gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-24 14:48:33 | 日記
第 3 部 春 の 或 る 月曜 日の 朝,船 は 出航 した 。 ジ ョ ア
ン ナ は 夫 と息 子達 の 出発 を 見送 ら な か っ た 。 別 れ の 光
景 が耐 え難 か っ た か らだ 。 その 日の 朝起 きて み る と ,
夫 や 息子 た ちの 姿は な く,事務机 の 上 に は 夫の 言葉 と
息 子 た ち の 別れ の 言葉 が 白墨 で 書 き残 さ れ て い た。彼
女 は大 急 ぎで 波止 場 に 駆 けつ けて み る が ,水平線の 彼
方 遠 くに ジ ョ ア ン ナ号 の マ ス トと帆が 見え る だ けで あ
る 。彼 ら を行 か せ た こ と を悔 や み,胸 も張 り裂 け ん ば
N 工 工 一Eleotronio Library Servioe :
Gunma University
NII-Electronic Library Service


か りの ジ ョ ア ン ナで は あっ た が , 向 かい の エ ミ リ ーの
家 を見 る と対 抗 意識 に 燃え,そ ん な後悔 の 念や 悲 しみ
に も何 と か耐 え られ る の で あ っ た 。
や が て 最初 の 夏が 過 ぎ,長 くわ び しい 冬 が深 まっ て
ゆ く。 も うひ と夏我慢すれ ば,夫や息子 た ちが帰 っ て
くるの だ。ジ ョ ア ン ナ は そ う自分 に 言 い 聞 か せ て 堪 え
忍 ん で い たが ,年 も変わ り,また夏 が過 ぎ,彼 らが入
港 す る 時期 に なっ て も船 は帰っ て こ ない 。 彼 らか らの
音信 もこ こ何 ヶ 月か途絶 えた ままだ っ た 。 秋は 深 ま っ
て ゆ くが , 船 は い っ こ うに そ の 姿を 見せ ず, ジ ョ ア ン
ナ の 不 安 は 深刻 な もの とな る 。 彼女は 朝夕教 会 に 出か
け て 祈 る よ うに なる が,入 港 の 予 定 日か ら数 ヶ 月 た っ
て も船 は帰 っ て こ な か っ た 。
夫や 息子 た ちが 帰 らぬ ま ま時 は過 ぎ,ジ ョ ア ン ナは
彼 らが 帰港する幻影 を ひ ん ぱ ん に 見 る よ うに なる 。 店
もほ っ た らか し に な り, 家賃 も払 えな くなっ た ジ ョ ア
ン ナ は エ ミリーの 厚 意 を しぶ しぶ 受 け入 れ て ,彼女の
家 で 暮 らす よ うに な る 。 ジ ョ ア ン ナ号 が出航 して か ら
六 年 た っ た 或 る 12月 の 夜 遅 く, 夫 と息子 た ちが 店の 戸
口 で 呼ぶ の を聞い た ジ ョ ア ン ナ は , 大急 ぎで 表 に 出て
み る が ,そ こ に は 入 影ひ とつ なか っ た 。
皿 論 考
To Pleα se His 曝 は 1891年 6 月 にBtα ck and White
誌 に 掲載 さ れ ,そ の 後 1894 年 2 月 に 短 編 集L ife is
Littlelronies に収 録 され て Osgood ,Mcllvaine社 に よ
り出版 さ れ た 。
o
Millgateに よ れ ば,LTfe’s LittteIrontθs は好 評 を博
し た Ctofavourablereviews ’〉 そ うだ が ,21Zo P ‘θ α s θ
His Wtfeを書 い た 頃の バ ーデ ィ は小 説家 と して ま さ に
円熟 期 に あ っ た と言 っ て よ く,短編 集 と して は 1888年
5 月 に PVessθx TaZesが Macmillan社 よ り, 1891年 5 月
に はA (}roup cf NobleDames が Osgood,Mcllvaine社
に よ り出版 され て い る 。 また 長 編小 説 と し て は 傑 作
Te5s 〔〜f the d

Urberv・itlesが 1891年 11 月 に Osgood ,
Mcllvaine社 か ら三 巻 本 と し て 出版 さ れ て お り,1895
年 11月 に は バ ーデ ィ 最 後 の 小 説 と な る Jude the
Obscure が や は りOsgood,Mcllvaine社 か ら出 版 され て
い る 。
バ ーデ ィ の 短編小 説 は 大部 な彼 の 長編 小説 に 比 べ る
と,プ ロ ッ トは簡素化 され 分 量 的 に もは る か に短 い の
で ,ずっ と読み や す く, そ の テ ーマ も理 解 しや すい よ
う に思 わ れ る 。 上 記 の 梗概 か ら も分 か る よう に ,To
PleaseHis PVde は野 心 か ら夫 と二 人の 息 子 を失 う女 の
物語 で あ り,多 くの 読者 は そ れ を一編の 因果応 報の 物
語 と して 単純 明快 に 理 解す る で あ ろ う し,さ らに は ま
105
た ,翻 訳 や英語 の 教 科書 と して こ の 作 品 を読む者は 宇
宙 を支 配 する 盲 目的 な 意志 ,つ ま りバ ーデ ィ が 言 う と
こ ろ の ‘lmmanent Will’(内在 意 志 )や シ ョ ーペ ン
ハ ウエ ル の厭世思想 な ど との 関 わ りに つ い て触 れ た解
説 を読 む こ とに よ り,因果応報 の 物 語 とい う理 解 に哲
学 的 な 味付 け を加 え て 巻 を置 くか も しれない 。 しか し,
To Pleα se His vaOfeに は 小説 家 と して の バ ーデ ィ の 念
頭 に 絶 えず あっ て ,多 くの 作 品の 中で 繰 り返 し取 り上
げ られ て きた 問 題 の い くつ か が よ りス トレ ー トに 提示
さ れ て い る こ と を見 落と して は な らない だろ う。
バ ーデ ィ の 小 説に は ,平穏 な 地域社 会 に外 部 か ら よ
そ 者 が 侵入 して き た り,或 い は長 い 間不在 で あ っ た 村
人が帰 郷す る こ とに よ っ て ,そ れ ま で の 秩序 や 均衡 が
破 られ,人 間 関係 に さ ざ波 が 立 ち始め ,その 結果予 期
せ ぬ ドラ マ が始 まる とい う展 開 が し ば しば 見 ら れ る 。
The Retur ]z 〔,f the Nativeで は青年 ク リム ・ヨ ーブ ラ
イ ト (Clym Yeobright)が パ リ か ら 故郷 の Egdon
Heath に 帰 っ て くる こ と が 後 の 悲 劇 の 発 端 と な る が ,
To PleCtseffisWzfeで も同様 に シ ェ イ ドラ ッ ク ・ジ ョ
リ フ が 故 郷の 港 町ヘ イヴ ン プール に帰 っ て くる こ とに
よ り ドラ マ が 始 ま る 。そ して ,The Return qプthe
Nativeで は 美貌の 女性 ユ ース テ イ シ ア (Eustacia)に
ク リム とワ イ ル デ ィ ーヴ (Wildeve) と い う二 人 の 男
性が 配 されて い る が ,To Please His 臓 で もシ ェ イ
ドラ ッ ク に エ ミ リ ーとジ ョ ア ン ナ と い う二 人の 女性 が
配 され る とい う,ハ ーデ ィ の小 説 に 見 られ る 典型 的 な
人間 関係 の 構 図,つ ま り

the eternal triangle’が 用
い られ , 物 語 は まず 〈結婚 〉 を め ぐっ て 展 開 して ゆ
く。
ジ ョ ア ン ナ とエ ミ リーは 仲 の 良 い 友 人同 士 で あ っ た
が ,シ ェ イ ドラ ッ ク の 出現 に よ り,恋敵 に な っ て しま
う。 最初 シ ェ イ ドラ ッ ク はエ ミ リ ーに 惹 か れ ,二 人 の
間 に は 結婚の 合 意が 成 立 す る が ,ジ ョ ア ン ナ は シ ェ イ
ドラ ッ ク を エ ミ リ ーか ら奪 っ て し ま う。
…insQme way or other Joannacontrived to
wean him away from hergentlerand younger rival.
(P.109)
こ こ で は ‘contrived ’とい う言 葉 に 留 意 す る 必 要
が あ ろ う。ジ ョ ア ン ナ の 性格の 一端が うか が え る か ら
だ 。 ま た エ ミ リ ー を形 容 し て い る ‘gentler and
younger
’とい う言 葉 も二 人 の 相 違 を 示 す もの と して
注 目すべ きで あ る 。また ,エ ミ リ ーと ジ ョ ア ン ナが 初
め て 読 者 の 前 に そ の 姿 を現 し た 時 ,エ ミ リ ーは ‘a
slight and gentle creature ’,ジ ョ ア ン ナ は ‘a tall,
N 工 工 一Eleotronio Library
Gunma University
NII-Electronic Library Service

Sunma Unive 「 sity
106
large−framed,dellberative gir1’(p.108) と,そ の 姿や
物腰が 対照 的 に描 か れて い る し,シ ェ イ ドラ ッ ク に 話
しか け ら れ た 時 ,エ ミ リ ーは恥 ずか し げに 答 え る の に
対 し て ,ジ ョ ア ン ナ の 反応 は 次 の よ うに対 照 的 で あ
る。
The other girllookedstraight at him with her
darkeyes ,(p,108)
ジ ョ ア ン ナ とエ ミ リーの よ うに 対照 的 な性 格 と生 き
方 を示 す人物 は バ ーデ ィ の小 説 の 中 に しば しば登 場 す
る が ,バ ーデ ィ が 描 く人物像 に は あ る程 度 の 類 型が 見
られ る と言 っ て 良い だ ろ う。例 え ば , 男性 を前 に して
物怖 じ し ない ジ ョ ア ン ナの 姿 はJude the Obscure の ア
ラ ベ ラ ・ドン (ArabellaDonn )」?The Retuma Ofthθ
N αtiveの ユ ース テ イ シ ア を 連想 させ る し,彼 女 とは 対
照的 なエ ミ リ ーは 同 じくそれ らの 小 説に登 場 す る シ ュ
ー ・ブラ イ ドヘ ッ ド (Sue Bridehead>や トマ シ ン ・
ヨ ーブ ラ イ ト (Thomasin Yeobright)を連想 させ る 。
さて , シ ェ イ ドラ ッ ク の 心 を とら え,彼 と婚約 ま で
した ジ ョ ア ン ナで は あ っ た が ,エ ミ リーの 深い 悲 しみ
を知 っ て 良心 が 咎 め , 彼 女 に シ ェ イ ドラ ッ ク を 返 して
もよい と思 う よ うに な る。 もと も と ジ ョ ア ン ナ とエ ミ
リーは友 人 同士 で あっ た か ら,こ こ に ジ ョ ア ン ナの 思
い 遣 りや優 し さ とい っ た もの も見て 取 れ よ う。 しか し
ジ ョ ア ン ナの 気持 ち を実質的 に 大 き く動 か して い た の
は 彼女の 野心 で あ っ た。そ して そ れ は 自分 よ り も身分
の 高 い 男性 と結婚 す る こ と だ っ た の で あ る 。
Joannawas nQt altogether satisfied with the
sailor.She likedhis attentions ,and she coveted the
dignityof matrimony ;but she had never been
deeplyinlovewith Jol1ife .For one thing,she was
ambitious ,and socially his position was hardlyso
good as her own ,
and there was always the chance
of an attractive wonlan mating considerably above
her.(P.109)
しか し,シ ェ イ ドラ ッ ク をエ ミ リーに 返 して も よい
とい うジ ョ ア ン ナ の 考えは ,そ の 後 た また まシ ェ イ ド
ラ ッ ク が エ ミ リ ーを 抱擁 す る の を 目撃 した こ とで 激 し
い 嫉妬 に変 わ る 。 そ の 結果,女 として の 魅力 に 自信 が
あ り,自分 よ りも身分が高 い 男性 と の 結 婚を 望ん で い
た 野 心 家 の ジ ョ ア ン ナ で は あ っ た が ,一時 の 嫉妬の た
め に 本来の 野 心 を忘 れ ,社 会 的 に 自分 よ りも身分 が 低
い と思 われ る シ ェ イ ドラ ッ ク との 結婚へ と突き進 む の
で ある 。こ こ で は ,ジ ョ ァ ン ナ が シ ェ イ ドラ ッ ク と結
婚 す る こ と に よ りラ イ バ ル の エ ミ リーに 女 と し て は 勝
つ が ,反 面,玉 の輿 に乗 る とい う社 会 的上 昇 へ の 道を
自ら 阻 ん で し ま うこ とに 留 意 すべ きで あ ろ う。 他方,
恋 に破れ た エ ミ リーが そ の 後 思 い もか けぬ 良縁 に恵 ま
れ ,幸福 に暮 ら す よ うに なる の は , 何 と も皮 肉 な成 り
行 きで あ る。
〈結 婚 〉は バ ーデ ィ 文学 の 重要 な テ ーマ の 一つ で あ
る が ,バ ーデ ィ は 男性 よ りも女性 に と っ て の 結婚の 問
題 に よ り大 きな関心 を寄せ て い た よ うだ 。 当時 の女 性
に とっ て 安 泰 な 人生 の 保証 を得る ほ とん ど唯 一の 道は
結婚 ,そ れ も当然 の こ と なが ら 出来 れ ば 裕福 な男性 と
の 結 婚 だ っ た 。 ま た ,そ の 為で あれ ば, 相 手の 男 性 の
年齢 が 相 当上 で あ っ て も,趣 味や 生活 の 信 条が か け離
れ て い た と して も,そ れ ら は た い した 問題 で は な か っ
た の だ 。 An lmagin α tiveWo7nαn (1893)の エ ラ ・マ
ーチ ミ ル (EllaMarchmilD が趣 味 や気質の 点で は 全
く共通 す る と こ ろ の ない 銃 器製造 業 者 と結 婚 した の も
‘the necessity of getting life−leased at all cost ,a
cardinal virtue which allgood mothers teach ’ に よる
もの で あっ た し,3)また On the PVestem CiTcuit (1891)
の イ ーデ ィ ス ・パ ーナ ム (Edith Harnham )が 27歳 の
時に年配 の 酒 商人 と結婚 した の も同様の 理 由か らで あ
っ た 。
EdithHarnham leda lonelylife.Influencedby
the beliefof the Britishparentthat a bad marriage
with itsaversions isbetterthan free womanhood
with its interests,dignity,and leisure,she
consented to marry the elderly wine −merchant as a
pis aller ,at the age of seven −and −twenty − some
three years beforethisdate−
tofindthatshe had
made a mistake .4)
た だ ,安泰な入生 の 保 証 を得 る た め の 結婚 と言 っ て
も,
エ ラ の 場合 もそ うで あっ た し,ま た イ ーデ ィ ス の
結 婚に つ い て の こ の 引 用文 か ら も分 か る よ うに ,結婚
生 活の 実質 とい う面か ら言 えば女 性 に とっ て 精神的 に
満 た さ れ な い 結婚 ,つ ま り失敗 とい う場合 も多 く,ハ
ーデ ィ の 関心 は と りわ けこ の よ うな結 婚生 活 に あ っ た
と言 え よ う。
ジ ョ ア ン ナ が 嫉 妬心 か ら,本来の 願望 に反 して ,社
会的 に 身分 の 低 い シ ェ イ ドラ ッ ク と結 婚 し た こ とが ,
の ちの 彼女 の 結 婚生 活 の 不 満 に つ な が っ たこ とは, 彼
女 の 野心家 と して の 気 質を考えれ ば容易 に理 解 で きる
だ ろ う。前 述 の エ ラ や イ ーデ ィ ス の 場 合 と は 違 っ て ,
N 工 工 一Eleotronio Library
Gunma University
NII-Electronic Library Service
1
” n 「na Un ’ ve 「 s ’ty
ジ ョ ア ン ナ の 不 満 は経 済 的 な もの で ,そ れ も階 級 意識
を と もなっ た エ ミ リ ーへ の 対抗心 か ら くる 強 固な もの
で あ っ た。階級意 識 の 問題 は ハ ーデ ィ の 作品で は 非常
に 重要 な テ ーマ の 一つ で あ り,そ れ は しば し ば結 婚 や
教 育 と い っ た 事柄 と か ら め て 扱 わ れ て い る が ,To
P ‘θα5 θ H お 聯 で はジ ョ ア ン ナ の 二 八の 息子 た ちへ の
思 い を通 して ,階級 意 識 と社 会 的地位 向上 の 手段 と し
て の 教 育 と い う問題 が 大 きな位置 を占め て い る こ と を
見落 と して は な らない だ ろ う。ある 日 ジ ョ ア ン ナ は シ
ェ イ ドラ ッ ク に 次 の よ うに言 う。
‘Butsee how well off Emily Lesteris,who used
to be so poor!Her boyswill go to College,no doubt;
and think of yours − obliged to go to the Parish
School1’(P.114)
か つ て は 貧 しか っ た エ ミ リ ーは 裕福 に な り, 彼 女 の
息 子 た ちは 私立 の 学校 に入 ろ うと して い る 。 そ れ に引
きかえ,自分 の 息 子 た ちは 教 区の 学校へ 行 か ざる を得
ない 。夫へ の 愛 情が な い ジ ョ ア ン ナ の 結 婚生 活 に お け
る 唯一の 関心 は ,溺愛する 二 人 の 息子 た ちの 教育 で あ
り,それ は エ ミ リーへ の 敵対 心 か ら大 きな野 心 とな っ
て 彼女 を支配す る 。 シ ェ イ ドラ ッ ク を最 初の 航 海 に 送
り出 した 後,息子 た ちの 将 来の こ と を考 えなが らジ ョ
ア ン ナ は こ う自分 に 言 い 聞 か せ る 。
‘…when Shadrach comes home they will be
only seventeen and eighteen ,and they shall be
removed from the port ,and their education
thoroughly taken inhand by a tutor;and with the
money theゾllhave they will perhaps be as near to
gentlemen as Emmy Lester「s precious two ,with
theiralgebra and theirLatin!’(p」16)
や が て シ ェ イ ドラ ッ ク は ひ と山当 て て 無事 に 帰っ て
くる 。 彼 に して み れ ば ,そ れ は 十 分 な 富で あ っ た が ,
ジ ョ ア ン ナは それで もまだ満足 せ ず に 言 う。
‘Itisnot enough ,
’said she .
‘My boyswill have
to liveby steering the ships that Lestersown ;and I
was once above her!’(p.117)
こ うし て ジ ョ ア ン ナは戻 る こ との ない 航海へ と夫 と
二 人の 息 子 た ちを送 り出 して しま うの で あ る。シ ェ イ
ドラ ッ ク と二 人 の 息 子 は ジ ョ ア ン ナ の 野心 の 犠 牲者 で
あ っ て ,彼 ら を乗せ て 海 の 底 に沈 め て しまう船 の 名前
le7
が 「ジ ョ ア ン ナ号」 とい うの は 極 め て象徴的で あ る 。
ク リス テ ィ ン ・ブ レ イデ ィ (ChristinBrady)はTo
Ptease∫Hzs 膿 の 主題 は

ambition ,and itscapacity
fordestruction of the self and family’ で あ り,短編集
Ltfe ’
s Littlefronies全体 の

central theme ’ で あ る と
述 べ て い る が ,5)Lope’
s Litttelroniesに 1ま題 名 そ の も の
が 作 品 の テ ーマ を表 し て い るATr α gedy Of T ω o
Ambitions (1888)と い う作 品が含 まれ て い る ほ どで ,
ブ レ イ デ ィ の こ の 指摘 は正 鵠 を 射 た もの と言 え よ う。
さ らに , 短編小 説 の み な らず長編 小説 を含 め ,バ ーデ
ィ の 作品 を 考 え る場合 ,特 にそ の 悲劇性 との 関 連か ら
ambition の 問題 は極め て 重要 な 論 点で あ っ て ,マ イ ケ
ル ・ヘ ン チ ャ ー ド (Michael Henchard) の 成 功 と破
滅 を描 い た The M α yor of Casterbridge につ い て

ambition ,and itseffects on human relationship ’が
作 品 の 重要な テ ーマ で あ る と し た メ リン ・ウ ィ リア ム
ズ (Merryn Williams)の 指摘は ,6)ブ レ イ デ ィ の 指摘
と重 な り合 う もの で ,他 の 多 くの 作 品に もあて は ま る 。
例 えば ,The Retum of the 〈lative は 主 人公 の ク リム
とユ ース テ イ シ ア の そ れ ぞ れ の ambition が織 りなす 悲
劇 で あ り,The Woodl α nders (1887)の グ レ ース ・メ
ル ベ リー (Grace Melbury )は 父親 の 世 俗的 な 野 心 の
犠牲者で あ り,同様 に Tess Ofthe d

Urbθrvitles の 女 主
人公テ ス もまた 両親,特 に 母親 の 世俗 的 な野心 の 犠牲
者 で あ る と言 え よ う。 さ ら に ,
ハ ーデ ィ の 最 後 の 小説
Jude the Obscwreの 主 人公 ジ ュ ー ドは バ ーデ ィが描 い
た最 もambitious な 人物で ,彼の 悲劇は 大学 へ の 入学
と い う信念 に も似 たambition が 階 級 の 壁 に 阻 ま れ て 破
れ る こ と に起 因 する 。 こ の よ うに ハ ーデ ィ は 人 間の
ambition の 問題 をさ ま ざまな角度か ら繰 り返 し扱 っ て
い る が ,バ ーデ ィ は 人 が ambition を 抱 くこ とそ れ 自体
を非難 して い る わけで は な い 。 バ ーデ ィ が わ れ わ れ 読
者 に示 そ うと した こ とは ,ambition を抱 くこ とで 人 が
し ば し ば 自己中心 的 に な っ て 冷静 さ を失 い ,非理 性 的 ,
非 現実 的 な生 き方 をす る よ うに な り,そ の 結果 自ら を
破 滅 に 導 きかね ない とい うこ とで あ る。
エ ミ リーへ の 激 しい 嫉 妬 か ら結婚 相 手 の 選 択 を 誤
り,結婚 して か ら は 彼女へ の 階級意識 を と もな っ た対
抗心 に 突 き動 か され て 自ら破 滅 へ の 道 をた どっ た ジ ョ
ア ン ナ 。 The M α yor of Ca5terbridge の 中 で バ ーデ ィ
は ‘Character is Fate.’ と い う ノ ヴ ァ ー リ ス
(Novalis)の 言 葉 を 引用 して ,7>主 人公 ヘ ン チ ャ ー ド
の 性格 が 彼 自身の 運 命 を決 定づ け た こ と を指摘 して い
る が ,こ の 言 葉 が ジ ョ ア ン ナ に も当 て は ま る こ とは 明
らか だ ろ う。 性格 に 関 して 言 えば ,エ ミ リーは ジ ョ ア
ン ナ とは対 照的 に 野心 とは無縁で ,現 実を ある が ま ま
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。