Hanana

絵と自然に彷徨うクマの一時保管庫。不完全なまま入れてあります。

金沢「武家屋敷跡野村家」山口梅園・長谷川泉景

2017-05-14 | Art

先日ですが、金沢の長町、武家屋敷が残る通りを散歩してきました。

金沢はほとんど初めてなので、戦災を免れた江戸時代の街並みにキョロキョロ。

水路の水も透明。

大通りはバスも通れるけれど、一本中に入ると道幅も3mちょっと。車のなかった時代のたたずまい。

長町は、中・下級武士の住んだエリアとのこと。


「武家屋敷跡 加賀藩千二百石野村家」を見学。大人550円。予備知識もなく入ってみたら、とてもよかった。



読解力のなさで解説がいまいち咀嚼できないまま、中に入ると、錦鯉が泳ぐたいそう美しいお庭。花鳥風月の襖絵や襖間に彩られた部屋、貴重な木材をふんだんに使った茶室。藩主をお迎えするための上段の間。

武家屋敷っぽくない豪華さはなんだろう??中・下級武士の家に藩主が遊びに来るかな??この建物はそもそもいつだれが建てたのじゃ?

帰宅してから検索し、やっと建物の経緯が理解できました。

・前田利家の代から仕えていた1200石の加賀藩士、野村家がここに1000坪を拝領し、11代にわたり明治初期まで住んでいた。

・明治維新後の武家制度の崩壊により、野村家も紆余曲折。塀や古木の一部を残して土地は分割され、建物も解体された。

・一方、金沢藩の支藩、大聖寺藩の橋立町に、北前船交易で財を成し、藩の財政にもかかわっていた、6代目久保彦兵衛という豪商がいた。天保14年(1843年)、彦兵衛は橋立町に屋敷を建てた。その離れ部分は、お殿様を招くための御殿だった。

・昭和16年(1941年)、久保家は、この離れ御殿のみを、ここ金沢の長町に移築した。その際に、(現在のチケット売り場になっている)事務所や茶室が増設された。(ちなみに、屋敷の母屋部分は、昭和16年に金沢の寺井町に移築、その後2000年に大聖寺に移築された。蘇梁館として現役利用されている) 

ということ。

ならば、武家屋敷跡 野村家」というよりは、「北前船豪商 久保家」というほうが正確では。。。エリアが「長町武家屋敷跡」なので、観光上の制約でもあるのかな。



各部屋の襖絵に目が釘付け。

控えの間(だったと思う)の花鳥画。(保護ガラスにいろんな方が映り込んでしまいました)

好きな渡辺崋山や山本梅逸を思い出した。素人のとんちんかんな連想では、文人画の系譜のような。

鳥はなにやらキレが。


開け放してある面は、写真が掲示してあった。

実物


梅や水仙の香りが漂ってきそう。


さらに、謁見の間に入って目をみはる。4面すべて、白牡丹尽くし。

ぐるりと白牡丹にかこまれて寝てみたい~。

夢の世界のようなお部屋。牡丹だけ、それも白の牡丹一色の部屋というのは、国内に他にあるんだろうか。


なんて自由な絵師なんだろう、と思う。それとも、北前船で蝦夷地まで交易を広げた船主の自由な気質が反映されているんだろうか。

解説には、大聖寺藩士の山口梅園によるものと。梅園は、心流剣士の名手であり、一方で画を小原文英に学んだ、とか。

梅園の書も、剣士の気迫を思わせるげな達筆。


梅園はさらに京に赴き、浦上玉堂の息子の春琴に学んだとか。

昨年、千葉市美術館の「浦上玉堂と春琴・秋琴、親子の芸術」展で、春琴(1779~1846)を知ったばかり。春琴は、京の売れっ子絵師で、華やかな花鳥画が展示してあった。梅園の生年月日は出ていなかったけれど、いつ頃に春琴のところで学んでいたのだろう。


さらに仏間の梅園の襖絵には、玉堂の描く山を思い出した。



玉堂ほどぶっとんでいないところは、春琴の描く山のほうが近いのかも。

浦上春琴「四季山水図屏風」1821。(「浦上玉堂と春琴・秋琴、親子の芸術」展の画集からひろってみました)


山本梅逸も、春琴と共同で襖絵を合作するなど、交流があった。梅園も、春琴のところで梅逸と面識があっただろうか?

浦上春琴・山本梅逸・小田海僊「花鳥図合作」1834


梅園のことはこれ以上はわからなかったけれど、金沢や加賀の方に行けば、ご自宅やお寺に所蔵しているところがたくさんあるのかもしれない。もっと調査がなされるといいと思う。メジャーでは話題にならなくても、地方で活躍した魅力的な絵師がたくさんいるものだと嬉しくなる。


もう一人、お殿様をお迎えする「上段の間」の襖絵は、佐々木泉景(1773~1848)のもの。(上段の間は立ち入りはできませんでした。)

天井がドーム型~。

佐々木泉景は大聖寺生まれ。狩野派を学び、加賀藩の御用絵師となり、法眼の地位にまで登ったとか。ウイキペディアにも出ていました(こちら)。

上段の間は、華やかで奔放な謁見の間や控えの間と違い、格調高い感じ。

とてもよさそうなのに、遠くてよく見えなかった(涙)


建物内の「鬼川文庫」には、泉景の掛け軸も。「花鳥図」江戸時代後期


思いがけず、襖絵にはまりこんでしまいましたが、お庭も素晴らしかった。(2009年のミシュランの観光地格付けで2つ星に選ばれ、かつてアメリカの「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌で日本庭園ランキングで3位に選ばれたそう。)

足元まで水を引き込んだ造りに安らぎます。

皆さん、座り込んで離れがたい様子でした。

「上段の間」の障子は、中段が「ぎやまん」になっており、室内からも庭を眺められるようになっていました。

二階のお茶室へあがる階段わきの裏庭にも、さりげなく

兼六園のような大名の雲の上のような庭園でなくとも、一戸建てのお庭サイズでこじんまりと愛らしいのが欧米人にも人気なのかもしれません。


さりげなく欄間も凝っていました。

白牡丹の襖の上の欄間。勝手に「波に三日月図」と名付けてみる。


場所は忘れましたが、故事の「許由巣父」らしき欄間

東博で中村芳中の「許由巣父・蝦蟇仙人」を見たけれど(その日記)、芳中の牛と違い、こちらの牛は嫌がっている。


対の欄間の二頭の象はどういう故事なのでしょう??

欄間のことは全くわかりませんが、立体感と迫力ある彫りがすごい。

一番のお気に入り欄間。


周辺のぶらぶら歩きも含め、楽しい時間でした。

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京近代美術館工芸館「動物... | トップ | 野間記念館「横山大観と木村... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL