gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-24 14:48:07 | 日記
Hardy の To PZeαse His wrfeをめ ぐっ て
大 桃 道 幸1)
(2003年 9月30日受付 ,2003年12月26日受理 )
要 旨 : トマ ス ・バ ーデ ィ の 短 編 小 説 To Pl・eCtse His JV2feは , 野 心 の た め に 夫 と二 人の 息 子 を失
っ た 女性ジ ョ ア ン ナ の 半生 を描 い た作品で あ る。 バ ーデ ィ の 短編小 説 は 長編小 説 に比べ ,過小
評価 さ れ て きた 嫌 い が あ り,To Pleα se His pmtfeも また その 例 に 漏 れ ず ,因果応 報 ,自業 自得
の 単 純 な物 語 と し て片付 け ら れ が ち で あ る 。 しか しな が ら , 小説家 バ ーデ ィ の 円熟 期 に 書 かれ
た こ の 作 品 は そ の 簡潔な ペ ーソ ス あふ れ る 筋立 て の 中 に ,結 婚 ,階級 (意 識),野心 ,教 育,
出世 とい っ た 同時期 に 書か れ た 長編小 説に 共通す る テ ーマ が織 り込 ま れ て い て ,バ ーデ ィ 文学
を理 解 す る 上 で見 落 とせ な い 作 品 と な っ て い る。バ ーデ ィ は ま た ,主 人 公 の ジ ョ ア ン ナ を野心
の ため に 身 を滅 ぼ した一人の 愚 か な女性 か ら く船乗 りの 妻〉 と い う普遍 的 な悲劇 の ヒ ロ イ ン へ
と高 め る こ と に よ り,To Pl・eCtse His w ’ifeを時 空 を超 え た 感動的 な悲 劇的作品 に して い る 。
キ ーワ ード 結婚 ,階級 ,野 心 ,教育 ,出世
1 は じ め に
英 国 の 小 説 家 で あ り詩 人 の トマ ス ・バ ーデ ィ
(Thomas Hardy ,1840 − 1928 ) は Far from the
M α dding Crowd (1874),The Retum 〔}f the Native
(1878),The Mayor cf Cα sterbridge (1886),Tθss of
the (オ’Urbe7vittes (1891),Jud θ the Obscure (1895)
な どの 長編小 説の 作者 と して 一般 に 知 ら れ て い る が ,
短編小 説 も42編 書い て お り, 短編小 説作 家 と して の 一
面 も持 ち合わ せ て い る 。 バ ーデ ィ の 短編 小説 は我 が 国
に お い て は ,彼の 長編 小説 と同 様,早 くも明治時代 に
紹介さ れ ,そ の 幾つ か は翻訳 さ れ て 広 く親 し ま れ て き
た し,また注釈 をほ どこ さ れ て 英語の 教 科書 と して も
よ く読 まれ て きた。しか しなが ら,バ ーデ ィ の 主 要 な
長 編小 説 に つ い て は 国 内外 を問わ ず既 に夥 しい 研 究が
な されて い る 反 面,短 編小説 に 関 して の研究 は 微々 た
る もの と言 っ て よい 。ハ ーデ ィ の 長編小 説 はそ の 多義
性 ゆ え に 読 み 応 えが あ る と 同時 に また 難解 で もあ る 。
バ ーデ ィの 短編 小 説 を研 究す る こ とは,そ の 短編小 説
その もの の 再 評価 をす る と同時 に ,長編小 説 の 鑑賞 を
助 け,
ハ ーデ ィ 文 学 を よ り深 く理解 す る た め の 一助 と
な る だ ろ う。 本稿 で は その よ うなバ ーデ ィ の 短編小 説
の 中か ら 『帰 らぬ 船 』,「妻 ゆ え に 』 な どの 邦題 で 親 し
ま れ て き たTo Please His 障蜘 (1891) を取 り上 げて
論 じて み た い 。 最初 に 本論 の 理解 を 助 け る た め に 作 品
の 梗概 を記 す こ と に す る 。
H lb P 陀α5 θ 翫 s Wtfeの 梗概
第 1 部 或 る 冬 の 日曜 日の 午後 。港 町 ヘ イ ヴ ン プ ール
の セ ン ト ・ジ ェ イ ム ズ 教会 で は礼 拝が 終わ り,会衆は
帰 ろ うと立 ち上が る とこ ろ だっ た。す る とそ こ に一人
の 男が戸 口 に 現れ ,内陣 の 階段 まで 進 ん で きた 。男 は
こ の 町 の 生 まれの 若 い 船乗 りで ,数年前 に 町 を出て ニ
ュ ーフ ァ ウ ン ドラ ン ド貿 易 に従 事 して い た シ ェ イ ドラ
ッ ク ・ジ ョ リ フ (Shadrach Jolliffe ) だ っ た 。彼 は 海
難 を逃 れ て 無 事 に帰 郷で きたの で , 感謝 の 祈 りを捧 げ
に 来た の だ。 教 会 か らの 帰 途 誰彼 と無 く言葉 を交 わ
して い た シ ェ イ ドラ ッ ク は 前 を歩い て い る 二 入 の 娘 に
追 い つ く。 二 人 は 幼 な じ み の エ ミ リー ・ハ ニ ン グ
(Emily Hanning ) と ジ ョ ア ン ナ ・フ ィ ッ パ ー ド
(JoannaPhippard)だ っ た 。 そ の 後シ ェ イ ドラ ッ ク は
父 親 と暮 らす エ ミ リーの 家 に立 ち寄 り,お茶 をご 馳走
に な りなが ら ,船乗 り生活の 話 な ど をす る 。 エ ミ リ ー
は こ の 晩 シ ェ イ ドラ ッ ク に心 を奪 わ れ て し まい ,・.一,
二 週 間 もする と,彼 らの 間 に は暗黙 の うち に 結婚 の 了
解が な りた つ e
翌 月の 或 る夜 の こ と。町外 れ を歩 い て い た シ ェ イ ド
ラ ッ ク は た また まジ ョ ア ン ナ に 出 くわ し,二 人 は並 ん
で 歩 くこ と に なる 。そ して こ の 時 を契 機 に ジ ョ ア ン ナ
1群 馬大学医 学部保健学科
N 工 工 一Eleotronio Library
Gunma University
NII-Electronic Library Service
1Sunma University
104
は シ ェ イ ドラ ッ クの 心 をエ ミ リーか ら引 き離 して しま
い ,そ の 後彼は ジ ョ ア ン ナ と つ き合 う よ うに な る。 や
が て ,二 人 は 結婚 す るつ も りらしい が,エ ミ リーが ひ
ど く落胆 して い る とい う噂が 波 止場 界隈 に 広 ま る よ う
に なる 。エ ミ リーが 深 く悲 しん で い る との 噂 を聞 い た
ジ ョ ア ン ナ は 良心 が咎 め ,噂 が 本 当な ら,シ ェ イ ドラ
ッ ク をエ ミ リ ーに 返 して や っ て も よい と考え,彼に 宛
て て 婚 約解 消 の 手紙 を書 き, 或 る朝そ れ を手に 出か け
る 。エ ミ リーが本 当 に悲 しん で い る の を 確か め た 上 で ,
そ の 手紙 を 投函 す る つ も りで あ っ た 。 ジ ョ ァ ン ナ は も
と もと シ ェ イ ドラ ッ ク を深 く愛 して い た わ けで は な か
っ た し,もっ と身分 の 高 い 男性 と結 婚す る こ と を考 え
て い たか らだ。
エ ミ リ ーの 家 に や っ て きて み る と,そ の 文 房具 店の
店先に 彼女 の 姿は な く,ほ どな くして 店 の 外 に シ ェ イ
ドラ ッ ク の 姿が現 れ た ため ,ジ ョ ア ン ナ は店の 奥に 身
を隠す。そ して そ こ で 彼女 は用 事か ら戻 っ て きた エ ミ
リ ーとシ ェ イ ドラ ッ ク の 会話 を聞 き,二 人 の 様子 をカ
ーテ ン の 陰か ら見 る こ と に な る。 する と,ジ ョ ア ン ナ
が い る こ と も知 らず ,シ ェ イ ドラ ッ クは エ ミリ ーを抱
擁 し, 彼 女 に愛 を告 白す る 。 ジ ョ ア ン ナ は 激 しい 嫉妬
に か ら れ ,密か に そ の 場 を離れ る と,家 に 戻 り, シ ェ
イ ドラ ッ ク を エ ミ リ ーに 譲 る 決心 を覆 し て ,手紙 を焼
き捨 て て しま う。
その 後 シ ェ イ ドラ ッ ク は婚 約 の解 消 を求 め て ジ ョ ア
ン ナ に手紙を書 き送 る が ,い っ こ うに返 事 が来 ない の
で ,不安 に駆 られ て 直接彼女 を訪 ね る 。す る と応 対 に
出た 彼女の 母 親か ら ,ジ ョ ア ン ナ が ひ ど く悲 しみ体調
を崩 して い る こ とを聞 き,自責 の 念 か ら婚 約解 消の 話
を 白紙に 戻 し,彼 は ふ た た び ジ ョ ア ン ナ とつ き合 う よ
うに な る 。ほ どな くして , シ ェ イ ドラ ッ ク は エ ミ リー
に 自分 の 過 ち を詫 び る 手紙 を出 し,約 束 通 りジ ョ ア ン
ナ と結婚 す る 。
第 2 部 結婚 後 ,シ ェ イ ドラ ッ ク は た また ま売 りに 出
て い た 食料 品店 を ひ きつ い で 商 売 を始 め る が ,経験 も
商 才 もない の で , た い した 成功 も し な い 。 夫婦の 間 に
は 二 人の 男 の 子 が 生 まれ ,ジ ョ ア ン ナ は彼 らを溺愛 す
る 。
他方 ,
エ ミ リーは傷心 の あま り誰 と も結婚 し ない つ
も りで い た が ,裕福 な 商人 に見そ め られ ,根気 よ く求
婚 さ れ た た め ,と うと う彼 と の 結婚 を承 諾す る 。や が
て 彼 らの 間に も二 人 の 子供が 生 まれ ,エ ミ リーは 以前
は 予 想だ に しな か っ た 幸福 な生 活 を送 る よう に な る。
エ ミ リーの 家 は 皮肉 に も本通 りをは さ ん で シ ェ イ ドラ
ッ ク と ジ ョ ア ン ナが 営む 店の 真向か い に 位置 し て い た
の で ,ジ ョ ア ン ナ は何 か に つ けて エ ミ リ ーを意 識 し,
玉 の 輿 に乗 っ た 彼女 の 生 活 ぶ りを 自分 の そ れ と引 き比
べ る よ うに な る 。 そ して 子供た ちの 教育 の こ とを考 え
る と,ジ ョ ア ン ナ の 不 満 は高 まっ て ゆ くの で あ っ た 。
或 る夏 の こ と。ジ ョ ア ン ナ は シ ェ イ ドラ ッ ク が 今 の
生 活に特 に不 満 を感 じて い ない 様 子 に い らだ ち, 自分
や 子 供 た ちの た め に もっ と金 を稼 ぐ方 法 は な い の か と
彼 に 問 う。商 才 の な い こ と を 自覚 して い た シ ェ イ ドラ
ッ ク は ,自分 がふ た たび船乗 りに なっ て 働 くこ と を提
案 す る。 もと も と後家 の よ うな船 乗 りの 妻 の 生 活 を嫌
っ て い た ジ ョ ア ン ナ で は あっ たが ,そ ん な気 持 ち も野
心 の 前 には お さえ ら れ て ,彼 の提案 に 同意する 。
シ ェ イ ドラ ッ ク は最初の 数ヶ 月沿岸貿易に従 事 した
後,翌 年 の 春 に な っ て ニ ュ ーフ ァ ウ ン ドラ ン ドに 向 け
て 出航 す る 。 や が て 予 定 よ り一ヶ 月ほ ど遅れ た 雨 の 降
る夜遅 く,彼 の 船が 帰港 し,シ ェ イ ドラ ッ ク が ジ ョ ア
ン ナ の 前 に 無事戻 っ て くる 。投機 的 な仕 事で ひ と山 当
て た 彼 は ,金貨で ふ くれ あが っ た袋 を持 ち帰 っ た。 次
の 日曜 日 ,シ ェ イ ドラ ッ ク は 教 会 で 神 に 感謝 の 祈 りを
捧 げ る 。だが,向か い に 住 む エ ミ リーの 裕福な 生活ぶ
りを絶 えず意識 して 暮 らす ジ ョ ア ン ナ に と っ て ,夫 の
稼 ぎは まだ 充分 な もの とは 言 え ず ,不満 はい っ こ うに
解 消 され ない 。
そ の 後 , ジ ョ ア ン ナ は悲 しげ に 家の 中 や 店先 を動 き
回 り, 息 子達 も相変 わ らず港 の あた りで 働 くうち に一
年が過 ぎよ うと して い る 。 そ ん な 或る 日,妻の 不満を
気 に か けて い た シ ェ イ ドラ ッ ク は ,もう一度 航海 に 出
て み よ うか と妻 に切 り出す。 そ して ,も し二 人 の 息子
を一緒 に 連れ て ゆ けば ,稼 ぎは三 倍 に な る と言 う。こ
の 提案 を 聞い た ジ ョ ア ン ナ は顔 色 を変 え,危 険 な 海 に
息子 達 を 出す な ど とん で もな い と言 っ て 反発 す る 。だ
が 相変わ らず エ ミ リーを意識 し ,自分 た ちの 生活 が貧
しい こ と を夫 に こ ぼ す彼 女 の 心 の 中で 次 第 に 野心 が ふ
くら ん で ゆ く。 二 人の 息 子達 は シ ェ イ ドラ ッ ク の 計画
を聞 くとすっ か り乗 り気 に な り,そ の 後長 い 間承 諾 を
出 し渋 っ て い た ジ ョ ア ン ナ で は あ っ た が ,と うと う彼
らの 出航 に 同意 して しま う。
第 3 部 春 の 或 る 月曜 日の 朝,船 は 出航 した 。 ジ ョ ア
ン ナ は 夫 と息 子達 の 出発 を 見送 ら な か っ た 。 別 れ の 光
景 が耐 え難 か っ た か らだ 。 その 日の 朝起 きて み る と ,
夫 や 息子 た ちの 姿は な く,事務机 の 上 に は 夫の 言葉 と
息 子 た ち の 別れ の 言葉 が 白墨 で 書 き残 さ れ て い た。彼
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。