生物屋学生の日記

カニ屋兼魚屋兼骨屋兼…ないわゆる「一般人」の日常

フシメクダヒゲガニ

2017-05-17 23:12:19 | 甲殻類
超お久しぶりです
更新めんどいな~って思っていたらいつの間にかテスト週間になってしまい、本日テストが終わった次第です。
結果として九州遠征のとか他の採集のネタが膨大に溜まってしまいました。

今回は九州のはやめてGWに行った福井のネタでも。
そういえば去年のGWでは石垣に行っていたんですよね~、戻りたい…


さて、今回紹介するのはクダヒゲガニ科のフシメクダヒゲガニです

本種は国内のフシメクダヒゲガニ属では唯一の種で、クダヒゲガニ属に比べて体長が2,3倍あってかなり大きいです。
国内の他のクダヒゲガニ科の種とは眼柄に関節がある点、甲の側面に4対の棘があることなどから比較的容易に見分けられます。
言うまでもなくカニではないのですが、ぱっと見はアサアヒガニ類に似ていますね。

クダヒゲガニ科は砂に潜って触覚のみを表面に出し、触覚間の隙間を管のようにして呼吸する(短尾目であるヒゲガニ類もこんなことしますね)らしいのでこれは是非とも飼育して観察したいです。


実はこの写真は脱皮殻で、生体は見られませんでした。
夏のうちにリベンジしたい生き物です。
そしてまだクダヒゲガニ属は見たことがないのでこれも探したいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウミタケ | トップ | 白鳥三方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。