帯とけの古典文芸

和歌を中心とした日本の古典文芸の清よげな姿と心におかしきところを紐解く。深い心があれば自ずからとける。

帯とけの「古今和歌集」 巻第二 春歌下(133)ぬれつつぞしゐて折りつる年の内に

2017-01-25 19:07:34 | 古典

             

 

                        帯とけの古今和歌集

               ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

和歌の真髄は中世に埋もれ木となり近世近代そして現代もそのまである。和歌の国文学的解釈は「歌の清げな姿」を見せてくれるだけである。和歌は、今の人々の知ることとは全く異なる「歌のさま(歌の表現様式)があって、この時代は、藤原公任のいう「心深く」「姿清げに」「心におかしきところ」の三つの意味を、歌言葉の「言の心」と「浮言綺語のような戯れの意味」を利して、一首に同時に表現する様式であった。原点に帰って、紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成ら平安時代の歌論と言語観に従えば、秘伝となって埋もれ朽ち果てた和歌の妖艶な奥義(心におかしきところ)がよみがえる。

 

「古今和歌集」 巻第二 春歌下133

 

弥生の晦日の日、雨の降りけるに、藤の花を折りて人に

遣はししける               業平朝臣

ぬれつつぞしゐておりつる年の内に 春は幾日もあらじと思へば

弥生のつごもりの日、雨が降っていたのに、藤の花を折って人に遣わした・歌……や好いの果て方の卑、おとこ雨降ったので、おとこ端を、折って・逝って、女に遣わした・歌               在原業平

(雨に・濡れながらも、強いて藤の花の枝を折った、年内にこの春は、あと幾日もないと思うので……おとこ雨に・濡れ筒ぞ、強いて・肢射て、折ってしまった、疾しのうちに張るは、逝くかも、存続しないだろうと思うので)

 

 

歌言葉の「言の心」を心得て、戯れの意味も知る

「弥生…春三月…や好い」「ひ…日…卑…いやしいもの…おとこ」「折…逝き」。

「ぬれつつ…濡れながら…濡れ筒…ものの雨に濡れた空虚なおとこ」「つつ…継続を表す…筒…中の空洞な物」「ぞ…強く指示する意を表す」「しゐて…しひて…強いて…むりやりに…しいて…肢射て…おとこ放ちて」「おりつる…折ってしまった…逝ってしまった」「年の内…年内…疾しの内…早過ぎる間に」「いくかも…幾日も…逝くかも」「あらじ…在らじ…存続しないだろう…生存しないだろう」「じ…打消しの推量を表す」。

 

尽き果てゆく春の花との別れを惜しむ優雅な心の表出。・あなたも同感でしょう。――歌の清げな姿。

もののお雨に濡れ筒となる、強いて・射た、早々に、張るは逝くかも、長くは生存しないと思うので。・おとこのさがだ、ゆるせよおみな。――心におかしきところ。

 

「伊勢物語」の中での業平の歌は、この程度の意味に留まらない。


 伊勢物語(八十)の語るところによれば、「昔、衰えたる家に、藤の花植えたる人ありけり。弥生のつごもりに、その日、雨そほふるに、人のもとへ折りて奉らすとてよめる」歌という。次のように読める「昔、家運衰えた家に、藤の花を植えていた人がいたのだった。弥生の末ごろに、その日雨がそぼ降るときに、身分高き・人の許に、折って奉るということで詠んだと思われる・歌……武樫おとこ、衰えみせた井辺に、おとこ端を植え付けていた男がいたのだった。八好いの果てごろ、その卑、おとこ雨そぼ降るおりに、身分高き・女人のもとへ、お枝逝って奉りますということで、詠んだらしい・歌」。

「奉らせる…(使者を遣わして)差し上げる」「奉る…謙譲語・尊敬語」によって、女人は、身分の高い人と言う事になる。「伊勢物語」では、主人公(業平自身と思っていい)は、多くの女と接しているが、身分の高い人は、恋を引き裂いた憎き藤原基経の妹、基経の養父で太政大臣藤原良房の妹か娘のうち誰かだろうと想像される。いずれも后となった人たちである。伊勢物語の文脈では、「藤の花房…藤氏の良房…にくき者たちの主」の垂れ房、強いてへし折って遣った、どうせあの男の華の春は長くはないだろうと思うので、という思いを密かに共有している人に送った歌となる。歌のエロスは、后となった女人との仲睦まじき昔のありさまとなり、伊勢物語は権力者への根深い抵抗の文芸の形相を見せる。

 

公の歌集では、、詞書から謙譲語・尊敬語を消すことによって「藤の花…藤氏」と言う戯れをも消し、世の中を恨む心が聞こえないようにしてある。

 

(古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帯とけの「古今和歌集」 巻... | トップ | 帯とけの「古今和歌集」 巻... »

古典」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事