生物屋学生の日記

カニ屋兼魚屋兼骨屋兼…ないわゆる「一般人」の日常

マキガイイソギンチャク

2016-11-02 21:05:20 | 海モノ
こんばんは
最近は朝夕の冷え込みが厳しくなってきましたね
登校時死にそうです笑

さて、今日紹介するのはマキガイイソギンチャクです

アラムシロなどの巻貝の殻上に引っ付いて生活している風変わりなイソギンチャクです

「干潟の絶滅危惧動物図鑑」では分布は九州だけとなっていますが、ネットを見る限りあちこちで見つかっているようです
ちなみにこいつらの採集地はいつものごとく南知多です



この場所では3年前に一個体見ただけだったのですが、今回はかなりの個体数が見られました
写真はほんの10秒ほど周りを見渡して見つけたものです
結局全部で50匹ぐらい見たんじゃないかと思います

ただ見つけるにはちょっとコツがいるようで、本種は干潟の中でも岸に近い潮間帯上部に多いようでした(ここの個体群だけかもしれませんが…)
丁度この時の採集では潮間帯上部に力を注いでいたので次から次へと見つけることができました

普段は潮の引いた干潟の波打ち際あたりで生き物を探してしまいがちですが、こうして視点を変えてみるのも大切だなぁと痛感しました



元気がよすぎます笑
よく見る写真とあまりにも違うので隠蔽種とかありそうな気がしてきました
一応標本とって博物館とかに寄贈しとこうかななんて考えています
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツメナリミヤコドリ | トップ | ホラアナゴマオカチグサ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんぶな)
2016-11-03 03:10:05
本当に寒くなって来ましたよね!
それでも上着を着忘れて、職場のロッカーに置いて来てしまいましたが(((^_^;)
お互い体調を崩さないように、防寒対策をしっかりしたいですね♪
Unknown (S・T)
2016-11-03 07:42:50
コメントありがとうございます
本当に寒くなりましたね
10月まで潜ってみたので秋が来ずに冬になってしまった感じです笑
体調管理しっかりしないといけないですね
Unknown (Takuya)
2016-11-06 17:25:16
アラムシロといえば、本当に小さな巻貝だと思いますが、それにくっついているイソギンチャクがいるのですね~!
初めて知りました。とても勉強になります。
申し訳ありません… (S・T)
2016-12-09 01:51:53
Takuyaさん、コメントありがとうございます
返信遅れてしまい大変申し訳ありません、気付いていませんでした…

アラムシロは干潟にも見られる大きくても殻長2cmほどの小さなマキガイです
たまにイソギンチャクのほうが大きくなって殻を覆ってしまっているのを見ます

コメントを投稿

海モノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。