雑種犬みね侍の赤鼻DIARY(withちよ

愛犬ミネジを亡くし失意の日々・・・。たまに千代も出てきます。

手乗りピン子

2017-08-05 23:45:18 | 昆虫のこと
極小ピン子こと、ピン子2号ちゃん。
今日の夕方なんと手に乗せる?ことに成功しました♪




2017/8/5撮影
懐かしい…この感触♪♪
文旦の枝をモソモソ這っていたので指を近づけると乗ってきました。



ここは何処~??
戸惑いつつも手の上を探検するピン子2号。



でも体が小さいだけあり足取りというか足の当たる感触?が
思ったより弱々しかったです…。



方向転換。



こうやって見ると、小さいながらもガチャピン模様はしっかり出てますね。



それにしてもこうやってアゲハ幼虫を手に這わせるのなんて
何年ぶりでしょう?
もう…10年以上ぶりとかな気がします(^_^;)



子供の頃は裏庭にスダチの木があったので
そこに常にアゲハ幼虫がいて毎日のように観察していました。



当時の幼虫達は今から思うと栄養状態がよかったのか大きくてかなり活きがよかったです。
少し触ると怒って威嚇のツノを出していました。
なんとかそのツノを出させないように手に乗せるのに苦労した記憶があります(^_^;)



あのツノも当時は臭いなと思っていましたが、今から思うとそんなに臭くなかったような…。
いろいろ経験を積んだ今、世の中にはもっと臭いニオイが存在すると知りましたからね…。
例えば職場のおじさんのミドル脂臭とか…(泣)



おっと、話が脱線しました(^_^;)
ピン子2号は結局、5分程這わせて文旦の木に戻しました。
サンキュ~ピン子2号!!



っと暫くしてまた見ると、
なな、なんと、横に置いたニュ~文旦苗木の鉢に移動していました。
よく見ると…蟻がたかってる?!



観察してたらどうも文旦苗木には蟻が沢山いて
隙あらばピン子にちょっかい出してたみたいです。



鉢がちょうどいい避難場所になってたようですね。
よかった~。
けど蟻も何匹かは追いかけてきてたので手で追い払ってやりました。
やっぱり蟻は怖い。。

ピン子2号よ、そのままおニュ~苗木に移動してくれてもいいんだよ…と思いながら見ていたら。。



チーン
またまた元の苗木に戻っていました(^_^;)
残り少ない葉っぱを必死に食べていました…。



まぁ後2匹分くらいはギリギリ足りるかなぁ?とも思いますが、
はてさてどうなることやら…。








クリックお願いします
『虫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超絶極小ピン子あらわる! | トップ | 台風危機 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(●^o^●) (たか)
2017-08-12 20:37:52
み、みゆりさん!Σ(×_×;)!
触ってますね😱😱😱😱
すごい。あいかわらず(笑)
Re:(●^o^●) (みゆり)
2017-08-12 23:10:52
>>たかさん
触るというか這わせるというか(^_^;)でも久々の感触に興奮しました(^o^)♪ピン子の方も不思議な感触だったでしょうね~三十路の柔肌?堪能してくれてたらいいんだけどな(笑)あ、書くの忘れてましたがタイトルは手乗り金魚を意識しましたwと言ってもわかってくれる人は少ないかな(^_^;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

昆虫のこと」カテゴリの最新記事