帯とけの古典文芸

和歌を中心とした日本の古典文芸の清よげな姿と心におかしきところを紐解く。深い心があれば自ずからとける。

帯とけの「古今和歌集」 巻第七 賀歌 (364)峰たかき春日の山にいづる日は

2017-12-16 19:53:10 | 古典

            

                      帯とけの「古今和歌集」

                     ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観に従って「古今和歌集」を解き直している。

貫之の云う「歌の様」を、歌には多重の意味があり、清げな姿と、心におかしきエロス(生の本能・性愛)等を、かさねて表現する様式と知り、「言の心(字義以外にこの時代に通用していた言の意味)」を心得るべきである。さらに、藤原俊成の云う「浮言綺語の戯れに似た」歌言葉の戯れの意味も。

 

古今和歌集  巻第七 賀歌364)峰たかきかすがのやまにいづる日は

 

春宮の生れ給へりける時に参りてよめる 典侍藤原因香朝臣

峰たかきかすがのやまにいづる日は くもる時なく照らすべらなり

(皇太子が御生まれになった時に、中宮の里に参って詠んだと思われる・歌)(ないしのすけふぢはらのよるかのあそん)

(峰たかき春日の山に出る太陽は、曇る時なく、万物を・照らすことでしょう……み音高き春日の山ばに生まれ出る、日の御子は、苦盛る時なく、照り輝くことでしょう)

 

「峰…御音…御声…うぶ声」「春日の山…春日大社の背後の山…藤原氏を象徴する山…峰の標高が高いのではない」「日…日の御子…皇子」「曇る…苦盛る」「照らす…美しく輝く…恵みを与える」「べらなり…のようすだ…するでしょう」。

 

藤原氏の象徴の春日の山にでる日を言祝ぐ――歌の清げな姿。

うぶ声高く、藤原氏の女の里に生まれた皇子、やがて美しく照り輝き、恵みを与えることでしょう――心におかしきところ。

 

皇子誕生の祝賀の歌。

 

 

巻第七の終りに、古典和歌のほんとうの解釈に必要なことを、気付いたままに記す。


 江戸時代から現代まで続いている国学・国文学による常識的解釈の変更である。言葉の意味に関する発想の転換、即ち、歌言葉には字義以外に「言の心」と言われる意味があり、その上に、「浮言綺語の戯れのよう」に一つの言葉が多様な意味を孕んでいることを、積極的に利用して歌は詠まれていたのを知ることである。

旧態依然とした国文学的解釈の構造改革である。革新的手法の発見である。それは、平安時代の歌論と言語観、即ち原点に返ることであった。国文学が、ほんとうの学問であるならば、上のような事は、学問が進めば明らかになるべき事であるが、今や、国文学という学問は、袋小路に入った返る力無きカエルか、数百年も潮干の潟で身動きできない大船か、そのまま朽ち果てるだろう。

 

(古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)


この記事をはてなブックマークに追加

帯とけの「古今和歌集」 巻第七 賀歌 (363)白雪の降りしく時はみよしのの

2017-12-14 19:50:03 | 古典

            

                      帯とけの「古今和歌集」

                     ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観に従って「古今和歌集」を解き直している。

貫之の云う「歌の様」を、歌には多重の意味があり、清げな姿と、心におかしきエロス(生の本能・性愛)等を、かさねて表現する様式と知り、「言の心(字義以外にこの時代に通用していた言の意味)」を心得るべきである。さらに、藤原俊成の云う「浮言綺語の戯れに似た」歌言葉の戯れの意味も。

 

古今和歌集  巻第七 賀歌363

 

    (内侍のかみの、右大将藤原朝臣の四十賀しける時に、四

季の絵かける後ろの屏風に書きたりける歌)(つらゆき)

          

白雪の降りしく時はみよしのの 山下風に花ぞ散りける

(白雪が頻りに降る時は、み吉野の山おろしの風に、木の花が、散るのだなあ……白ゆきの頻りに降る時は、身好しのの・見好しのの、山ば下ろしの心風に、おとこ花ぞ、散ったなあ)。

 

「白雪…白い花…白逝き…おとこ花」「みよしの…み吉野…山の名…名は戯れる。見好しの、身好しの」「山…山ば」「風…心に吹く風」「花…木の花…梅・桜など…男花…おとこ花」「ける…けり…気付き…詠嘆」。

 

白雪の降る時は、吉野山おろしの風に、木の花が、散るのだなあ――歌の清げな姿。

白逝きの頻りに降る時は、身好しのの山ば下ろしの心風に、おとこ花が散ることよ――心におかしきところ。

 

貫之は、技巧に偏らない、一筋に素直に詠んだ歌を屏風絵の最後に添えたのだろう。定国の男ぶりを素直に祝う歌である。

 

後の世、藤原公任は『新撰髄脳』に云う「一筋にすくよかになむ詠むべき」。(歌は、一筋に飾り気なしに、健全・実直にだなあ、詠むべき)。

 

さらに後の世、藤原定家は『近代秀歌』に云う「昔、貫之、歌の心たくみに、たけおよびがたく、ことばつよく、すがたおもしろき様を好みて、余情妖艶の躰を詠まず」。(むかし、貫之、巧みに歌の心を表現し、崇高な感じは凡人及び難く、言葉は健全で強く、清げな姿のおかしさを好みて、余情妖艶の歌躰を詠まず)。

 

(古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)




この記事をはてなブックマークに追加

帯とけの「古今和歌集」 巻第七 賀歌 (362)秋来れど色もかはらぬときは山

2017-12-13 19:23:07 | 古典

            

                       帯とけの「古今和歌集」

                      ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観に従って「古今和歌集」を解き直している。

貫之の云う「歌の様」を、歌には多重の意味があり、清げな姿と、心におかしきエロス(生の本能・性愛)等を、かさねて表現する様式と知り、「言の心(字義以外にこの時代に通用していた言の意味)」を心得るべきである。さらに、藤原俊成の云う「浮言綺語の戯れに似た」歌言葉の戯れの意味も。

 

古今和歌集  巻第七 賀歌362

 

(内侍のかみの、右大将藤原朝臣の四十賀しける時に、四季

の絵かける後ろの屏風に書きたりける歌)    (そせい)

(秋)

秋来れど色もかはらぬときは山 よそのもみぢを風ぞかしける

(秋が来ても、色彩、変わらぬはずの常磐山、よその紅葉を風が、供えたのだなあ……飽きが来ても、色情かわらない常磐のおんなの山ば・も見じしたとは、おとこのも見じを、心に吹く風が、かし(杭)うちたてたのだなあ)。

 

「秋…飽き…厭き…も見じ」「色…色彩…色情」「常磐山…色変わらぬ山ば…おんなの山ば」「よそ…他所…他の山…男の山ば」「もみぢ…秋の色…も見じ色」「風…秋風…心に吹く風」「かし…貸し…供え…海や川などに打ち立てる杭…樫…堅い木」」「木…言の心は男…おとこ」「ける…気付き・詠嘆」。

 

常磐山に秋が来て色づいた、よその紅葉を、風が供えたことよ――歌の清げな姿。

常磐なるおんなの山ばに、おとこの飽きの色情を、心風ぞ、かし振り立てたのだなあ――心におかしきところ。

 

右大将藤原定国の強引だが女を喜ばせる性情を、四季の屏風絵に添えて詠んだ歌々のようである。

 

「かし」という言葉は、万葉集の歌にある。巻第七―1190 藤原卿の作。

舟はてて、かし振り立てて、いほりせむ、名子江の浜辺、過ぎかてぬかも

(舟、停泊して、かし振り立てて・係留して、庵にしよう、名子江の浜辺・長くて、日暮れまでに過ぎるのは難しいかもなあ)――歌の清げな姿。

(夫根果てて、かしふり立てて井掘りしようと思う、汝子の・わが親しい女の、入り江の端間べ長くて、すごし難いかもなあ)――心におかしきところ。

 

「舟…ふね…夫根…おとこ」「かし…堅い木のくい」「振り立てて…振るい立てて」「庵せむ…仮宿にしよう…井掘りしよう…まぐあう」「井の言の心は女…おんな」「名子江…所の名…名は戯れる。汝子の入り江、親しいわがいも子の江…わが女のおんな」「浜辺…はまべ…端間べ…おんな」「かも…疑いの意を表す…詠嘆の意を表す」。

 

おんなと比べれば、はかないおとこのさがを、心におかしく詠んだ歌のようである。

 

すでに万葉集に於いて、このような歌の様(歌の表現様式)だったのである。歌言葉の戯れの意味も、古今集の歌と変わらない。

 
 (古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)


この記事をはてなブックマークに追加

帯とけの「古今和歌集」 巻第七 賀歌 (360)住の江の松を秋風(361)千鳥鳴く佐保の河ぎり

2017-12-11 19:44:17 | 古典

            

                      帯とけの「古今和歌集」

                     ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観に従って「古今和歌集」を解き直している。

貫之の云う「歌の様」を、歌には多重の意味があり、清げな姿と、心におかしきエロス(生の本能・性愛)等を、かさねて表現する様式と知り、「言の心(字義以外にこの時代に通用していた言の意味)」を心得るべきである。さらに、藤原俊成の云う「浮言綺語の戯れに似た」歌言葉の戯れの意味も。

 

古今和歌集  巻第七 賀歌360

 

(内侍のかみの、右大将藤原朝臣の四十賀しける時に、四季

の絵かける後ろの屏風に書きたりける歌)    (みつね)

住の江の松を秋風吹くからに こゑうちそふる沖つしらなみ

(住の江の松を秋風吹くとすぐに 音うち添える沖の白波……澄んだ入江のまつ女、飽き風吹くとたちまち、小枝うち添える、お木の白汝身)。

 

「住の江…所の名…名は戯れる。澄みの女、済みのおんな」江…言の心は女」「松…言の心は女…待つ…長寿」「秋風…飽き風…厭き風」「風…季節風…心に吹く風」「からに…によって…するとすぐに」「こゑ…声…小枝…小肢…おとこ」「沖つ…沖の…奥の…お木の…おとこの」「しらなみ…白波…白らけた汝身…白けたおとこ…しらけた並み」。

 

沖の白波の音、住の江の松に秋風吹く風情――歌の清げな姿。

心澄んだおんなの待望するお、すぐに小枝うち添える、お木の白汝身・並み――心におかしきところ。
 

並みのおとこの、厭き果ての気色の歌のようである。

 

 

古今和歌集  巻第七 賀歌361

 

(内侍のかみの、右大将藤原朝臣の四十賀しける時に、四季

の絵かける後ろの屏風に書きたりける歌)  (ただみね)

(秋)

千鳥鳴く佐保の河ぎり立ぬべし 山の木の葉も色まさりゆく

(千鳥鳴く佐保の河霧立ったようだ、佐保山の木の葉も色彩まさりゆく……小とり泣く、かは限り、絶えてしまったのだろう、山ばの男の端ぞ、色情増さり、逝く)

 

「ちどり…千鳥…鳥の言の心は女」「千…多い」「鳴く…泣く」「佐保…地名…名は戯れる。さほ、さを、すばらしいおとこ」「の…所在地を示す…が…主語を示す」「河…かは…川…川の言の心はおんな」「きり…霧…限…限度」「立ちぬ…断ちぬ…絶えぬ」「ぬ…完了した意を表す」「山…山ば」「このは…木の葉…男の端…おとこ」「木…言の心は男」「色…紅葉の色…色情」「ゆく…行く…逝く」。

 

千鳥鳴く川、山の木の紅葉、佐保の秋の風情――歌の清げな姿。

千の女泣く、さほが、かは限り、絶ったようだ、山ばの男の身の端ぞ、色情増さり、逝く――心におかしきところ。

 

千とりを山ばに送り届け、さらに色情増して逝くと、定国のおとこぷりを賛美する歌のようである。壬生忠峯は、随身として定国に仕えていたことがある。

 

(古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)


この記事をはてなブックマークに追加

帯とけの「古今和歌集」 巻第七 賀歌 (358)山高み雲居に(359)めづらしき声ならなくに

2017-12-09 19:32:03 | 古典

            

                      帯とけの「古今和歌集」

                      ――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――

 

平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観に従って「古今和歌集」を解き直している。

貫之の云う「歌の様」を、歌には多重の意味があり、清げな姿と、心におかしきエロス(生の本能・性愛)等を、かさねて表現する様式と知り、「言の心(字義以外にこの時代に通用していた言の意味)」を心得るべきである。さらに、藤原俊成の云う「浮言綺語の戯れに似た」歌言葉の戯れの意味も。

 

古今和歌集  巻第七 賀歌358

 

(内侍のかみの、右大将藤原朝臣の四十賀しける時に、四季の

絵かける後ろの屏風に書きたりける歌)     (みつね)

山たかみ雲居に見ゆるさくら花 心のゆきて折らぬ日ぞなき

(山が高いので、雲の居るところに見える桜花、心が行って、折らない日はないことよ……山ば高くて、心雲、井に見える、おとこ花、心の逝きて、身の枝折らない日はないのだなあ)。

 

「山…山ば…ものの絶頂」「雲…大空の雲…心の雲…煩わしくも心に湧き立つもの…情欲など…煩悩」「ゐ…居…井…おんな」「見…目で見ること…覯…媾…まぐあい」「さくら…桜…木の花…男花…おとこ花」「ゆきて…行きて…逝きて」「折る…小枝など折る…逝く」「なき…なしの連体形…連体止めは余情がある」。

 

山高くて雲の居る辺りに見える桜花、心が行って、いつも折っている――歌の清げな姿。

山ば高くて、心雲、おんなに見えるおとこ花よ、心が逝きて、貴身折らない日はないのだなあ――心におかしきところ。

 

 

古今和歌集  巻第七 賀歌359

 

             

めづらしき声ならなくに郭公 ここらの年を飽かずもあるかな

                                      (とものり)

(珍しくて愛でる声でもないのに、ほととぎす、多く長い年・鳴き続けて、飽きないのかなあ……めずらしい声でもないのに、且つ乞う鳥・そのうえまたもと泣く女、これほど多くの疾しつきを経て、飽きないものなのかなあ)。

 

「めづらし…愛でたい…珍しい」「郭公…ほととぎす…かつこう鳥…且つ乞う女」「鳥…神代から鳥の言の心は女」「ここらの…多い…どれ程多い…これほど多い」「年…とし…疾し…早過ぎる果て…おとこのまぐあい」「かな…だなあ…感動・感嘆を表す」。

 

愛でたい声でもないのに、ほととぎす、よくも多くの年、鳴き続け飽きないのかなあ――歌の清げな姿。

めづらしき声でもないけれど、且つ乞うおんなよ、多くの疾しを、飽きないのだなあ――心におかしきところ。

 

両歌とも、右大将定国のものの豪傑ぶりを詠んだうようである。

 

(古今和歌集の原文は、新 日本古典文学大系本による)


この記事をはてなブックマークに追加