東京日記
「テクノロジーを親しみやすく」を掲げ、静岡県焼津市と東京秋葉原を拠点に活動するIT企業経営者松田敏孝の日記です。




焼津商工会議所 サービス業部会主催の「情報セキュリティー対策セミナー」が
開催されました。今回のセミナーでは静岡県警のサイバー犯罪捜査技能指導官の
松島様、船井総研の兎沢様をお招きして、W講師で講演をお願いしました。
講師の皆さま、どうもありがとうございます。



兎沢さんは、スクリーンを2つ使って、ハッキングする側とされる側の画面を
提示しながら説明してくれました。これ迫力ありましたね。
いかに巧妙か、そしてハッキングされてしまうとどうなるのか、受講者の皆さん
は体感されたと思います。

自分は、これは防げない、見破れない、というのが実感でした。

情報セキュリティー対策をしっかり行うことは当然として、さらに、
それでも感染したらどうするか、そこを迅速に動けるようにしておくことが
大事だと思いました。



セミナー終了後、Yさんと兎沢さんと尚子さんとで、カフェで打ち合わせ。
今、この分野はとても重要なので、再度セミナーを実施したいと思います。
そのプランについて話し合いました。次も有意義なセミナーになるように
します。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 新幹線は止ま... 夏の会議 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。