東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




久しぶりに創業の頃を思い出すような仕事をしていました。
経理部長の大橋さんによれば、

>当時は、通帳と金庫とレジのジャーナルだけ渡されて、
>経理を立ち上げてと言われました(笑)

とのこと。サンロフト創業時。当時は自分は経理に詳しくなくて、
その後、猛勉強したような気がします。ま、それでもたいして
詳しくないけど。

残高を精査して、精度を上げて、会計ソフトを選定して、残高入力。
そして、今年度に入ってからの入出金のチェック、入力。

なーんてことをこれからやらないと。まずは税理士先生を決めないと。

や、サンロフトじゃなくて。親しくしていただいている団体での話だけど、
でも、応援させていただかないと、かな。。。

>社長も私も、サンロフトに育ててもらいましたね(笑)

ってメッセージが大橋部長から入った。
確かに。少なくとも大橋さんは、経理から労務まで、本当に詳しく
なり、成長したと思う。

自宅で資料作成していたんだけど、ネットを通じて応援してもらって
ました。頼もしい。ホントに頼りになります。



久しぶりにルフトパウゼさんに行きました。
水だしアイスコーヒーをいただきながら、
いい音楽を聴いて、リフレッシュ。

そして、仕事せな!






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« サンロフト 夏 楽しくて有意... »
 
コメント
 
 
 
びっくりした (磯輪)
2017-07-17 20:35:48
 松田さん

下の写真見て、

 「松田さんの自宅のリビング スゲ~な~!」

と感激したのに・・・ 笑
 
 
 
いや~ (松田)
2017-07-17 23:26:50
磯輪さん

ここが自宅のリビングだったらよかったですね~。
って、ホントに自宅のリビングにしている人がいる
のですよ!

ルフトパウゼさんは、一見普通の住宅にしかみえない
カフェ。だから最初の訪問はすご~くハードルが高った
のです。

今ではオーナーの佐藤さんとも親しくお話しできる
ようになってとてもうれしく思っています。

クラッシックに関する造形の深さは圧倒的で、
音楽もおしゃべりも楽しいですよ~ ( ´ ▽ ` )ノ 。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。