Hanana

絵と自然に彷徨うクマの一時保管庫。不完全なまま入れてあります。

東博 東洋館(アジアギャラリー)

2017-05-20 | Art

東京国立博物館 東洋館

茶の湯展のあと、近代美術館も行くつもりがなぜか気力なく、気分的には日本的なものと違うものがみたいな、西洋美術館常設でバロックでも見ようかな、それとも帰ろうかな、と歩きかけたところ、 ふと。

東洋館のバルコニーのこの人に呼ばれた。

 

学生のころ以来の東洋館。全く覚えていない。

5階までと地下一階。ミュージアムショップもあるとは知らなかった。
フロアごとに、エジプト、西域、中国、韓国、インド、東南アジア。

中国や韓国、ガンダーラの仏像や石像が多い。

先日、京都国立博物館で暗闇に間接照明で仏像が浮かび上がる空間に感嘆したけれど、灯台下暗し。

といっても仏像は時間がかかりそうなので、遠目に雰囲気だけでスルー。そのうちスケッチに来よう。

さくさく進みながら、気に入ったのだけ写真をとってきました。


お、さっき「茶の湯展」でみた天目茶碗のギリシャ版?!。

ミルフィオリ皿(地中海東部出土)1世紀


バテラ杯(地中海東部)前1~1世紀 これと足して二で割ると、ほんとに曜変天目かも。


金帯装飾ピュクシス(アレクサンドリア又はイタリア出土、前1~1世紀) 金蒔絵とやまと絵の融合のような。

これらはガラスなので、2000年経ってもそのままの鮮やかさ。しかも現代的なセンス。


エジプトゾーンに、ファラオの棺桶がある、と思ったらミイラ入りだったので、おののく。(パシェリエンプタハのミイラ(部分) エジプト、テーベ出土 第3中間期(第22王朝)前945~前730年頃) エジプト考古庁寄贈とのこと。

エジプトの木製の造形は、どれもインパクトあり。

うわっ。「牛の屠殺」エジプト 前2025~前1794頃 単純明快な方法ではある。今こん棒を投げたばかり、4000年前のその一瞬。

中王国時代の「少女像」。こちらも妙に迫ってくるものがあるなあ。


「トキ像」エジプト末期王朝(前664~前332) トキは、ヒヒとともに知恵の神トトの聖動物。


イランの青銅器の轡(くつわ)は、スリムで元気な胴体が、近代美術館の「動物集合」でみた佐々木象堂を思い出す。馬にくわえさせる馬具。前2000~1000年ごろとは。


中国の青銅器

「か(←漢字が難しい)Wine Warmer」夏~殷 三本足がお気に入り

饕餮文爵 殷


東洋館の中国絵画コレクションは、もとは市川米庵のコレクションから始まったそう。

馬守真「秦淮水榭図巻」明(1576) 南京の花街の妓女が書いた絵巻とは。

当時、妓女は、踊りや歌だけでなく、文人たちとやり取りをする書画や詩の能力も重要だったそう。この絵巻の巻頭は、名妓と知られた馬守真の自画像から。

続いて河の風景。たっぷりの余白、手慣れて細やかな筆。少し寂し気で心もとなげだけど、悟りに達している感じも。

 

清代へ。

改琦「蕉下美人図軸」清 1819年 清の代表的な人物画家とのこと

応挙の美人図に特徴的な「なで肩」は中国絵画の影響だったそう。バナナの葉も、渡辺始興や応挙はじめ、日本の絵師が時々書いている。ルーツを実際に観られて嬉しい。


こちらもバナナの葉と太湖石。凝芬「美人図軸」清 清後期の女性画家。

顔色が悪く、あおみどりっぽいほど。はかなげを通り越して、なにか病中にあるのだろうか?

太湖石とバナナの葉のデフォルメといい、どこかシュールレアリスティック。中国のレオノール・フィニ?


費丹旭の扇が良かった。このころの清はアヘン戦争に負け、混乱と激動の時代だと思うけれど、絵の世界はとても平和。

費丹旭「柳下美人扇面」清 1839年 さらさらと、これいいなあ。

費丹旭「採菱図扇面」清 1841年 ふんわりした空気

歌に合わせて行われる菱の実取りは、江南の水郷のイメージと、農村の女性の美しさを称える題材とのこと。

費丹旭の描く柳は、どれもいいなあ。


費丹旭「美人図扇面」清 1847 流麗なラインがいいなあ~。


中国絵画を堪能しました。この日は「美人と梅―清末の作品を中心に」ということで、6月28日までの展示。展示替えになったらまた行こう。


韓国は小物がかわいい。

日本の土偶も魅力的だけど、新羅土偶もぽっちゃり、ほほえましい。5世紀ごろ。

全長2センチくらい。

ドンキホーテとロシナンテみたいかも

縁日のミドリガメみたい


松岡美術館のコレクションでもひかれた、高麗の青磁象嵌 高級品なのにどこか素朴でかわいらしい感じ。


インドは、不思議だった。

前1500年の人型銅器は、なにかの信仰にかかわるものらしい。


でももっと不思議なのは、インドの細密絵画。肉眼で判別できないところに、超絶な描き込み。薩摩などの超絶技巧な器といい、アジアの神秘。

インドの細密画は仏教やジャイナ教の経典挿絵として始まり、中世から近世にかけて、古代の叙事詩やヒンドゥー教の神話、歴史的なエピソード、王や貴族の肖像、動物など、さまざまなテーマが描かれました。(HP)

6月11日までは、ムガール帝国の皇帝の肖像画 幅10センチほどの小ささ。色も背景も、美しいです。

ラフィー・ウッダウラ帝坐像  19世紀 

虫眼鏡も置いてあった。


ダーラー・シコー胸像 18世紀 教養高く、国民にも人気の高い王子だったけれど、弟に殺害されたとか。

スプーンほどの大きさの顔でも、髪の毛やひげの生え際まで写実的

肉眼ではわからないのに・・


最後にアンコール時代のもの

「黒褐釉象型容器」12~3世紀 つやつや、まるまるした象が愛らしい。クメール陶器は動物の形のものが多いそう。


あ、ベランダにいた人が。

ハヌマーン様でしたか~。ラーマーヤナにでてくる猿王。10センチ程、11世紀アンコール時代のカンボジアから。


ワンフロアに1~2人いるかいないかくらい、東洋館はたいへん空いていました。疲れたときのクールダウンにもよさそう。

入口の獅子はどこのだったかな??。また来るね。



 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 國學院大學博物館「絵で見る... | トップ | ダフィット・テニールス(子... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL