東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




実際には8月10日だけど、サンロフトで1日インターンシップがが行われました。
自分は始まってスグの午前中に1時間ほど講演させていただきました。タイトルは

今後の時流とサンロフトの取り組み

久しぶりに、今、自分が考えていること、思っていることを、気兼ねなく話し
ました。学生たちは1、2年生中心で若いし、まだまだ経済のこととかは知ら
ないけど、スライドは写真を多くして、できるだけわかりやすく伝えたつもり
です。

彼らは柔軟だし、デジタルネイティブだから、言われれば、想像できるのです。
これが、すっごく大事。今の大人たちは、それができない人が多い。想像でき
ないことって、行動に移せない。若者たちは、きっと行動に移していくと思う。

もちろん、IoT、BIGDATA、AI(人工知能)、FinTech のこと、それらの最新
テクノロジーがこれから世の中をどう変えていくか、思いっきり話しました。



学生たちに伝えたかったのは

・変化のスピードはこれまで以上に速い

・今、必要とされる能力が変わっている

・自分たちは何を勉強するべきか

ということと、学生も社会人も同じだけど、

・人として成長しよう

・将来、プロの職業人として成長できる人になろう

・仲間との信頼関係を築くために時間を使おう

ということです。

今回は5人の学生たちがサンロフトに来てくれました。
どうもありがとう。少しでも参考になれば幸いです。

企画してくれた社員の皆さんも、どうもありがとう。
午後の質問タイムも盛り上が上がったみたいですね。
引き続き、1Dayの2回目、さらに2週間インターンシップ
も2回予定しているんだよね。そちらもよろしく
お願いします ( ´ ▽ ` )ノ 。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 夏季休暇中の... 世界基準の働き方 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。