組織
6.2 大学関係者一覧
7 施設
7.1 東広島キャンパス
7.1.1 学生寮
7.2 霞キャンパス
7.3 東千田キャンパス
7.4 廃止されたキャンパス・校地
8 対外関係
8.1 国際機関等協定先
8.2 国内・学術交流等協定校
8.3 国際・学術交流等協定校
8.4 部局間学術交流等協定校
8.5 複合国際学術交流協定
9 社会との関わり
9.1 映画化された相撲部
9.2 ペスタロッチー教育賞
10 参考文献
11 Wiki関係他プロジェクトリンク
12 公式サイト
概観[ソースを編集]

法人本部(事務局)

サタケメモリアルホール
大学全体[ソースを編集]
広島大学は、旧制広島文理科大学をはじめ広島地区に所在していた官立(国立)の7校を包括、さらに広島市立の1校を併合して、1949年に新制大学として設置された。2004年4月に国立大学法人化、2006年4月には全部局の大学院講座化(大学院部局化)完了を経て、現在では11の学部と11の研究科を設置した大学院大学となっている。
略称としては前述の通り「広大」(ひろだい)が用いられることが多い。ただし、「ひろだい」の呼称が通用するのは中・四国地方を中心とした西日本に限られることが多く、東日本では弘前大学を指す場合が多い(詳しくは大学の略称を参照のこと)。
教育理念・目標等[ソースを編集]
建学の精神(1949年制定)
自由で平和な一つの大学
理念5原則(1995年制定)
平和を希求する精神
新たなる知の創造
豊かな人間性を培う教育
地域社会・国際社会との共存
絶えざる自己変革
到達目標(2001年制定)
世界トップレベルの特色ある総合研究大学
キャッチフレーズ(2008年改定)
『学問は、最高の遊びである。』
学士課程教育の特色[ソースを編集]
2006年度以降の学部入学生には、Hiroshima-university PROgram of SPecified EduCaTion and Study(通称HiPROSPECTS)という教育プログラム[1]が到達目標型の教育システムとして導入され、成績評価も従来の優・良・可・不可に加え秀が導入された。また、全学部の学生に対して、英語力の向上を図り、研究や就職に備える目的のため、TOEIC (TOEIC-IP) の受験を必須としている。
各教育プログラムにおける授業(講義または実習)の一部は、2010年より広島大学Web公開授業として、1回分(約90分程度)の授業の様子がWeb上から閲覧できるようになっており、入学希望者(受験生)に対して広島大学をより身近に感じてもらうことを目的としている。
また、学力が優秀でありながら経済的理由により大学進学が困難な学生を支援するための「フェニックス奨学制度」がある(従来実施されていた成績優秀学生奨学制度「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」を変更)。これは新入生(学部生10名程度)を対象にした奨学金制度であり、入試(AO選抜の一部および一般選抜前期日程)において優秀な成績を収めた学生に対して、奨学金の給付(月額10万円)、入学料の全額免除、在学中の授業料全額免除というものである(但し、在学期間中は大学が定める成績基準を満たす必要がある)。広島大学大学院に進学した場合は、奨学生として継続支援を受けることができる。
沿革[ソースを編集]
略歴[ソースを編集]
1902年(明治35年)創立の広島高等師範学校、1929年(昭和4年)創立の広島文理科大学を母体に、その他の官立5校を包括、広島市立1校を併合して、1949年(昭和24年)に新制大学として設置された。なお、本稿ではこの経緯から大学創立は旧制大学が誕生した1929年(昭和4年)、大学設立は新制大学が誕生した1949年(昭和24年)としている。
年表[ソースを編集]
1949年(昭和24年)5月31日 - 法律第150号国立学校設置法により、新制広島大学が発足。
包括(7校)校名の頭に広島大学をつけて存続。
広島文理科大学
広島高等師範学校
広島女子高等師範学校
広島高等学校
広島師範学校
広島青年師範学校
広島工業専門学校
併合(1校) - 広島市立工業専門学校
設置学部(6学部) - 文学部、教育学部、政経学部、理学部、工学部、水畜産学部
附置施設 - 理論物理学研究所、附属図書館、理学部附属臨海実験所
1950年(昭和25年)
3月31日 - 広島大学広島高等学校を廃止。
5月1日 - 安浦分校が福山市沖野上町へ移転、福山教場と合併し福山分校と改称。
11月5日 - 開学式を挙行。森戸辰男 が初代学長(1950-1963年)となる。
1951年(昭和26年)
3月31日 - 広島大学広島工業専門学校、同広島師範学校、同広島青年師範学校を廃止。
4月1日 - 教育学部に附属東雲小学校・中学校、附属三原小学校・中学校・附属幼稚園、附属福山中学校を設置。
1952年(昭和27年)
3月31日 - 広島大学広島高等師範学校、同広島女子高等師範学校を廃止。
4月1日 - 教育学部に附属東千田小学校・中学校・高等学校、附属福山高等学校を設置。
1953年(昭和28年)
4月1日 - 大学院3研究科(文学研究科、教育学研究科、理学研究科)を設置。各研究科に修士課程および博士課程を設置。
8月1日 -広島県立広島医科大学を移管し、医学部を設置。

1955年頃
1956年(昭和31年)
1月25日 - 学章を制定。
3月31日 - 広島医科大学を廃止。
1957年(昭和32年)
2月8日 - 医学部が呉市から広島市に移転。
3月16日 - 学歌を制定。
1959年(昭和34年)4月1日 - 大学院医学研究科(博士課程)を設置。
1960年(昭和35年)1月19日 - 学旗を制定。
1962年(昭和37年)3月31日 - 広島大学広島文理科大学を廃止。
1963年(昭和38年)4月1日 - 大学院工学研究科(修士課程)を設置。
1964年(昭和39年)4月1日 - 教養部を設置。
1965年(昭和40年)4月1日 - 歯学部を設置。
1966年(昭和41年)4月1日 - 附属幼稚園を設置。既存の附属幼稚園は附属三原幼稚園と改称。
1967年(昭和42年)4月1日 - 大学院経済学研究科(修士課程)を設置。
1968年(昭和43年)4月1日 - 大学院農学研究科(修士課程)を設置。
1972年(昭和47年)4月1日 - 大学院法学研究科(修士課程)、大学院歯学研究科(博士課程)を設置。
1973年(昭和48年)4月1日 - 大学院薬学研究科(修士課程)を設置。
1974年(昭和49年)
6月7日 - 総合科学部を設置。
8月6日 - 広島大学原爆死没者追悼の碑除幕式および第1回追悼式を挙行。
1975年(昭和50年)3月31日 - 教養部を廃止。
1977年(昭和52年)
4月1日 - 大学院工学研究科に博士課程を増設。
5月2日 - 政経学部を改組し、法学部・経済学部を設置。
1978年(昭和53年)
4月1日 - 大学院地域研究研究科、大学院環境科学研究科(各研究科にそれぞれ修士課程)を設置。
6月17日 - 教育学部(2学科7課程)を、教育学部(3学科)と学校教育学部(5課程)に分離改組。
1979年(昭和54年)4月1日 - 水畜産学部を改組し、生物生産学部を設置。
1980年(昭和55年)4月1日 - 大学院学校教育学研究科(修士課程)を設置。
1982年(昭和57年)
3月31日 - 大学院工学研究科・工学部が東広島キャンパスへ移転を完了。
4月1日 - 大学院医学研究科と大学院薬学研究科を統合改組し、大学院医学系研究科(博士課程)を設置。
1985年(昭和60年)4月1日 - 大学院環境科学研究科と大学院農学研究科を統合改組し、大学院生物圏科学研究科(博士課程)を設置。
1986年(昭和61年)4月1日 - 大学院地域研究研究科と大学院法学研究科と大学院経済学研究科を統合改組し、大学院社会科学研究科(博士課程)を設置。
1988年(昭和63年)3月31日 - 大学院生物圏科学研究科・生物生産学部が東広島キャンパスへ移転を完了。
1989年(平成元年)9月30日 - 大学院教育学研究科・教育学部が東広島キャンパスへ移転を完了。
1991年(平成3年)9月30日 - 大学院理学研究科・理学部が東広島キャンパスへ移転完了。
1992年(平成4年)4月1日 - 医学部保健学科を設置。
1993年(平成5年)3月31日 - 総合科学部が東広島キャンパスへ移転完了。
1994年(平成6年)
3月31日 - 大学院文学研究科・文学部が東広島キャンパスへ移転完了。附属看護学校を廃止。
4月1日 - 大学院国際協力研究科(博士課程)を設置。
1995年(平成7年)3月31日 - 大学院学校教育学研究科・学校教育学部、法学部(昼)、経済学部(昼)、附属図書館が東広島キャンパスへ移転完了。
1998年(平成10年)4月1日 - 大学院先端物質科学研究科(博士課程)を設置。
2000年(平成12年)4月1日
教育学部と学校教育学部を統合改組し、新たに教育学部を設置。
大学院教育学研究科と大学院学校教育学研究科を統合改組し、新たに大学院教育学研究科(博士課程)を設置。
2002年(平成14年)4月1日
大学院医学系研究科(保健学専攻以外)と大学院歯学研究科を統合改組し、大学院医歯薬学総合研究科(博士課程)を設置。
大学院医学系研究科保健学専攻を独立改組し、大学院保健学研究科(博士課程)を設置。
2004年(平成16年)4月1日 - 国立大学法人法の規定により国立大学法人となる。大学院法務研究科(法科大学院)を設置。
2005年(平成17年)4月1日 - 歯学部附属歯科技工士学校を閉校し、歯学部口腔保健学科(口腔保健工学・口腔保健衛生学)を設置。
2006年(平成18年)4月1日
学部教育において「教育プログラム」を開始。
大学院総合科学研究科(博士課程)を設置。
薬学教育6年制移行により、医学部総合薬学科を独立改組し、薬学部を設置。6年制の薬学科と4年制の薬科学科を持つ。
2009年(平成21年)
1月30日 - 明治大学・龍谷大学とそれぞれ締結していた「包括交流協定」を発展させ、3大学間相互の包括交流協定等を締結した。
4月1日 - 歯学部口腔保健学科を口腔健康科学科と改称。口腔健康科学専攻の修士課程および博士課程設置。
2010年(平成22年)12月3日 - 近畿大学との間で「大学間交流に関する包括協定書」を締結。
2012年(平成24年)4月1日 - 大学院医歯薬学総合研究科と保健学研究科を再編・統合し、「大学院医歯薬保健学研究院・研究科」を設置。
基礎データ[ソースを編集]

コミュニケーションマーク
所在地[ソースを編集]
東広島キャンパス(広島県東広島市鏡山一丁目)
霞キャンパス(広島県広島市南区霞一丁目2-3)
東千田キャンパス(広島県広島市中区東千田町一丁目1-89)
象徴[ソースを編集]
学章は被爆都市ヒロシマの復興・再生をイメージした不死鳥(フェニックス)をイメージしてヤシ科の植物フェニックスの葉をモチーフとしたものとなっている。
2004年4月の国立大学法人発足時にコミュニケーションマークを制定した。広島大学の頭文字「H・h」と「人」をイメージしたもので広島大学では「人間が持つ行動的な特性を表現している」と広報している。
教育および研究[ソースを編集]
組織[ソースを編集]
学部[ソースを編集]
総合科学部
総合科学科[2]
総合科学プログラム[3]
注:2012年度入学生まで、地域文化プログラム、社会文化プログラム、人間文化プログラム、言語文化プログラム、行動科学プログラム、スポーツ科学プログラム、生命科学プログラム、数理情報科学プログラム、総合物理プログラム、自然環境科学プログラムが存在
文学部
人文学科[4]
哲学・思想文化学コース
哲学・思想文化学プログラム[5]
歴史学コース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。