gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-24 14:30:30 | 日記
[ソースを編集]
組織[ソースを編集]
学部[ソースを編集]
総合科学部
総合科学科[2]
総合科学プログラム[3]
注:2012年度入学生まで、地域文化プログラム、社会文化プログラム、人間文化プログラム、言語文化プログラム、行動科学プログラム、スポーツ科学プログラム、生命科学プログラム、数理情報科学プログラム、総合物理プログラム、自然環境科学プログラムが存在
文学部
人文学科[4]
哲学・思想文化学コース
哲学・思想文化学プログラム[5]
歴史学コース
歴史学プログラム[6]
地理学・考古学・文化財学コース
地理学・考古学・文化財学プログラム[7]
日本・中国文学語学コース
日本・中国文学語学プログラム[8]
欧米文学語学・言語学コース
欧米文学語学・言語学プログラム[9]
注:各プログラムに分かれるのは2年次から
教育学部[10]
第一類(学校教育系)
初等教育教員養成コース
初等教育教員養成プログラム
特別支援教育教員養成コース
特別支援教育教員養成プログラム
第二類(科学文化教育系)
自然系コース
中等教育科学(理科)プログラム
数理系コース
中等教育科学(数学)プログラム
技術・情報系コース
中等教育科学(技術・情報)プログラム
社会系コース
中等教育科学(社会・地理歴史・公民)プログラム
第三類(言語文化教育系)
国語文化系コース
中等教育科学(国語)プログラム
英語文化系コース
中等教育科学(英語)プログラム
日本語教育コース
日本語教育プログラム
第四類(生涯活動教育系)
健康スポーツ系コース
健康スポーツ教育プログラム
人間生活系コース
人間生活教育プログラム
音楽文化系コース
音楽文化教育プログラム
造形芸術系コース
造形芸術教育プログラム
第五類(人間形成基礎系)
教育学系コース
教育学プログラム
心理学系コース
心理学プログラム
法学部[11]
法学科昼間コース
公共政策プログラム
ビジネス法務プログラム
注:各プログラムに分かれるのは2年次から
法学科夜間主コース
法政総合プログラム
経済学部[12]
経済学科昼間コース
現代経済プログラム
経済学科夜間主コース
経済・経営統合プログラム
理学部
数学科[13]
数学プログラム
物理科学科[14]
物理学プログラム
化学科[15]
化学プログラム
生物科学科[16]
生物学プログラム
地球惑星システム学科[17]
地球惑星システム学プログラム
医学部
医学科(6年制)[18]
医学プログラム
保健学科[19]
看護学専攻
看護学プログラム
理学療法学専攻
理学療法学プログラム
作業療法学専攻
作業療法学プログラム
歯学部
歯学科(6年制)[20]
歯学プログラム
最先端歯学研究コース
臨床歯科医学コース
注:上記2コースは3年次後期から5年次前期に歯学プログラムと並行して履修する専門プログラム(歯学プログラムは1年次から)。
国際歯学コース(インドネシア・ベトナム・カンボジアの協定大学から推薦された留学生に限る)
口腔健康科学科[21]
口腔保健衛生学専攻: 口腔保健衛生学プログラム
口腔保健工学専攻: 口腔保健工学プログラム
薬学部
薬学科(6年制)[22]
薬学プログラム
薬科学科[23]
薬科学プログラム
工学部[24]
第一類(機械システム工学系)
機械システム工学系プログラム
生産システム工学課程
エネルギー工学課程
設計工学課程
知能機械工学課程
注:課程配属は2年次前期
第二類(電気・電子・システム・情報系)
電気・電子・システム・情報系プログラム
電子システム課程
電気システム制御課程
情報工学課程
注:課程配属は2年次前期(上記の教育プログラム・課程は2015年度以降入学生に適用)
2014年度入学生まで
電子システムプログラム
電子システム課程
電気電子工学プログラム
電気電子工学課程
システム工学プログラム
システム工学課程
情報工学プログラム
情報工学課程
第三類(化学・バイオ・プロセス系)
応用化学プログラム
応用化学課程
化学工学プログラム
化学工学課程
生物工学プログラム
発酵工学課程
注:教育プログラム・課程配属は2年次後期
第四類(建設・環境系)
社会基盤環境工学プログラム
社会基盤環境工学課程
輸送機器環境工学プログラム
輸送機器工学課程
環境共生システム課程
建築プログラム
建築学課程
建築工学課程
注:教育プログラム配属は2年次前期、さらに課程配属は3年次前期
生物生産学部
生物生産学科[25]
生物圏環境学コース
生物圏環境学プログラム
水産生物科学コース
水産生物科学プログラム
動物生産科学コース
動物生産科学プログラム
食品科学コース
食品科学プログラム
分子細胞機能学コース
分子細胞機能学プログラム
注:2年次に各コースに配属
大学院[ソースを編集]
総合科学研究科(博士前期課程・博士後期課程)
総合科学専攻[26]
人間科学部門
生命科学研究領域
分野:生命科学、脳科学
人間行動研究領域
分野:認知行動科学、人間行動科学
身体運動科学研究領域
分野:身体運動科学
言語研究領域
分野:言語科学
人間存在研究領域
分野:人間存在論
環境科学部門
自然環境研究領域
分野:環境生態学、地球表層環境科学
総合物理研究領域
分野:複雑系物理学、相関系物理学
情報システム環境領域
分野:情報システム環境学
社会環境研究領域
分野:地域環境論、現代社会論
文明科学部門
文明史基礎研究領域
分野:文明史文化史研究、文化人類学、社会文化研究
地域研究領域
分野:広域アジア研究、広域ヨーロッパ研究、英米研究
21世紀科学プロジェクト群[27]
総合科学研究プロジェクト
言語と情報研究
文明と自然研究
リスク研究
資源エネルギー研究
平和科学研究プロジェクト
ヒロシマ平和学
文学研究科[28](博士前期課程・博士後期課程)
人文学専攻
総合人間学講座(教育研究分野:人間文化学分野)
専門分野:比較日本文化学
応用哲学・古典学講座(教育研究分野:思想文化学分野)
専門分野:哲学、インド哲学、倫理学、中国思想文化学
歴史文化学講座(教育研究分野:歴史文化学分野)
専門分野:日本史学、東洋史学、西洋史学
日本・中国文学語学講座(教育研究分野:日本・中国文学語学分野)
専門分野:日本文学語学、中国文学語学
欧米文学語学・言語学講座(教育研究分野:欧米文学語学・言語学分野)
専門分野:アメリカ・イギリス文学、ドイツ文学語学、フランス文学語学、英語学、言語学
地表圏システム学講座(教育研究分野:地表圏システム学分野)
専門分野:地理学、考古学、文化財学
教育学研究科
博士課程前期[29]
学習科学専攻[30]
学習開発基礎専修
カリキュラム開発専修
カリキュラム開発研究プログラム
初等教育開発プログラム[31]
特別支援教育学専攻[32]
科学文化教育学専攻[33]
自然システム教育学専修
自然システム教育学研究プログラム
中等教科教育開発プログラム(理科教育)[34]
数学教育学専修
数学教育学研究プログラム
中等教科教育開発プログラム(数学科教育)[35]
技術・情報教育学専修
社会認識教育学専修
社会認識教育学研究プログラム
中等教科教育開発プログラム(社会科教育)[36]
言語文化教育学専攻[37]
国語文化教育学専修
国語文化教育学研究プログラム
中等教科教育開発プログラム(国語科教育)[38]
英語文化教育学専修
英語文化教育学研究プログラム
中等教科教育開発プログラム(英語科教育)[39]
日本語教育学専修
生涯活動教育学専攻[40]
健康スポーツ教育学専修
健康スポーツ教育学研究プログラム
中等教科教育開発プログラム(保健体育科教育)[41]
人間生活教育学専修
音楽文化教育学専修
造形芸術教育学専修
教育学専攻[42]
教育学研究プログラム
学校経営・行政開発プログラム[43]
心理学専攻[44]
標準コース(標準的教育プログラム)
心理臨床学コース(臨床心理士養成教育プログラム)
高等教育開発専攻[45]
留学生特別コース
博士課程後期
学習開発専攻[46]
文化教育開発専攻[47]
教育人間科学専攻[48]
社会科学研究科(博士前期課程・博士後期課程)[49]
法政システム専攻[50]
履修プログラム(前期課程)
公共法政プログラム
ビジネス法プログラム
グローバル法政プログラム
社会経済システム専攻[51]
履修プログラム(前期課程)
ファイナンスプログラム
経済分析プログラム
公共政策プログラム
比較経済システムプログラム
マネジメント専攻[52]
履修プログラム(前期課程)
マネジメントプログラム
アジアマネジメントプログラム
理学研究科[53](博士前期課程・博士後期課程)
数学専攻
代数数理講座
研究分野:代数数理
多様幾何講座
研究分野:多様幾何
数理解析講座
研究分野:数理解析
確率統計講座
研究分野:確率統計
総合数理講座
研究分野:総合数理
物理科学専攻
宇宙・素粒子科学講座
研究分野:素粒子論(理論)、宇宙物理学(理論)、クォーク物理学(実験)、高エネルギー宇宙(実験)、可視赤外線天文学(実験)
物性科学講座
研究分野:構造物性学、電子物性学、光物性学、分子光科学
放射光科学講座[54]
研究分野:放射光物性学、放射光物理学
化学専攻
分子構造化学講座
研究分野:構造物理化学、固体物性化学(無機固体・構造・物性)、錯体化学(金属錯体の合成・構造・反応)、分析化学(分光分析化学・分離化学・溶液化学)、構造有機化学(有機合成化学・超分子化学・構造有機化学)、光機能化学
分子反応化学講座
研究分野:反応物理化学(化学反応論・反応動力学)、量子化学(理論化学・計算化学・分光学・分子集積体の物性・高分子物性)、有機典型元素化学、反応有機化学、放射線反応化学
生物科学専攻
動物科学講座
研究分野:発生生物学、細胞生物学、情報生理学
植物生物学講座
研究分野:植物分類・生態学、植物生理化学、植物分子細胞構築学
多様性生物学講座[55]
研究分野:海洋分子生物学、島嶼環境植物学
両生類生物学講座[56]
研究分野:両生類発生遺伝学、両生類多様化機構学、両生類分化制御機構学
植物遺伝子資源学講座[57]
研究分野:植物遺伝子資源学
地球惑星システム学専攻[58]
研究分野:地球惑星進化学、地球ダイナミクス、地球環境・資源学
数理分子生命理学専攻
数理計算理学講座
研究分野:非線形数理学、現象数理学、複雑系数理学
生命理学講座
研究分野:分子生物物理学、自己組織化学、生物化学、分子遺伝学、分子形質発現学、遺伝子化学
先端物質科学研究科(博士前期課程・博士後期課程)
量子物質科学専攻[59]
量子物質科学講座[60]
量子物性講座[61]
分子生命機能科学専攻[62]
分子生命機能科学講座[63]
生命システム科学講座[64]
半導体集積科学専攻[65]
半導体集積科学講座[66]
集積システム講座[67]
半導体・バイオ融合教育プログラム
全専攻の学生を対象とした履修プログラム
医歯薬保健学研究科[68]
医歯薬学専攻(4年制博士課程)
医学専門プログラム[69];医学講座
歯学専門プログラム[70];歯学講座
薬学専門プログラム[71];薬学講座
放射線医科学専門プログラム[72];放射線医科学講座【協力講座】
薬科学専攻[73](博士前期課程・博士後期課程)
薬科学講座
保健学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
看護開発科学講座[74]
心身機能生活制御科学講座[75]
口腔健康科学専攻[76](博士前期課程・博士後期課程)
口腔健康科学講座
クリニカルコース(前期課程)
リサーチコース(前期課程)
医歯科学専攻(修士課程)[77]
医歯科学コース
医学物理士コース
工学研究科(博士前期課程・博士後期課程)[78]
機械システム工学専攻
機械システム工学講座[79]
機械物理工学専攻
機械材料工学講座[80]
エネルギー工学講座[81]
システムサイバネティクス専攻
システム基礎講座[82]
サイバネティクス応用講座[83]
情報工学専攻
情報工学講座[84]
化学工学専攻
化学工学講座[85]
応用化学専攻
応用化学講座[86]
社会基盤環境工学専攻
構造工学講座[87]
環境工学講座[88]
輸送・環境システム専攻
輸送・環境システム講座[89]
建築学専攻
建築構造学講座[90]
建築計画学講座[91]
生物圏科学研究科(博士前期課程・博士後期課程)
生物資源科学専攻[92]
陸域動物生産学講座
教育科目:家畜育種遺伝学、家畜生殖学、家畜飼養学、家畜生体機構学、家畜管理学
水圏生物生産学講座
教育科目:水族生理学、水族病理学、水族生態学、水圏資源生物学、水族生化学、水産増殖学
食料資源経済学講座
教育科目:食料生産管理学、食料市場学
瀬戸内圏フィールド科学講座【協力講座】
教育科目:陸域生物圏フィールド科学、海域生物圏フィールド科学
生物機能開発学専攻[93]
分子生命開発学講座
教育科目:免疫生物学、酵素化学、微生物機能学、生態機能物質化学、生体分子機能学
食資源科学講座
教育科目:海洋生物資源化学、動物資源化学、食品物理学、食品工学、食品衛生学、分子栄養学、醸造資源開発学[94]
環境循環系制御学専攻[95]
環境予測制御論講座
教育科目:陸域・大気循環予測論、気水圏循環変動予測論、水域循環制御論、植物栄養生理学、海洋環境制御論[96]、陸域生態系制御論[97]
環境評価論講座
教育科目:海洋生態系評価論、海洋生態系進化論[98]、浅海域環境保全論[99]、植物環境評価論、植物環境分析学、微生物環境評価論
国際協力研究科(博士前期課程・博士後期課程)
開発科学専攻
開発政策講座;開発政策コース
開発技術講座;開発技術コース
平和共生講座;平和共生コース
教育文化専攻
教育文化講座
教育開発コース
文化コース
法務研究科(専門職学位課程、法科大学院)
法務専攻[100]
2年コース(法学既習者)
3年コース(法学未習者)
博士課程教育リーディングプログラム
放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム[101]
放射線災害医療コース(4年制)
放射能環境保全コース(5年制)
放射能社会復興コース(5年制)
専攻科[ソースを編集]
特殊教育特別専攻科
知的障害教育専攻
学術院[ソースを編集]
教員組織として2016年4月1日に設置。教員の所属が従来の研究科・研究院などから学術院に移行[102]。
人文学分野
ユニット:哲学・倫理学・宗教学・芸術学、人類学・地理学・歴史学、英語圏文学・英語学、外国文学・外国語学、日本文学・日本語学
社会科学
ユニット:法学・政治学、経済学・経営学、社会学、心理学、教育学、教科教育学、スポーツ科学
理工学
ユニット:数学、情報学、地球科学・環境学、素粒子・宇宙物理・天文学、物性物理、基礎化学、応用化学・化学工学、機械・総合工学、電気電子・システム工学、社会基盤・建築学
生物・生命科学
ユニット:農学、生物工学、生物環境、基礎生物学、生命科学、生命薬科学、生命医科学、生命歯科学
健康科学
ユニット:社会医学、臨床医学(内科系)、臨床医学(外科系)、臨床歯学、保健学
附属機関・施設[ソースを編集]

情報メディア教育研究センター[本館]

ナノデバイス・バイオ融合科学
研究所

中央図書館

宇宙科学センター附属東広島天文台
附置研究所
原爆放射線医科学研究所
放射線障害機構研究部門
細胞修復制御研究分野、放射線細胞応答研究分野、疾患モデル解析研究分野、ゲノム発現情報研究分
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。