東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




ネスレ日本の高岡社長が書かれた本「世界基準の働き方」。
この本は本当によかったです。ウチの社員はみんな、ぜひ読んでもらい
たい。もちろん広くビジネスパーソンに大オススメいたします。

メッセージがとてもシンプルでわかりやすく、これまでのご自分の体験を
書かれているので、納得感があります。そうした実践の結果、高齢化・人口減少
が進む日本で、スイス本社も驚く圧倒的結果を出し続けておられる。この

結果を出す

ということが、本当に大事なんだと改めて実感しました。

・リーダーシップ
・マーケティング
・働き方改革
・コミュニケーション
・次世代へのメッセージ

これらのことについて、高岡社長の率直な考え方がわかりやすく書かれて
います。マーケティングや働き方改革のところは、特にシンプルで参考に
なります。自分も即、実践につなげていきます。
次世代へのメッセージの部分で書かれていたことは、若い社員やこれから
インターンシップも盛んになるので、学生たちに向けて、自分も語りたい
と思います。

貴重な知識をどうもありがとうございます。

もう1冊、「国債の真実」という本も読んだのですが、こちらは、「日本
の国の借金は1000兆円を超えて、ギリシャより悪い。これ以上、未来に
負の遺産を残すな」という人がいる一方で、「国債の金利は上がっておらず、
買い手は多数いる。緊縮財政にすれば景気が悪くなる」という人もいる。
いったいどうなんだろう、と思い読んでみました。

この本の作者は元財務官僚で、圧倒的に、国債発行容認派なので、どんどん
発行すべし、という内容なのですが、理屈はわかっても、共感はできません
でした。

やっぱり自分は企業と企業人が好きです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 1Dayイン... 高揚感溢れる... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。