生物屋学生の日記

カニ屋兼魚屋兼骨屋兼…ないわゆる「一般人」の日常

稲永カワザンショウ調査

2016-12-19 22:19:50 | 軟体動物
土曜日に藤前干潟で行われていたカワザンショウ調査に参加してきました。


カワザンショウ



ヒラドカワザンショウ



クリイロカワザンショウ



クリイロカワザンショウ属の一種
クリイロカワザンショウと違って軟体部が白いです





ヒナタムシヤドリカワザンショウ
殻が二色に分かれているのが美しい種です



ヨシダカワザンショウ





エドガワミズゴマツボ(ウミゴマツボ)
カワザンショウ類に紛れてくるので調査の邪魔者扱いでしたが、僕は見てみたかったので嬉しかったです。




夕暮れの葦原
一見すると美しいのですがゴミがあるのが現状。
名古屋港の一角にこのような風景が残っていることだけで奇跡なのかもしれませんが、もう少し何とかならないものかと…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この一年の総集編(後篇) | トップ | 沖縄遠征行ってきました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんぶな)
2016-12-20 18:18:29
以前、私は、庄内川の河口近くへカニ捕りに行きましたが、やっぱりゴミがひどかったですね。
一人で夕焼けにたたずんで、寂しくなりませんでしたか?(T-T)
Unknown (S・T)
2016-12-20 22:07:29
コメントありがとうございます
ここも庄内川の河口ですよ
あと1人ではなくて友人2人も一緒でした

コメントを投稿

軟体動物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。