帯とけの古典文芸

和歌を中心とした日本の古典文芸の清よげな姿と心におかしきところを紐解く。深い心があれば自ずからとける。

帯とけの「古今和歌集」 巻第二 春歌下(114)おしと思心は糸によられなん

2016-12-31 19:14:53 | 古典

             

 

                       帯とけの「古今和歌集」

                ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

「古今和歌集」の歌を、原点に帰って、紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成に歌論と言語観を学んで聞き直せば、歌の「清げな姿」だけではなく、隠れていた「心におかしきところ」が顕れる。それは、普通の言葉では述べ難いエロス(性愛・生の本能)である。今の人々にも、歌から直接心に伝わるように、貫之のいう「言の心」と俊成の言う「歌言葉の戯れ」の意味を紐解く。                                                                                                                                                                                                                                   

 

「古今和歌集」 巻第二 春歌下114

 

仁和の中将の御息所の家に、歌合せしける時に、

よみける               素性

おしと思心は糸によられなん 散る花ごとに貫きてとゞ止めむ

仁和の帝の、中将の御息所(皇子をお産みになった女御)と申し上げる方の家にて、歌合わせしようとした時に詠んだ・歌。 素性(法師・歌人として詠んだ歌として聞く)

(惜しいと思う、人の・心は、糸に撚ることができればなあ、散る木の花ごとに、確り繋ぎ止めたいと思う……お肢・惜しいと思う女心は、糸に撚れたらなあ、散るお花ごとに、確り繋ぎて、我が・止めてやろう)

 

この歌合の詳細はわからないが、推定するに、光孝天皇崩御(889)の後、喪明けを待って、もとは天皇の企画された歌合だったが御息所の里の家で開催されたのだろう。御息所には哀傷の癒えない時だっただろう。このように仮定すると、前の(108)、藤原後蔭(御息所の兄と思われる)の歌や、この素性の歌の主旨がわかりやすくなる。

 

歌言葉の「言の心」を心得て、戯れの意味も知る

「おし…帝がお通りになられる時の前払いの声は『おし』…をし…惜しい…愛着する…執着する…お肢」「よられなん…撚ることができればなあ」「なん…なむ…その事態の実現を強く望む意を表す」「散る…果てる…尽きる」「貫きて…確り固定して…確り繋ぎて」「む…意志を表す」。

 

大切なお方を亡くされた御息所をお慰めする歌。――歌の清げな姿。

お肢、惜しいと思う女の心は、糸に撚れたらなあ、散るおとこ端毎に、我が・確り繋ぎ止めてやりたい。――心におかしきところ。これがあってこそ和歌である。無ければ、ただの弔辞である。

 

(古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帯とけの「古今和歌集」 巻... | トップ | 帯とけの「古今和歌集」 巻... »

あわせて読む