東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




「焼津神社deマルシェ」というイベントが行われていました。
「マルシェ」とはフランス語で「市場」という意味とのこと。
市内のレストランや食品メーカーの皆さんが出店していたし、アクセサリーとか
時計とか、いろいろな小物を売っているお店も出ていました。



ここにわカフェの大河さんたちがミートソーススパゲティを販売中。



まぐろ茶屋の岩本さんがまぐろ漬け丼を売ってました。



蛙のるーの絵葉書と缶バッジ。好きです、このテイスト。
帰ってきたあと、お世話になった方に、久しぶりに絵葉書を書いて送りました。



今日は母の日なので、よし香さんで花をかってオフクロのところへ。



義姉も誘って、一緒に焼津神社deマルシェに行ってきました。



帰ってきた後、まぐろ漬け丼で、ちょっとおそめのランチ。丸又さんの
揚げたての黒はんぺんのフライも超おいしかったです。



新緑の緑が爽やかで、とてもいいイベントだったと思います ( ´ ▽ ` )ノ 。


















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 豊橋会談 会議室の季節感 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。